« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/11/07

PTA・広報委員のワッペン

今年、私は子どもの中学のPTAで広報委員、それも委員長なぞを引き受けていたりします(汗)
まぁ、いろいろありまして(苦笑)
子どもの中学の文化祭ではPTAその他、保護者による模擬店が幾つか出店します。
そして文化祭開催中は校内に、子どもだけでなく保護者も大勢居ます。
が、文化祭を見るために訪れた保護者なのか、模擬店スタッフの保護者なの見分けがつきにくいなぁ、と前からちょっと思ってたのでこんなワッペンを作ってみました。
ま、目印がなくてもエプロンして三角巾してれば模擬店スタッフだと判る、という話しもあるんですけどね(爆)
委員長として委員さんたちの士気も高まればいいなぁ、と言う気持ちも込めて。
101107
メインのMの花文字は子どもたちの制服から。
男女ともにブルーのスーツ・えんじのネクタイが制服なのですが上着の胸ポケットに、これと同じ刺繍がエンブレムのように入っているので。。。
子どものブレザーを持ち出してスキャナで読み取らせ原画に使いましたsign03
「広報」の文字が赤いのはワタクシ委員長用、オレンジは副委員長、ここに写ってはいませんが委員さん用はクリーム色で刺繍しました。

土台生地はアーバンツィル。
エンブクロスも持ってはいますが、あのサテンの光具合(苦笑)は学校用にはちと似つかわしくないかな、と。
ワッペン業者さんサイトではアーバンツィルを使っているところ、結構ありますね。
今回も?芯にはオゼキさん(クロスクック)のシール芯を使ったのでズレや歪みが全くといっていいほど起きず、快適に刺繍できました。
ま、2千針を目安にシリコンで、針についた粘着樹脂をせっせとふき取る手間はありましたが、失敗してやり直す手間を考えたら、こちらの方がずっと楽でした。

以前に書いた、ヒートカットをしないワッペンの作り方でやったのですが、周囲のサテンの密度をあげても糸の隙間からちろちろと白い芯が覗くのがどうしても気になるので、まだちょっと試行錯誤は必要そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »