2011/09/10

シャーペンと芯ホルダ

110910

パターンを引くときはシャーペンの方が、と思うけどシーチングに線引いたり書き込むには芯ホルダじゃないと。シャーペンでは細過ぎるのか、布に芯が負けてすぐ折れてしまうし、薄くしか線が引けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/22

仕事と、自分が着る服の関係?

黒い服を着始めたのは被服クラスだった短大生の頃

ヨージの服に衝撃受けた影響もあったかな(苦笑)

その前、高校生の頃は、CANTWO(東京CAN)のキャンディカラーを着てた

黒い服は出産で会社を辞めるころまで続いてて。

子どもを二人続けて出産後の10年ほど、いわゆる育児に専念してた頃は

比較的色の付いた服も着てた、といってもボルドーとかダークブルーとかだけど。

子どもの手が離れてドレスの仕事を増やすようになったら

どんどん色の服は減っていき次第にまた、黒ばかりに。。。

ダンスドレスは、もちろん黒いドレスも多いけど鮮やかなカラーのドレスもまた少なくない

ショッキングピンクとかドラゴンズブルーロイヤルブルーとかパープルとか

自分の服が黒くなってしまうのは鮮やかな色を毎日、触るせい?(苦笑)

ただ昔と違うのは

今は着物も服の選択肢にある

で、着物は淡くてきれいな色目のオンパレードなのだ(苦笑)

ベビーピンクとかサーモンピンクとかラベンダーとか薄グレーとか

洋服とは逆に黒い着物は持ってなかったりする(除く喪服と大島)

洋服が黒だけになってしまうのは着物とのバランスも、あるのかな


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/15

いつの間にか。。。

いつの間にか君は。。。なんて歌がむかしあったようななかったような(苦笑)

って歌はまぁいいのだけど。

水曜に仮縫いが終わったので、今度は別のお客様のペチコートをと思い布を広げたら。
がーん、足りないわ生地が(爆)
生地屋さんに電話して送ってもらおうにも、ちょうど在庫が切れてて(いやあるけど私の欲しいメーター数には足りない)2,3日しないと入らないらしい。
申し訳ないと思いつつ、別のパターンを引き始めた。

しかし実はこれ、すごく久しぶりのリアルクローズのパターン。
モノはコートだけどなんていうか久しぶりのせいかぎこちない、自分の手の動きが。
ここんとこずっと引いてるドレスのパターンは、パーツが大きくてもがしがし手が動くのに(^^;)

ずっとドレスのパターンばかり引いてるうちにいつの間にか手が忘れてしまったのだろう、いや~びっくり。
そのせいかずっと時間ばかりかかってちっとも進まなかった(^◇^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/15

生地によってパターンを変える

伸縮性のあるニット地と特に伸縮性のない布帛とではパターンが違う、同じパターンでは縫えないというのは良く知られているところだと思う。でも実は布帛でも、生地によっては同じパターンでは縫えない、着心地がまるで違うということは往々にしてありえます。

私が独身の頃勤めてた会社は主に、てろんとしたファイユを使ったブラウス&シャツを作ってた。帝人のファイユを使っていたのだけども、これはそんなに薄くないのに柔らかくて肌触りの良い生地だった。

でも。この生地でつくったときにはほどよくゆとりがあってほどよくフィットしてすごく着やすいのに、同じパターンを使ってちょっと張りのあるような綿、もしくは綿ライクな生地で作ったら。
ちょっとこれ、全然ゆとりが入ってないんじゃないの!?と思ってしまうような着心地になってしまったことがある。
上がり寸法は全く同じ、決して縫い縮んだりなどしてないのに。

冬場に生地の厚い、メルトンだとかモッサなどでコートを作る場合、厚みに取られて内寸が小さくなってしまうから、厚み分をパターンに加えるべし、というのも割りと良く知られてはいると思うけれど。

伸縮するとか、厚い、以外にもゆとりの分量を変えないといけない生地って実は結構あったりする。
今回縫ってた2本のパンツの生地もそう。先生がこれと同じものを、といってお持ちになったサンプルパンツの生地はしゃり感はあるものの、割合落ちのいい柔らかめの生地。
対して、この生地でとお持ちになった2枚のうち、一枚はよく似た質感の柔らかめの生地だったので全く同じゆとりでパターンも作って、縫った。でももう1枚はなんと合皮(^^;)
基布はけっこう伸縮するニット地、その上にポリウレタン(たぶん^^;)を張って皮の質感を出した生地。基布がニットなので、思ったよりは伸縮性があったけどサンプルパンツやもう1枚の生地に比べると「硬い」感じは否めない。
ということで少し大きめ、つまりゆとりを多めに入れました。
ラテンダンスは動きが激しいので腰周りとか股の部分にね。
裾幅とかは殆どそのままだけども。。。ってでもやはり?ちょっと厚い生地なんで厚み分は入れました、ゆとりに比べると微々たる量だけどね。
あとは実際に先生にはいてもらって踊ってもらって確認して、微調整、ですな(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/27

