« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/28

コンシールファスナーをつけるときも

100428
私はファスナー用片押さえを使います。

やり方は、人それぞれですがわたしは、コンシールファスナー用押さえは使いません。

以前はコンシール押えでやってたこともあるのですが、いまいち上手くいかず。。。

こちら(ファスナー用片押さえ)でやる方が私にはずっとやりやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/22

仕事と、自分が着る服の関係?

黒い服を着始めたのは被服クラスだった短大生の頃

ヨージの服に衝撃受けた影響もあったかな(苦笑)

その前、高校生の頃は、CANTWO(東京CAN)のキャンディカラーを着てた

黒い服は出産で会社を辞めるころまで続いてて。

子どもを二人続けて出産後の10年ほど、いわゆる育児に専念してた頃は

比較的色の付いた服も着てた、といってもボルドーとかダークブルーとかだけど。

子どもの手が離れてドレスの仕事を増やすようになったら

どんどん色の服は減っていき次第にまた、黒ばかりに。。。

ダンスドレスは、もちろん黒いドレスも多いけど鮮やかなカラーのドレスもまた少なくない

ショッキングピンクとかドラゴンズブルーロイヤルブルーとかパープルとか

自分の服が黒くなってしまうのは鮮やかな色を毎日、触るせい?(苦笑)

ただ昔と違うのは

今は着物も服の選択肢にある

で、着物は淡くてきれいな色目のオンパレードなのだ(苦笑)

ベビーピンクとかサーモンピンクとかラベンダーとか薄グレーとか

洋服とは逆に黒い着物は持ってなかったりする(除く喪服と大島)

洋服が黒だけになってしまうのは着物とのバランスも、あるのかな


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/19

新しいおもちゃ?

ミシンが壊れた壊れた、なんてことばかり書いてるのもナンなので(^^;)

先日、ようやくHDD/DVDレコーダーを買った。

オットはもう何年も前に使い始めてたけど。

もともと私はあまりテレビは見ないほうなので、

ときどきドラマなど録画するのはVHSで十分だったのだ。

しかしさすがにデッキが限界のようで(苦笑)

贅沢言わなければ手ごろな値段で買えるようにもなったこともあってついに購入

あぁあとウチはまだテレビ自体が地デジ対応ではないので

しばらくはチューナー代わりにもなるかな~と思ったりもして(汗)

私はビデオ代わりにドラマなど、録って見て適宜DVDに保存という程度。

あとは昔ビデオに録り貯めたものをDVDに焼きなおす。

なのでマニュアル片手に少しいじったらもうそれで満足しているけれど。

この4月に中1になった息子は。

同じくマニュアル片手にいろいろいじって何やら見ている

なんだその画面は????というとデータ放送だとかなんとか(苦笑)

私の知らない機能をあれこれ試してみているようで、すっかり息子のおもちゃ状態(爆)

さすがいまどきの子、というべきか?

おとーさんのレコーダーは勝手に触れないけどこれはおかーさんのだからって。。。。

コラコラコラコラコラコラコラ(^^;)

そして録画済タイトルにガンダムシリーズがずらりと並ぶのも勘弁してください(爆)

そりゃぁ私だって以前見逃したドラマがBSチャンネルで見られるのを

ほけほけと喜んで録画してるけど(汗)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/02

これはナンだ?????

ホースヘアブレードを延々60メートルも縫わされることに

ストライキを起こしたのか残り10メートルというところで

D300が縫えなくなってしまった(!)

ちゃんと掛けてるのに

縫い始めると5センチもいかないうちに

上糸の糸掛けを確認しろとエラーメッセージが出て止まる

無視して踏み続けても5センチごとに止まられては

10メートル縫うのにいったい。。。以下省略(爆)

確かに、糸を慎重にたぐってみると普段とは違う手応えを感じたので

思い切って自分でカバーを外した(しかもそのときビスが1個飛んで行方不明(爆))

糸取りバネのところになにやら異物が見て取れたのでピンセットで除去

その後は快調に縫い進み、ドレスは完成無事納品できた、しかし。

糸取りバネにくっついてた異物、これはナンだ????

絡んだ糸とか、溜まったホコリのカタマリとは違う、

きちんと型取りされて白くて薄い樹脂でできている。

良く見るとグリースらしき油分も付着

ということはこれはどっかの部品??????

。。。。どこから沸いて落ちたor外れたのだろう


なんかもう、満身創痍って感じ>D300

私が酷使し過ぎ?(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »