« 手芸系の出版社の自己破産 | トップページ | 下糸巻の失敗 »

2009/04/26

刺しゅうプロVer8、ほんとに出るかな?

今日のタイトル、本当は刺しゅうプロVer8にしようと思ったけど、そうするとすわ発売発表か!?と紛らわしいかもと思い、これにしてみました(笑)

5月には発売になりホビーショーでお披露目されるものだと、勝手に決め付けてその前提でいろいろな人と話してるけど、違ってたらどうしよう(^^;)
まァいいか、そのときはそのときだ(笑)

ようやく少し時間が取れるようになったので、またPE-DesignVer.8 Trial Versionを開いてちょこちょこいじってた。ものすごい目新しさはないみたいけど(そりゃそうよね)細かいところで使い勝手が良くなってるかな?

で、あれこれテキトーにマウスで図形作ってたりしてたのだけど。
円モノで、扇型作成ツールがあるのだけど。
あれの、角度指定ってできないのかな?
そうでなかったら、真円を角度決めて分割したり、6等分割、8等分割の線が入れられるとか。
フリーハンドの、フィーリングで描くデザインなら多少の歪みやズレも味だし、画面上でぴっちり等分割したところで、実際に刺したら縫い縮みなんかできっちり、再現できるわけじゃないってことは判ってるけど。

幾何学的な模様を作りたい時に、そういうことできると嬉しいのだけどね。

6角形や5角形は図形ツール使えって?
そういわれてしまえばそうなんだけどね、でも。。。ってことで(苦笑)

|

« 手芸系の出版社の自己破産 | トップページ | 下糸巻の失敗 »

コメント

もうver.8が出るのですか~。
ver.7が2007年5月発売なので2年おきにUP?
前バージョンを発売すぐに買ったまま、ろくに使いこなせず時が過ぎ去ってしまいました。

↓の雄鶏社自己破産は衝撃でした。
私、ここ3年は洋裁に走っていたので購入本は文化出版局の本が多数(後ろめたいわ
雄鶏社では同じくフェルト人形♪、刺繍(ONDORIヤングシリーズ手芸が初刺繍本でした)、編み物系でお世話になりました。
一抹の寂しさを感じます(ノД`)

投稿: TOMO | 2009/04/26 09:50

あは、そうなんですよ、過去の例でいくと
ちょうど今年の5月になるので、今回もそうかなぁと
勝手に決め付けていますhappy02
すぐにバージョンアップするかどうかは
別として、これを機会にまた刺しゅうプロを使って
あげてくださいねwink

雄鶏社はねぇホントにショックです。
自己破産のニュースで初めて知ったのは、
創業が1945年ということ。
戦後すぐという老舗だったんだなぁ、と。
なおかつ、老舗でも時流に乗った企画など
できないとこういうことになってしまうのだなぁ、と
しみじみ感じました。
前述のニードル作家さんも、文化出版局の本は
見せ方が上手くて、レシピもきちんと載ってるから
強いね、と仰ってました。
文化出版局は文化学園というバックがあるから
たとえ売れなくても(!)そう簡単には
潰れないと思いますが(^^ゞ

投稿: ユリウス | 2009/04/27 04:00

初めまして、いつも楽しく拝見させて頂いております。

いつもはぴたんさんのBBSには投稿させて頂く事もありますが、距離感もあって、お上手な方々への初めての投稿、というのは、とても勇気が必要です。

はぴたんさん、ミシン館さんのBBSに投稿しましたが、
今回、イノヴィス4000購入については、自分でも痛恨のトラブルを起こしてしまいました。
自分にも反省すべき点は幾つかあり、何ごとも、長引かせてはならない、と痛感しております。

さて、作品の素晴らしさもさることながら、
刺繍プロ8、イノヴィス新バージョンについて、さまざまな憶測をされていて、それはずいぶんと鋭い考えと感心しております。

こちらも只今、D300を使っております。

今回の一件で、ハスクバーナ製のミシンにしようか、イノヴィス新バージョンを待つべき、と検討中です。
といって、4000は、触っていないまま、手元にあるのですが。

金額は言いにくいかとも思いますが、以前、D300の値崩れと、4000の実際の販売価格について、少し、触れていらっしゃいましたね。

D300をアレコレオプションを付けて、15万円以下、というのは、どのような流通経路、と思われますか?
4000の販売価格について、45万円前後でしたか?

