« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/12

PE-DesignVer.8 Trial Version

刺しゅうプロはまだVer7ですが、USAではいつのまにかVer8のお試し版がアップされてました。。。ということを、お友達に聞いて知りました(^^ゞ
なので早速DLして開いてみることに。
09212a
090212b糸色とか、縫い方の設定などが、これまではダイアログで出てきてましたが、画面の端に常駐?するようになりましたね。
またプルダウンメニューだったもの、例えば円の種類が全てアイコンで表示されるようになってますね。
刺繍範囲の中央位置がわかりやすくなったのも嬉しいです。
まぁ他にもいろいろ細かいところが使いやすくなってるみたい。
春が待ち遠しいです。

ところで、刺しゅうプロのお試し版はヴァージョンごとにあったと思うのだけど、PE-Designのお試し版てこれまであったっけ?(・・?)
私が知らなかっただけかなぁ(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/11

がま口ポーチ。。。いやバニティケース?

ネタ切れで。。。(汗)
某所と同じものですが、微妙には、変えてみました(!)
090210a
090210b裏が赤であることに理由はありません(^^ゞ
表地にも赤入ってるし、とか、布がいちばん出しやすいところにあったのが赤だとか、まぁそんな程度です(爆)
しばらく小物はがま口系になりそう(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/10

キャラメルクリームその後

昨年末にキャラメルクリームを作った記事を書いたのですが、ちょうど同じ頃に、どうもTVでも同じ作り方が紹介されたようですね。
しかも、キャラメルクリームじゃなくて「生キャラメル」ということになってる、らしい(苦笑)

私のレシピのネタ元はこれです
090209a
090209b

私が持っているこの本は、もともと実家の母が近所のおばさんに教えてもらって買った本で、年末年始に帰省したとき、奥付を見てみたら初版は昭和46年でした。母が持ってるのは昭和50年くらいの重版後のものでしたが。
上京してからも、私もこの本が欲しいな。。。と思っていたとき、神保町の古本屋でたまたま見つけたので買ったのが↑です。
一度は絶版になったりいろいろあったようですが、90年に復刻版が出たようで、私が入手したのも復刻版です。でも中身は全く同じ。

このキャラメルクリームの作り方を紹介したTV番組は、うちの子供たちも見てる番組みたいですが私は知りませんでした。
時間的にも、私は食事の支度をしてる時間だしね。
テレビの製作者さんもこの本を見たのかしら(^^;)
にしても、このキャラメルクリームが生キャラメル、って。。。
本物(笑)の生キャラメルもこんなに柔らかいものなの?????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/09

新宿の小劇場の想い出

仕事で必要なファスナーが在庫になかったのと、オカダヤがセールしてることもあって新宿へ買出しに出ました。
相変わらず、ぎりぎりの時間に家を飛び出し必要なものだけを買ったら即帰る。。。というパターンなんだけど、少し時間が取れたのでぶらぶらとその辺を歩いてみました。

学校が新宿に近かったので、新宿はよく行ってた街だけど。
新しくなったという新宿ピカデリー。昔の記憶ではいかにも新宿っぽい(苦笑)感じの建物だった気がするけど、水色に光るそのビルはとても新宿じゃないよォ~(笑)
そしてシアタートップス。
シアタートップスは今度の3月末で閉鎖されてしまうのだそうですね。
やはり若い、独身だった頃はいわゆる小劇場系の芝居が好きで、なるべくヒマを見つけて通ってました。シアタートップスは結局行かずじまいだったけど、1階の喫茶店ではときどきお茶してました。
シアタートップスといえば東京サンシャインボーイズだけど、行けないまま解散しちゃったんだよね。
新宿でよく行ってたのはやっぱり紀伊国屋ホールかな~あと、タイニーアリス。
タイニーアリスは、前は3丁目の交差点を入った辺り(末広亭のそば)にあったけど、私が結婚して子ども産んでる間に2丁目の方に移転してました(苦笑)
タイニーアリスは狭くって、靴脱いで上がった記憶が。ビニル袋に靴入れてね(笑)
新しいところはどうなんだろう。
紀伊国屋ホールはよく行ったな~、自転車キンクリートとかキャラメルボックスの芝居はここでかかることが多かったから。
自転車キンクリートは博品館劇場に行ったこともあったけど。
渋谷に出来たばかりのビームスホールだったかな、円形劇場にも行った。。。
思えば不思議な劇場だった、ある意味バブリーだったかも(苦笑)
ビームスホール、その後バブルが弾けたらパチンコ屋(!)になって、今はお笑いやってるらしい。

就職した会社で同期だった子が、辞めた。。。と思ったらなぜかそういった劇団に入ってて、下北のスズナリとか名前忘れちゃったけど、北沢川緑道のそばにあったところであった公演にときどき行ってた。

古い知り合いがやっぱり劇団をやってて、大塚の萬スタジオにも何度か行った。
今は新宿のシアターサンモールやシアターモリエールなどでやってるみたいだけど。
しかし新宿といえば、靖国通りから新宿文化センターへ抜ける、四季の道という遊歩道があるんだけど昔、その途中にちっちゃい劇場があったと思うのだけど、先日行ってみたときは見つけられなかった。。。
四季の道の途中にあったのは私の記憶違いなんだろか。
劇場の名前もどうしても思い出せない。円とか窓とかそんなような名前だったのだけど。
子どもも大きくなったことだし、また芝居見に行きたいなァ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/07

グレィトなキルトフェスティバル?

もう先月のことになってしまいましたが(汗)
タイトルにあるように、グレイトなキルトフェスティバル(笑)に行ってきました。
090206d
いつものようにスタンドの階段をてくてく下りていくと、目の前に総合案内所、というのは変わらぬ風景ですが、何げなくフッと目をやったら、後のボードにこの文字、でした(^^;)
いつからGreatがついたのでしょう???
そして日本語にするとこれ、どう訳すのでしょう、「東京国際キルトフェスティバル2009」と、こちらは変わってないようですが(苦笑)

ま、それはさておき。
入賞作はもちろん見たし、「いつもの」お友達と一緒だったのでお店もくまなく見て回りましたが、やはり私にはコレでしょう(^^;)
090206a_2
090206b_2
090206c_3
ベルニナ830、ベルニナの新しいミシンです。今回はアーティスタとかオーロラといったペットネームはないようでズバリ「ベルニナ830(と820)」
ボディのデザインからして、これまでベルニナとはちょっと、いやかなり変わってました。ブースの前を通りかかるだけでも相当、目を引いてたと思います。なんていうか、ベルニナじゃないみたい(笑)
じゃぁどんなのがベルニナなんだといわれても困るけど(^^;)

オプションだけどジャンボ刺繍枠は26cm×40cm、これだけでもかな~り大きいですが、本体の懐が広いのも大きな特徴でしょうねぇ。大きな本体に大きな刺繍枠。
もうこれだけで「でかっ。。。。(^^;)」

ちなみに標準小売価格は刺繍機込みで105万、刺繍機の付かない?ベルニナ820はもう少し後の発売となるようですが、お値段も大きなミシンでした(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »