« 透明糸 | トップページ | 最高速度 »

2010/05/25

ヒートカットをしないワッペンの作り方(今日はコースター)

ワッペン等を作るときというか、たいていのワッペンの作り方といえば。。。
サテンでぐるりと縫った周囲の生地は、
コテで焼き切って落とす(ヒートカット)が一般的ですが
ヒートカットに向かない生地とか、ヒートカットをできれば使いたくないときもあります
麻とか木綿とか、熱に強い生地を使うとき、周囲のサテンをポリ糸で縫ったときとか
で、そんなときに私がやるのがこの、アップリケの応用?のやり方
100524a

出来上がりはコレです







100525aまず、「アップリケピース」で周囲を走り縫い
中に別の模様を刺繍したいときはこのとき一緒にしてしまいます





100525b刺繍が終わって芯ごと、粗裁ちした状態







100525c今回使った生地はリネンで、ちょっとほつれやすいので、裏に当てた芯をアイロンできっちり張ってほつれ止めにします。





100525dその後、アップリケピースの線に沿ってキレイに周囲を切り抜いて。。。







100525e_2新たに枠に「芯だけ」を張り「アップリケノイチ」を縫います。芯は縫い目のきわからビリビリと破り取りやすいタイプを使います。
切り抜いたアップリケピースを線通りに置いて「アップリケ」のサテン縫いをします。
このとき、ピースを押えるステッチはかけないので動かないよう、キルトボンドなどの「のり」で貼り付けます。




100525f

アップリケ縫い(周囲のサテン縫い)が終わり





100525gサテンの周囲をビリビリ(!)と破いてぽこっと抜いたところ。これで完成です。
うーん、でも周囲のサテンはもう少し密度を細かくしないと、ですな(汗)

|

« 透明糸 | トップページ | 最高速度 »

コメント

ユリウスさん
まさにいつもアップリケを作るときに悩んでいたのがこのヒートカット出来ない布でアップリケを作りたい時でした
鋏で布をサテンステッチの糸を切らないように切り落としていたのですが仕上がりがきれいにできないですし、こちらではレーヨン糸が手に入らないので(訪日中黒などのよく使う色は手にいれたのですが)ポリエステルでサテンステッチしたときなどは本当に慎重にヒートカットのこてで切ってました
この方法ですとそんな心配もなく安心してアップリケが作れそうです
今度ためしてみます、目からうろこでした!

投稿: abu | 2010/05/25 09:48

こんにちは!
アップリケ機能の応用で、こんなワッペンができるのですね!
ヒートカットにこだわらなくて良いので、
化繊以外の生地でもワッペンが作れるのは素敵です!
わたしも試してみようと思います~♪

投稿: すぷらーじゅ | 2010/05/25 20:38

abuさん♪
私がこれを思いついたのは失敗からだったりします、実はcoldsweats01
何年も置き縫い派のわたしは、そのときも今回の画像よろしく、
枠に張った芯より小さい布を「置いて」刺繍してました。
刺繍の図柄はどんなんだったかはもう、忘れてしまったけど
最後にサテンの輪郭線を縫ってて、ほんとにもうこれで刺繍終了、
という最後の最後に糸がどこかに引っかかって芯が引っ張られたら
なんとぽこっと抜けてしまったのでした、置いて縫ってた布が(苦笑)
そのときに、あぁ刺繍というかミシンの縫い目というのは
まさに切り取りやすいように入れる「ミシン目」でもあるのだなぁと
実感してこの方法を思いついた次第です(笑)

すぷらーじゅさん♪
ぜひお試しになってみてくださいませ。
ヒートカットに比べると、溶かして固めない分、布によっては
若干ふちのサテン縫いが安定しないかもしれません、
そんなときは最初の、「アップリケピース」の線を縫うときに
厚手のしっかりした芯を使うとヨイかと思いますwink

投稿: ユリウス | 2010/05/25 23:46

こんばんは~はじめまして(笑)

何度か読んでやっと理解しました。
なるほどこんなやり方もあるのか~と感心しております。

ヒートカットのこても買ったのに、まだ手つかずです、ワッペン。
カワセミ君のワッペン作ろうと思ってはいるのですが。

投稿: T・A・M・A | 2010/06/07 22:14

T・A・M・A さん、いらっしゃいませ~happy01
>>何度か読んでやっと理解しました
ううう、やっぱりちょっと、工程を端折り過ぎましたでしょうかsweat01
記事がやたらに長くなってしまうのもどうかなぁ、と思って
最低限にしたのですがsweat02
写真追加した方が良いのかも?coldsweats01

投稿: ユリウス | 2010/06/10 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/48451529

この記事へのトラックバック一覧です: ヒートカットをしないワッペンの作り方(今日はコースター):

« 透明糸 | トップページ | 最高速度 »