2013/07/30

ヌーベル2台持ちへ

130730

背に腹は変えられないというか、よんどころない事情(苦笑)で急遽ヌーベル2台持ちとなりました。
偶然ですが、新しいヌーベル(といっても機種的にはこっちの方が古い)は厚生地仕様に調整されてたので、厚物縫いのときには登場してもらうことにします。

自分でも薄々感じてたし、そこここでも見かける評判「ヌーベルは薄物に強い」

20年来愛用してるヌーベル(写真だと奥側)は、ドレスの仕事の関係で気が付けば、ばっちり薄物仕様になってしまってます、針板とか糸調子とか。実際、ドレス縫製でストレス感じたことは一度もなし。

でも自分で、薄物と厚生地仕様を調整仕分けるのはものすごく手間と時間がかかるので、2台あるのはラッキーなことです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/12/13

朝ドラの影響でミシンブーム?

朝ドラのカーネーションを見たまま、テレビをつけっぱなしにしていたら次の情報番組で「カーネーション効果でミシンブーム?」なんて特集をやってました。
なんとなく見ていたら、なにやら見慣れた風景が。。。coldsweats01

NHKのリポーターが取材に行ったのは新宿オカダヤの中にあるミシンショップ、オカダヤモギーさんでした(^^;)

そしてこれまた!?いつも見かけるモギーさんの息子さんがインタビューに答えてました、レンタルミシンのことについて話していましたが、結構需要はあるようです、やっぱり。。。という感じかな(^^;)
年中ミシン使って何か作ってる人ってまだまだ少ないから。
レンタルミシンでミシン使ってみて、何か作ることの楽しさに目覚めたならそれはそれでいいと思います。MYミシンが欲しくなって購入へ至ればもっと良いのでしょうが(^◇^;)

その後は、以前の朝のニュースでも取り上げてた(と思う^^;)ミシンカフェでの様子。
子どもができて、我が子に手作りの服を着せたいというきっかけで洋裁はじめる人って、わりと多いのだけれど洋裁って場所取るし、はさみとか針とか危ない道具いっぱいで、子どもが出来たからこそ作ってやりたいのに、実は子育て中にはあまり向かない趣味(!)だったりするので気にせずソーイングに集中できる場所は確かに貴重。。。

震災前に、ミシン借りてワークショップをするしない、なんて話しをしてたのだけど、もう一度きちんと考えてみようかな、という気になりました(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/26

違いはなんだろう?

今は絶賛ドレス作成中(苦笑)なので、うちにある4台のミシンはフル稼働中。

使いながら、ちょっと気づいたこと。

なんとなく家庭用ミシンの方が目飛びしやすい気がするのは気のせい?

ドレスに使う素材は薄くて柔らかいものが多いので自然、ミシン針も細いものを使うのだけど。

生地は薄かったり柔らかくても、ゴム入れたりとか、縫い代が重なれば当然厚くなる。

そうして厚くなったところを細針、例えば9号のまま、縫い進めようとすると途端に糸調子が乱れ始める、特にD300は(苦笑)

これがヌーベルだと、かなりな厚さまでは細針でいけてしまうこと、しばしば。

D300だと11号でないと目飛びというか乱れてしまうところが、ヌーベルだと7号のままでもなんとか縫えてしまうことの方が多い(!)もちろん、生地によるんだけど。

あと、ジャノメのロックもそう。針穴が目立たないようにと11号でやると左針は目とびする(下ルーパー糸を旨く掬えない?)確率がすごく高い。

仕方ないのでこの生地に14号かーっ、と思いつつ14号に替えると目飛びはぴたりと無くなることが殆ど(苦笑)

かくして私の針山には7,8,9,11,14号の針が並ぶという。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/27

売ってないものは?

先日のバドの練習のとき。
入ったばかりの部員さんに、その短パンどこで買ったのですか?
と聞かれた。

あ、バドミントンはその性質と体育館の関係で
夏は尋常ではない暑さになるので、
いいトシになろうが多少足が太かろう(!)が
みんな短パンもしくはスコートで練習です。

そういうシルエットの短パン、売ってないんですよーと。

なるほど確かに私がはいてるのは自作のもの。

新宿オカダヤで(ウェアに向いてる)生地を見つけたのと
出産後かなーり太ってしまった(泣)私のサイズは既製品では
あまり種類がなさそうだな。。。と、数年前バドを再開したとき
作ったのだった。

で、せっかく作るのだからサイズをぴったりにするのは勿論だけども
もし転んでも足の奥があまり見えないようにと、考えてできた短パンは、
市販のものよりフレアが多めの仕上がりになった。

シャツは公式試合では、認定ウェアでないといけないのと、
団体戦ではみんなお揃いにするので市販の、例えば
某ヨネックスのウェアを買うのだけども。


あれは松田聖子がCMしてたのだからたぶん
80年代の初めか半ば頃だったと思うけど。

コンパルα(アルファ)のTVCMで
売ってないものは自分で作るしかない!
そんなコピーがあったように思う。
当時既に自分で服を作り始めてた私はなーんも考えずに聞き流してた(!)
のですっかり忘れてたけど、久しぶりに思い出した(苦笑)


PS.コンパルアルファというのは昔あったブラザーミシンの名前です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/09

D300をバージョンアップ

トゥルータイプフォントを使って文字刺繍を作ったら。
サイズが小さかったせいか(15ミリ)どうしても潰れてしまう部分が多いので。
ステッチデータに変更して、ポチポチと針落ちを修正してた。
できたデータを試し縫いしてはまた修正を繰り返すには、カードを介するよりUSBケーブルで直結して転送した方が速いわと、ケーブル繋いだけど。
液晶画面はぴかぴかするばかりで埒があかぬ(苦笑)
(D300の)バージョンが低いままだったかも?とブラザーのサイトへ行ってみたら、バージョン云々以前にWindows7への対応がまだだったorz
のでまずは対応プログラムを入れるところから始めたのだが、対応プログラムでのアップグレードはXPのマシンでないとできないという。思わずなにぃ!とつぶやきつつ、オットのモ~モ~パソコンのスイッチ入れた。
私の机とオットの机は背中合わせに置いてて近いけど、ケーブルの長さ足りるかしらん(!)

