« 姉弟揃って。。。みしんのひみつ | トップページ | 生キャラメルとキャラメルクリーム »

2008/11/16

ミシンが、馴染む

仕事その他で必要に迫られて、というあたりがまた。。。
私らしいといえばわたしらしいけれど(苦笑)
最近ジャノメくんがようやく、手に馴染んだ気がする。
縁かがり&巻ロックは古参(笑)のホームロックでもできるけど
2本針4本ロックとカバーステッチは、ジャノメ君じゃなきゃできないのに
裏毛くらいの厚モノじゃないと、糸調子オートが効かないのと
すぐに目飛びしまくるので調整に時間がかかって仕方ないことに
嫌気がさして、ずっと机の隅で文字通りホコリを被っていたのだけど。

本当は11番(の針)でも太いっ!と感じる事実に目をつぶり
最近とんと出番のなかったシャッペスパン糸を引っ張り出し
(仕事で使う生地の関係もあってずっとエースクラウンだった)
何度も試し縫いをやり直して、糸調子のベストな組み合わせを探して
ようやく、目飛びがなくオーバー&ルーパーにウーリー糸を使っても
バランスの良い糸調子が取れる、糸調子数値を見つけ出せたのだ。
何度か、糸の色を替えて縫ってみたけど大丈夫だった。
これまでは同じウーリーなのに色が変わるとまた、調整し直さなくては
ならないことが殆どだったから。あぁここまで長い道のりだった(苦笑)
これでもう、思い立ってすぐに普段着のカットソーなど「さっ」と縫えるというもの。

ところで先日、某ミシン会社の人と話していて、ジャノメくんは
針が上位置か下位置で止められるかどうかを設定できない、
といったらコンピュータミシンでそれはありえない、としつこく言われたが(苦笑)
本当に、ジャノメくんは上位置でしか止まらない。
でも私には納得できているのだ、そのことには。
カバーステッチ機能があるからだ、とね。

まあそういいつつ実はまだ、「なんでしょう。。。これは?(・・?)」
というものを、取説を読み直して見つけてしまった、それは。
スプレッダというアタッチメント(血まみれになるやつではない)
どうやら巻ロックや細ロックのときにオーバールーパーに付けるらしいのだが
細ロックはホームロックが大得意で、はなからジャノメくんでやる気はないので
当分、出番はなさそうだけど。
さて息子の冬支度をしなくては。

|

« 姉弟揃って。。。みしんのひみつ | トップページ | 生キャラメルとキャラメルクリーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/43137214

この記事へのトラックバック一覧です: ミシンが、馴染む:

« 姉弟揃って。。。みしんのひみつ | トップページ | 生キャラメルとキャラメルクリーム »