« 刺しゅうプロ(刺繍プロ)で、デザインセンターを使っていた頃 | トップページ | いつのまにか。。。(「反転」)(Ver8改善点) »

2009/10/27

突然ですが、ステッチデータとは何ぞや?という話し

SewCoの方に書こうかとも思ったのだけど。
長くなるし、具体的なアドバイスでもないのでこちらで(苦笑)

デザインセンターで作ったデータは輪郭線だけだと***.pelデータ、面縫いの設定まで入ってると***.pemデータとして保存されます。
けど、pel,pemどちらもそのままではミシンに入れても認識しない(!)ので、レイアウトセンターに送ってpesデータに確定する必要がありまする。

レイアウトセンターに送られる時は、もうデザイン変更はしないよね???という前提の上で送られてしまいます。
そしてステッチデータに変換されてしまいまする。
しかぁしレイアウトセンターに送って別の模様と組み合わせたり、文字なんかを入れてるうちにやっぱり輪郭サテンはもう少し太くしたいとか、ココの面縫いの角度はヘンだから変えたいとか、出てくるのが人情ってもの(^^;)

でもそれを変えるには一度デザインセンターに戻らなくてはならない

そうすると出てくるのが、ステッチデータとは何ぞや?という疑問かと。
ステッチデータというのはその名の通り、針落ち「だけ」のデータです。
次にどこに針を落とせば(刺せば)いいか、ミシンに指示するだけのデータ。

そこにはパーツの概念はもうありません。
例えばこの線で囲った中はタタミ縫いで、角度は何度で。。。といった指示を覚えているのは***.pemのときまで。線、輪郭線だってサテンか走り縫いかなんてことももう、データは覚えていない(爆)
次はここに針を刺せ、とデータが言うので(!)刺したら結果的にサテンになりました、走り縫いになりましたというだけ。

ステッチデータに変換したあと、ポイント編集しようとすると、針落ち全部にポイントが出現するのはそのため。
1針だの、数針だの細かく修正したいときはそれはそれは便利ですが、大量に修正したいときは一針一針やってたら卒倒しますわ(爆)

そのためのSTB機能、STBはマニュアルにもあると思いますが、ステッチ・トゥ・ブロックの略、針落ちをある程度のカタマリにして扱えます、ということ。ある程度カタマリになってれば編集もラクというもの。

じゃぁ、レイアウトセンターで作るpesデータ全てが即、ステッチデータになるかというとそんなことはないわけで、レイアウトセンターでは自分でステッチデータへと変換をかけなければ、サテン幅や縫い角度を記憶したまま、ミシンが認識できる(pes)データになる。

試し縫いをした後いろいろ変更したいときも、レイアウトセンターで作ったデータならいちいちデザインセンターに戻らなくても、レイアウトセンターでそのまま幅変えるだの、角度変えるだのができる。

だから私はレイアウトセンター派だったりする。


。。。。他にも理由はあるけどね(^◇^;)

|

« 刺しゅうプロ(刺繍プロ)で、デザインセンターを使っていた頃 | トップページ | いつのまにか。。。(「反転」)(Ver8改善点) »

コメント

ユリウスさん 文章うまい!まったくそのとおりなのです。でもわたしはこんなにきちんと表現できません。痒いところの手が届く!文章(*^_^*)

投稿: モコモコかあさん | 2009/10/29 21:48

ユリウスさん、ありがとうございます。

>ステッチデータとは何ぞや?
そうだったのですねー!バッチリ理解できました!

刺しゅうプロから遠ざかっていてコメントするのも恥ずかしいのですが、この記事を読んで嬉しかったので(^^)

投稿: ニ・キ | 2009/11/01 11:12

モコモコかあさん♪
あはっ、ありがとうございます。
痒いところに手が届いて。。。
掻き破ってなければいいのですがbleah

NIKIさん♪
実は私もけっこう長いこと、ステッチデータのことは
理解できてませんでした。
それが或る日突然。。。というほどでもないけど
あぁそうかっflairと霧が晴れたように(笑)
理解できたのでした。
何が引き金になったのでしょうねwink

投稿: ユリウス | 2009/11/02 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/46596179

この記事へのトラックバック一覧です: 突然ですが、ステッチデータとは何ぞや?という話し:

« 刺しゅうプロ(刺繍プロ)で、デザインセンターを使っていた頃 | トップページ | いつのまにか。。。(「反転」)(Ver8改善点) »