ケーブルはギリギリ届いて対応プログラムも入り、最新バージョンへも無事アップグレードできたけど。
古いパソコンなんて処分しちゃって手元にはvistaか7のマシンしかない人はどうするんじゃ?と思ったらお客様相談室へ連絡しろと書いてあった。
近くのミシン屋で(対応プログラムの)アップグレードしてもらえ、と言われンのかな?
わぁぁあcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/29

ヌーベル(Nouvelle)シリーズのDB(工業用)針バージョン

私が愛用しているヌーベルは「ヌーベルクチュールスペシャル」というシリーズで、TA(職業用)ミシンらしく?ずっと使用針もDB針オンリーでした。
が、Nouvelle300へとモデルチェンジした後からはずっと平針仕様に。
なんでも「糸通し器」をつけるには平取りの針でないとダメなんだとか。
なので丸針とも呼ばれるDB針はもう、ヌーベルシリーズでは使えないと思われてたし、私も思ってました。DB針を使いたいためにヌーベルではなく、シュプールシリーズを選んだ人もいるのでは、とも思いまする。
でも。
あったんですねー。
ヌーベルのDB針バージョン。
名前は「NouvelleMD」
でもこのシリーズ、特定の販売店仕様(ユザワヤのアニュドールみたいな)なのかどこでも売ってるわけではなさそうだし、何よりブラザーの公式ページやカタログにも載ってないので、ある意味知る人ぞ知るミシンとも言えるかも(爆)

ちなみに私はオカダヤ新宿店6Fのミシンショップ「モギー」さんで見たので、少なくともここでは買えるみたいです。
他にはうーん。。。どこで買えるんでしょね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/04

最高速度

久しぶりに、ドレスの裾の始末にジグザグ三つ巻きを使った。
やはりどうしても巻きロックが多いのだけれど。
しかし、ロックの速さに慣れた身には家庭用は、がっつりフットコントローラを踏み込んでもちょっと物足りないときがある。確かに家庭用は最高800回転、ロックミシンは1200回転なのだから、仕方ないといえばないのだけど。
そんなときにふと頭をよぎるのはイノヴィス4000のこと。
同じイノヴィスの上位機種でも、D300は最高800回転だけど確か、イノヴィス4000は1000回転だったはず。。。4000ならもっと早く縫えるのか?
しかし、すぐに頭を振ってしまう。パソコンを買い換えようかなどといってるときに、4000を買う余裕なんてない(苦笑)

ところでこの拙宅、検索のキーワード順位のトップがイノヴィス4000なことに驚いた。
私は4000を持ってない、ユーザーじゃないのに(苦笑)
なんでこんな、上位に上がってきてしまうのだろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/24

透明糸

とある必要があって、久しぶりに透明糸(テグス糸)を出してきた

幅を持った縫い付け方をしたかったので、ジグザグでやろうとD300で縫い始めた。。。

ら、ダメだった(爆)

下糸が、縫い初めの2、3センチはいいのだけど

その後すぐに、糸調節用の薄いバネ板から外れてしまって、

うまく糸が繰り出されなくなってしまうから。

ボビンケースを使う、ヌーベルでは問題なく縫えるので

これは水平釜の宿命なのか、それとも、同じ透明糸でも違うメーカー

違う種類なら大丈夫?

とりあえずは、仕方ないのでヌーベルでやるしかない、ね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/14

針を折らないために

100514aスパン糸のように、表面が毛羽立っていて
引っ掛かりのある糸はよほど大丈夫なのだけれど
この写真のようにフィラメント糸だとか
ウーリー糸などはすぐに巻きが
するするとほどけて落ちてしまう
やがて変なところに引っ掛かって
うまく繰り出されなくなり
糸調子も狂いそして
針に激しく負担がかかり折れてしまう
フットコントローラを高速でがっつり踏み込んでいると
あっと思ったときにはもう針が飛んでいる

100514bそれを避けるためにやっているのがコレ

ロックミシンには巻き解け防止ネットが
付属していることがほとんどだから
それ使えばいいのだけれど
わたしは専らこのやり方(苦笑)
糸立て台ではなく、下に置くだけ
モノグサな私になんてぴったり(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/13

秘密兵器購入(笑)

100512
もうずっと昔、それこそ20年近く前にso-enなどでこの機器を見ていました。
便利そうだな、と思いつつもそのときはあんまり必要性を感じてなかったから購入はしないでいたけれど。
数年の後、欲しいな思って探したときには製造中止になってました。
あっと、ローシャンクタイプ(家庭用ミシン用)のものはあったような。
でもヌーベルに付けられるタイプは見つけられず。
ようやく最近見つけて。。。昔見たものはもっと高価だった気がするけど。
これを使ってどんなデザインのドレスを作ろうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