ミセスのスタイルブック秋冬号買いました

最近は、仕事以外ではどうも着物寄りになってしまいがちだったけど、ミセスのスタイルブック秋冬号を買いました(実際に買ったのは数日前です^^;)
ミセスのスタイルブック、以前は隔月だったと思うのだけど、最近は発売間隔がイレギュラー(苦笑)
春から夏までは短い間隔で続けて出るけど、盛夏号の後、秋冬号まではちょっと空くのでうっかりすると忘れそう(笑)

さて。今号の実物大型紙はAラインのコート。
巻頭ページで紹介されてた。基本形は私にはちょっと無理だなぁというデザインだったけど、応用形の方は結構気に入った。。。。ら、応用形は基本形のパターンを自分で少し、展開しなくてはならんのでした。
なーんだ、せっかく実物大型紙で作れる!(ラクできる)と思ったのにィ(^^;)
。。。私はかつてパタンナーをしていた。。。っけど(爆)
今年は早めにコート、縫えるといいなァ(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/04/16

子どもの成長

ここでいう成長は内面的なものではなく、体が大きくなった、という額面どおりの意味です(^^;)
ちょこちょこと縫ってた息子の普段着。
先日縫ったトレーナーも着せてみて「あっ(^^;)」
これまではどんどん伸びる身長に合わせて、着丈と袖丈だけを伸ばしてきました。
でも。袖下と脇に攣れジワがっ(!)
息子の胸板はすっかり厚くなっていたのでした。
単に太ってドスコイ系になっただけとも言いますが(^◇^;)
次に作る時は袖ぐり&袖幅も直さねば。
身長体重それぞれに140センチ越え、40キロ越えなのだもの、いつまでも同じパターンじゃいけないよねぇ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/23

今日の進捗状況

たまにはブログらしく日記など(^^;)
ちょっと寝坊したので全てのスタートが遅かったのだけど。
娘のパンツ2枚分裁断、コートのパターン完成&カット。
帰省用切符購入、ついでに帰りの切符も。帰りの切符はネット予約で座席押えただけだけど(^^ゞ
実家へ行く、ときよりこっちへ戻る日の方が混むんだった・・・ことを毎年忘れて指定取るのに四苦八苦してるけど、今年はなんとか思い出したので(^^;)
それでも程よい時間は9割がた埋まってて、残ってるのは喫煙席&グリーンだけ。
禁煙席の普通指定、取れてよかった、ホッ。
コートの裁断をしようと布を出してきたら、なんと中綿に使うシンサレートが足りない。
ひえっ(^^;)
前回作った時はもう1着くらいはとれそう、と思ったから補充しなかったのに。。。
子どもの成長を甘く見すぎていたかも(!)
仕方ないのでオカダヤまで買い出しに。新宿の人の群れはハンパじゃなかった。
マそういう日だもんね(^^;)
これを書いた後もまた作業に戻ります。
さてどこまで進むか?(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/08

ジャパンクリエーションとFISMA・その1

今日はビッグサイトまでジャパンクリエーションとFISMAを見に行ってきました。
去年はJIAM年だったので確か、FISMAはなかったはず・・・ということで2年ぶり。
そういえば一昨年もFISMAとジャパンクリエーションは会期が同じでした。
一昨年、一緒に行った文化時代の友人は現在N.Y.。。。ゆえに今年はひとりで(^^;)

まずは東棟のジャパンクリエーションへ。入場が遅かったので、ちょっと駆け足で回りました。
最近どっぷりダンスドレスに浸かってる私はどうしても、ドレスに使う、使えそうなものに目がいってしまう(苦笑)副資材のゾーンで見つけたのは平ゴムのカラーバリエーション。そうよねぇ、白と黒だけ、なわけないよねぇ。透けない2wayに縫い込むときはあまり気にならないけど、透けるニットレースやパワーネットだと、気になって仕方が無い。白と黒以外にはかろうじて、ベージュがあるのでそれでなんとかごまかしているけれど。
(小売の)オカダヤとは言わないからせめて浅草橋の問屋あたりで扱ってくれないかなぁ、そしたら1巻から買えるのに(^^;)

