« デザインセンターでネックになること・続き | トップページ | D300でピーシング »

2008/06/13

邪道な使い方

刺しゅうプロユーザー多しといえど。
こんなことに使ってるユーザーはわたしくらいだろう、きっと。
まっ私が数学がとことんおバカだからゆえなんだけど(爆)
08613

|

« デザインセンターでネックになること・続き | トップページ | D300でピーシング »

コメント

あの。。。これはなにをしていらっしゃるのでしょうか?

投稿: モコモコかあさん | 2008/06/16 21:56

これはですね。。。恥ずかしながら告白しますと、
型入れ、つまり用尺を測っているのです(!)
メーカーやデザイナーによって多少違いますが、
私はダンスドレスのアンダースカートは半円を3枚
接ぐボリュームですることが多いのですね。
画面にある赤い半円はアンダースカート1枚、
を現してます。で、この場合スカートを2枚重ねるので、
半円は6コ裁ちたい。
でもって、用尺はなるべく無駄を出したくない、と。。。
半円6枚を生地幅いっぱいにきっちり並べたら生地は
何メートル必要か、割り出すために刺繍プロを使った
というわけです(^^;)
以前は型紙を床に並べて測ってました。どのくらいまで
重ねられるか実際に置いてみないと見当が付かなかったから。
でも先日ふっと、スカートは半円形だから刺繍プロで
簡単に描ける、レイアウトセンターにはグリッドが
あるので、生地幅も設定しやすいと思いついてやってみた、
というわけです。
レイアウトセンターにはものさしアイコンもありますから、
グリッド無しでもものさしで測ればよかったのですが(^^ゞ

数学が得意な方なら、重ねられる分量を計算で割り出せる
のでしょうが、私にそれは無理な話。。。(^^;)
実際に並べて置いてみないと判らない。
なので、せめて画面上で簡単に、ということで。
あ、あとイラレとかその他、優秀な!?ドローイング
ソフトなど持っていればそれらを利用することも
できたかもしれませんが、なにせロクな画像加工ソフトを
持ってないもので(^^ゞ

投稿: ユリウス | 2008/06/16 23:43

納得、納得(*^_^*)なるほどそういう使い方もありですね。刺繍proって使えるソフトです、ホント
ユリウスさんしか思い付かないかもしれない。ブラザーさんもびっくりですね。

投稿: モコモコかあさん | 2008/06/18 20:37

ほほ、いやもうそんな使い方するかふつう?
って言われそうです、ホント(^^;)
刺繍とは全く関係ないのですもの。
今日、あいや昨日か、もまたやってました。
今度はねフリル6枚(苦笑)
こちらは全円で真ん中をくり抜いてドーナツ型に
するもので、真円を6枚描いてぴたぴた合わせてました。
でも1枚裁ちできっちり型入れすると、用尺は
かなり短くなる=生地をたくさん使わずに済む
ので、やはり、ねwink

投稿: ユリウス | 2008/06/19 23:20

「刺しゅうプロ」で通りすがりました。
面白い問題と感じましたので。

長方形の幅W,半円半径rとします。
半円6個がピッタリ収まる長方形の長さLは

ここの図のように片側の円が離れているときは
 W/2≦r≦√3/2×Wとなり,L=2r+5√((2×r)^2-W^2)
片側の円同士が接触するときは
 √3/2×W≦r≦W L=6×r+√((2×r)^2-W^2)
と表されます。

√3/2×Wは0.577Wです。

お邪魔しました。

投稿: 通りすがり | 2011/07/07 18:24

裁断しにくいかもしれませんが,

饅頭を半分に切って少しずらしたS字型にして,
これを長方形に3つ組み込むと,もっと詰め込め
る場合もあるようですね。

投稿: 通りすがり | 2011/07/07 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/41537714

この記事へのトラックバック一覧です: 邪道な使い方:

« デザインセンターでネックになること・続き | トップページ | D300でピーシング »