« ミシンカフェ? | トップページ | デザインセンターでネックになること »

2008/06/08

守やが好きだった

作家の氷室冴子氏が亡くなった。
ニューストピックで「氷室冴子氏死去」とだけ見たときは、一瞬何のことって思った。
確かに最近、集英社の新刊本案内で見ないな、とは思ってた。
でもまさかガンを患ってたとは。。。

初めて読んだのはどの作品だったかなー、たぶんクララ白書だったと思うのだけど。
これまた、初めてこの人の作品を全部読んでみたい、と思った作家だった。
でもやっぱり一番好きだったのは「なんて素敵にジャパネスク」シリーズかな?

高校の頃は大和和紀の「あさきゆめみし」も好きで、単行本が出ると飛びつくように買ってた、そして「なんて素敵にジャパネスク」

子供の頃からずっと本読むのが好きだったから、国文科に行きたいと思った時期があった。中でも王朝文学をやってみたかった。。。のは、これら2つの作品の影響が多分にあったと今でも思う(苦笑)

いろいろあって、進学は短大か専門学校まで、と親に言われていたので、結局は短大の被服科に進んだのだけれど。

以前は外伝とかサイドストーリーとかって言ってたと思うのだけど、今はスピンオフって言うのだっけ、「なんて素敵にジャパネスク」は番外編が結構充実してて、それがまた好きだった。特に守弥(変換できた^^;)の出てくるシリーズ。
自ら頭脳派と称して練りに練った綿密な計画を立てて確実に実行に移したはずなのに、最後は。。。(!)となってしまうあたりなんかが。

私はきらきらした主人公より、半歩後ろにいるようなキャラが好きなのかもしれない。
「エイリアンストリート」のセレムも好きだったし(苦笑)

「なんて素敵にジャパネスク」「冬のディーン・夏のナタリー」そしてなにより「蒼の迷宮」続きを読みたいシリーズはいっぱいある。
冥福を祈りつつ、遺稿とかもないのだろうかと思ってしまう自分は不謹慎だとは思うけれど、そのくらい好きだったということで。

合掌

|

« ミシンカフェ? | トップページ | デザインセンターでネックになること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/41471166

この記事へのトラックバック一覧です: 守やが好きだった:

« ミシンカフェ? | トップページ | デザインセンターでネックになること »