東レACSのブースではデジカメで既存のパターンを取り込む、という方法に目が点(^^;)
10数年前、東レの子会社で初めてCADを見たときはボードにマスターパターンを張り付け、点を取ってラインを読み込むデジタイザを使っていた。数年前、「クレアコンポ」になってからは、スキャナ方式でパターンを読み込んでいた。そして今度はデジカメ、かぁ(^^;)
しかしお値段は相変わらず7ケタ超え。7ケタのうちは買えまへんな(爆)

次は正直、初めは何のブースだか判らなかった(!)carlinjapan、スタッフの方から説明を聞いて、世界のファッション情報のデータベースとして使えるネットサービス会社と判明。各地のコレクション情報などを速く、簡単にネットで見られる。これまで雑誌に頼ってきた情報をネットで整理しつつ、見られるのはヨイなぁとわかっているけど、会員になるかどうかはこれからしばらくの間の売り上げ次第、だわ(!)(^^;)

他にはシルクの産地が一同に会した展示ブースを見たり、レース屋さんでドレスに使えそうなモチーフレースのサンプルを物色したりしていたらあっという間に時は過ぎ、西棟のFISMAへ行くべく、会場を後にしました。

続きます(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

実物大型紙の誘惑と葛藤

和裁に続いて、もうひとつの誘惑(笑)
先だって衣替えならぬ生地の夏物冬物入れ替えをした。そんなことせにゃならんほど、在庫があるのかッ!という突っ込みはなしでお願いします。
そこで付き付けられた現実(←大袈裟^^;)
コート用に、と買った着分が3着分もあるやん(爆)
ご丁寧に裏地まで合わせて買ってある。
今年こそはなんとか形にして布用クロゼット(!)ではなく服用クロゼット(ふつうクロゼットというのは服入れなんだが^^;)に移動したいもの、と思った私の目に飛び込んだのは最新号の「ミセスのスタイルブック」。コートの実物大型紙が付録だ。。。(^^;)
これ使ったらラクやろな、という思いが頭をかすめる。あぁでも一応、私は元パタンナー。
今だってパターンから起こす仕事もしてる。あぁでも、実物大型紙をまんま使わないで元型にして、ちょっちょっといじったら別に良いんちゃう?という思いが別の角度から囁く。
さて。。。(^^;)

*******************************************:
↓の記事でD300の糸通し器は11号じゃないとアカンのね、と書いた翌日。また仕事で使うべく、針を9号にしたけど、なぜか糸が通る(爆)まぁ11号のときほど百発百中じゃないけど、前よりはずっと高い確率で成功する。なんでやねん(苦笑)
そういえば、以前ベルニナの純正針を使ったときもちっとも通らないので、オルガンの針じゃないとダメなのね~とここに書いたら、途端に糸が通るようになったので慌てて消したことがある。。。ここに書くと通るようになるもんなの?(^◇^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/22

もう一つの。。。

もう一つの土曜日、というのは浜田省吾の歌ですが。。。(^^ゞ
よく見れば、前回の書き込みは先週の土曜だ・・・(爆)
この1週間ナニをしていたかというと、子どもの学校の個人面談なんかもあったわけですが、それ以外はひたすら「お仕事」に励んでましてん。
それこそ、ブログ書いてる余裕がないくらい(^^;)
じゃ、どーんなもの縫ってたかというと。
唐突ですが実はわたくし無謀にも5月にもひとつブログを始めまして。。。(^^;)
仕事関係のことはそっちに書いてた、というわけです。
ま、そっちもぼちぼちとしか書いてないンですけど(^^;)
もしかしたらお気づきの方も居てたかも。アカウントにjuliusの文字入ってるし。
でもなんとなく言いそびれて2ヶ月経ってしまいました。
ちょっとこっ恥ずかしいというのもあったかも(^^;)
でもまぁナニがなんでも隠しておかねばならぬもんでもないし、というわけで。
タイトルはなんと(^^;)「ドレスアトリエダイアリー」とつけてます(!)
このタイトルは、もちっと考えたい気持もまだ少しあるので近いうちに微妙~に変わるかもしれません。
でもアドレスは変わらないので。。。変わってたら、あ変えたか、と思ってくださいまし(^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)