こちらでは、ただ、図柄のレイアウト、ほんの少しのデータの手直し程度にしか、刺繍プロを使いこなせておりませんが、新しくなったと思うとワクワクします。

ミシンについて、初級者ながら、ホビーショーを楽しみにしています。
さまざまな予測、私も楽しみに拝見しますので今後もどんどん、予測してください。

投稿: ひまわり | 2009/04/27 09:46

こんにちは はじめまして ひまわりさん
コメントありがとうございます。

はぴたんさんのブログはときどき覗かせてもらっていますが、
掲示板の方は過去のことがあるので今は拝見してません。
ですので、ひまわりさんがどんなトラブルにあったのかは存じませんが。。。

ご質問について私の判る範囲でお答えしますと。。。
まずD300の流通経路云々ですが、他のミシンメーカーのシステムは知りませんが、
ブラザーのミシンに限っていえば直接、ブラザー販売からミシンを仕入れて
小売販売する場合と、ミシン卸業をしている店(いわゆる問屋)から
仕入れて小売販売する場合の2つしかないはずです。
昔は債権品を格安で仕入れる闇ルート(!)もあったかもしれませんが、
今は殆どのミシン屋さんは自前で在庫を持つことはせず、
お客さんが買うといってから、メーカー(の物流センター)に連絡して
送ってもらうことが多いはずなので、闇ルートは存在しないのでは、と思います。

そして直接「ブラザー販売」と取引できる小売店(ミシン屋さん)のことを
「ブラザー特約店」と呼んでいると思います。
ブラザー販売から直接仕入れることのできないミシン屋さんは、
特約店から仕入れて小売するため、その分マージンが上乗せされて
小売価格は若干高めになっていることが多いようです。
安く売ることができる店はおそらく特約店で、ブラザー販売から
直接仕入れているのでしょう。

なお、余談ですが、ブラザー工業は作るだけで小売への卸業務はしておらず、
小売店に卸しているのはブラザー販売だけのはずです。

イノヴィス4000の実売価格は私は知りません。
確かに、イノヴィス4000が発売になった2年前、
ブラザー販売の担当氏とイノヴィス4000を前にして
「販売店は実際には幾らで売るのだろうね」という話をしましたが、
彼は決めるのはあくまでも小売店だからと前置きした上で、
「これまでの感じだと(メーカー希望小売価格の)〇割引くらいで落ち着くのでは?」
と言っただけで、具体的に何万という話はしておりません。
私も今のところ、イノヴィス4000に買い換える予定はないので、
販売店に問い合わせをしたこともありませんし。
また普段、よくしてもらっているミシン屋さんもイノヴィス4000の取扱店では
ないので、お店にお邪魔してもイノヴィス4000の実物はないのです(苦笑)

D300の値崩れの話は、前にも書いてますがどう考えても
仕入値を下回る価格で売ってしまって、販売店はいったいどうやって
利益を出しているのだろう?ということです。
おそらくブラザー販売の卸値は社外秘で、いくら親しくても
教えては貰えないと思いますので、具体的に卸値が幾らなのか私は知りません。
ただ、私はミシン業界で働いたことはありませんが、製造業の家に育ち、
自分も(アパレル)メーカーに勤めていましたので、メーカー希望小売価格から
逆算したり従業員割引価格から、卸値はたぶんこのくらいだろうな、という見当は
付けられますので、そういうお話ができたのです。

ひまわりさんへのお答えになっているかはわかりませんが、
私がお答えできるのはこのくらいです。
参考になればよいのですが。

投稿: ユリウス | 2009/04/27 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/44795397

この記事へのトラックバック一覧です: 刺しゅうプロVer8、ほんとに出るかな?:

« 手芸系の出版社の自己破産 | トップページ | 下糸巻の失敗 »