« 刺しゅうプロのアップデート | トップページ | 学校からの電話 »

2008/10/20

家守

気づくとここではミシンとか刺繍プロのことしか書いてない。。。

たまには違うことも書こう。

というわけで家守である。

今朝、夫が出がけに玄関で「何か居るよ」と呼んだ。
わたしゃまた、ゴキブリでも出たのかとかすっ飛んでいった。
新築マンションなのに侵入するゴキが許せなかったので。
(越してから2回侵入を目撃)
私が移動してる間に彼も移動したようで、夫はほいっと靴をどけた。

ら、そこにちんまりいたのはゴキではなくヤモリだった。
たぶんまだ子どもなのだろう、体長は10センチもなかった。
色も白っぽかった。
初めはカナヘビか?と思った、そのカタチから。
でも指先がカナヘビのそれとは違うことがすぐ判った。
おぉ~ヤモリだァ、と思わず声をあげたら今度は息子がすっ飛んできた(笑)

家守というくらいだから、家の中に居てもいい。。。とは思ったけど
でもやっぱりなぁ、と逃がしてやることにして、玄関ドアを開けたら自分から
開放廊下へ出て行った。でもそこでまたじっとしてるので、息子とふたり
つついて遊んだ・・・・コラコラ(^^;)

実はわたし、家守に遭遇するのは初めて。
草深い田舎で育ったから、野うさぎも野イタチも野ねずみもトカゲもヘビも
見たことあったのに、である
(関係ないがヘビは自転車で踏んでしまったこともある)

なのでもの珍しく、まじまじと眺めてしまったのである。
小学生の息子はもっと興味津々でつついたりして観察していた。
そしたらそのうち地面に頭をこすり付けんばかりにして
見始めたので、ヤモリの口からヘビみたいに先の割れた舌でも
チロチロ出たのか?と問うてみたら
「ヤモリの目線で眺めてみた、ヤモリから見たら(うちのマンションは)
どんな風に見えるかと思って」

。。。間違いなく私の息子のようだ(!)
そういえば前期の通知表の所見には「ユニークで独創的な発想云々」とあった。

まぁ、なんにしろ好奇心が旺盛なのはいいことだ(苦笑)
この息子は夏に海に行ったときも、潮溜まりにいる生き物を
1時間以上も飽かず眺めている子なのだ、それも毎年(!)
砂浜でアサリが砂に潜って行くのを見せたら、これまた飽きずに何度もやってたし。

息子の登校時間が迫ってきたので、ヤモリは開放廊下の端の方へ逃がしてやった。
小さいせいか結構動きが鈍く、知らずに踏まれてしまいそうだったので。

ちょっと検索かけてみたらヤモリは本当にどこにでも生息してるらしい。
いわゆる都市部でも。
うち(のマンション)は果樹園が目の前にあるとか、隣が農家で屋敷畑があるとかで
自然が多いから、と思ったけどあんまり関係ないらしい。

またそのうち、ひょこひょこと歩いてるヤモリにお目にかかれるかも?

|

« 刺しゅうプロのアップデート | トップページ | 学校からの電話 »

コメント

>草深い田舎で育ったから、野うさぎも野イタチも野ねずみもトカゲもヘビも見たことあったのに、である
(関係ないがヘビは自転車で踏んでしまったこともある)

ごめん、ここだけ(笑)
うさぎやいたちは・・・いないけど、そちらの土地にはねずみももぐらもトカゲもヘビもいましてよ!!
ヘビなんて、多分冬眠中だったんだろう、焚き火で燃やしてしまったこともあります~(爆爆)
ちなみにヤモリとイモリは区別がいまいちつかなくて、見たことあるかどうかは定かではありません^^;

投稿: ミモザ | 2008/11/05 20:30

み、み、ミモザさんsweat01

ヘビを燃やした、って。。。絶句wobbly
自転車でヘビを轢いた私も相当なものだと思ってましたが
上には上がいらっしゃるものですね。
でも、将来のF村さんからそのようなことを
お聞きしようとは、夢にも思いませんでしたわ~coldsweats01

そうそう、イモリとヤモリの違い。。。
私はイモリも見たことがないので、聞いただけですが
イモリの方は腹が赤いのだそうです、ハイ。

投稿: ユリウス | 2008/11/07 03:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/42849778

この記事へのトラックバック一覧です: 家守:

« 刺しゅうプロのアップデート | トップページ | 学校からの電話 »