« 死語の世界?。。。渋谷にて | トップページ | 今年の横浜キルトウィーク »

2010/09/28

鈴鹿ハチタイ

着物友達の一人がとある俳優さんのファンクラブサイトの運営を任されているのだけれど、そのクラブ名がROUTE23という。
その俳優さんが三重県出身にちなんでいる、らしい。

ルート23、つまり国道23号と聞いていつも思い出すのはあの夏。
私が鈴鹿サーキットに通学定期で行けてしまう短大の学生だった頃。
平日は実習や演習で忙しいので、土日だけ単発のようなバイトをしていたのだけれど、日によって派遣されるお店は違っていた。
大抵は名古屋近郊だったけど、たまたまその日は確か津の方に行かされたと思う。
仕事も無事終わり、荷物係の男の子の運転する車で名古屋の会社へ戻るべく23号を走っていた。休日の夜らしく?23号はほどほどに混んでいた。。。のだが。

ふと気づくと右を向いても左を向いてもバイクバイクバイクバイクバイク。。。
しかもそんなにバイクが居る割には何人かの仲間でツーリングしてるという感じではなくて、みなそれぞれ単独行ぽい。

言い方は悪いがいったい、どこからこんなに湧いて出たんだ???と思うほどのバイクの数であった。どうみても車よりバイクの数の方が、圧倒的に多い。
唖然とする私とバイクを見て運転していた男の子が思い出したように言った。
「今日は鈴鹿でハチタイだ」
八耐そのものは私もニュースで見聞きして知っていた。
鈴鹿サーキットで行われていることも。
けれどあんなにたくさんのバイクが集まることは知らなかった(苦笑)

あれから20年とちょっと経つけれど、後にも先にもあんなにたくさんのバイクを一度に、それも公道で見たことはこれまでに、ない。
とにもかくにも、強烈な体験だった(苦笑)

クラスの友達と、(通学)定期券があるうちに鈴鹿サーキットへも遊びに行こうねー、とよく言い合っていたけれど結局果たせないまま卒業を迎え、みんなそれぞれの道を歩み始めた。私も、東京で暮らし始めた。

あの夏も、鈴鹿も今ではとても遠くなってしまった。

|

« 死語の世界?。。。渋谷にて | トップページ | 今年の横浜キルトウィーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/49590117

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿ハチタイ:

« 死語の世界?。。。渋谷にて | トップページ | 今年の横浜キルトウィーク »