« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/25

新宿トーア

ユザワヤが新宿に出来るのも結構だけれど

個人的には新宿トーアが早く復活して欲しい。

渋谷店も悪くはないのだけど、私としては新宿店の品揃えが好きだった、

特に衣装系はね。売り場の生地の見易さも。

入ってたビルが建て替えなんだけどいつ完成だったっけか?(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/22

ユザワヤが

新宿にもできるんだそーですね。

11月1日オープンだとか。

でも私はやっぱりオカダヤ派だな(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/19

自分が選んだミシン

私はなんだかんだと長いことミシンを使ってるし、台数も持ってる(4台所有は果たして多いか少ないか^^;)ので、どんなミシンが良いか?とコメントされたり聞かれたりすることがそこそこ、ある。

確かにこれから買おうとする人は、ミシンの種類が、値段も含めてあまりにも多様過ぎて情報に溺れそうになってしまうことも少なくないと思われる。

でも。
長年、趣味も仕事も含めてミシンを踏み続けてきて思うことは「自分が選んだミシンが一番なのだ」ということ。
もちろん、まずは最低限の条件をクリアするミシンを選ぶ必要はある。
ブラウスからコート類まで幅広く洋裁をしたいと思ってるのに、安くて軽いコンパクトミシンではやはり限界というものがあるわけで。(小物くらいしか縫わない、というのならもちろんコンパクトミシンもアリ)

でもほぼ同じレベルのミシンで、メーカーを迷ったり、ベーシック機種かアップ機種かで迷ったのなら自分がこれだ!と思ったのがいちばん、なんだよね。
そう思って買ってからでも、多少は後悔することもちょっぴりはあるけれど(爆)
自分の手に馴染むまでは「えぇいこのへなちょこミシンがッ」と窓から捨てたくなることもあるでしょ、たまには(!)
でもやっぱりせっかく買ったからには、初めはとっつきにくくても、なだめたりすかしたりして、手なずけて欲しいと思う。

かく言う私とて-これまでにも何度も書いてるけど-ジャノメのロックを買ったときは、手なずけるのに本当に時間がかかった。なにせ、10年近く使い続けてすっかり手に馴染んだブラザーのロックがあっただけに、その落差はもう。。。
でもそんなジャノメのロックも、さすがに数年経ったらフットコントローラの反応や針の動きのリズムなどに慣れ、今では先輩ロック(笑)にも負けないくらい、馴染んでくれた。

D300を買ったときでも。
それまで使ってたジグザグミシンの方が明らかに下位機種で、上位機種であるD300の方がきっと縫いやすいに違いないと、頭ではわかっていた。
けれど、いかんせんまだ手に馴染んでなかったから、趣味のものを縫うときはD300でおっかなびっくり縫えていても、ギリギリの納期で届いた仕事のときはまだ、古い方のミシンで縫うことが多々あった。
縫い始めの踏み込み加減、返し縫をするときのタイミング、布の送り。。。古い方は最大スピードで踏み込んでも思い通りに動かせたから、ズレてしまったーと縫い直す時間の無いときはD300は使えなかったのだ。
その後、何度か縫い直しを繰り返しながら(苦笑)D300のクセやタイミングを掴めるようになって、今ではすっかり第三の手になったけどもね。

せっかく買ったミシンだもの、たくさん縫ってクセやタイミングを掴んで思い通りに動かせるようになって欲しいと、今日も私もミシン、踏んでおりまする(^^;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »