« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/19

2本針が標準添付

SewCoの方で2本針が話題になって。
昔のミシンには必ずのようについていたという話から。
現行機種のイノヴィスN150にも標準添付されてるとユーザーさんが教えてくれた。
へ~そうなんだ、知らなかったァとそのときは思ったけど。
溜まったカタログを整理してて気づいた。
・・・・カタログにも載ってるじゃん、しかも写真つきで!(^◇^;)
見てたつもりで見てないもんだね(苦笑)

イノヴィスN150は、刺繍&キルト友達の方も一昨年だったかな~購入されてて、彼女のお宅へお邪魔して現物も少し触らせてもらったけど、そんな話はついぞ出なかったんだな~。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/16

D300でピーシング

以前、とあるお教室で「キルト倶楽部」にはピーシング縫いというのがあるのを知って、D300を確かめたらあったんで、早速使ってみたら。。。
D300のピーシングは止め縫い仕様しかなかった。
キルト倶楽部では返し縫できたんだけど。
まぁ、D300はキルト仕様じゃないから仕方ないのか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/13

邪道な使い方

刺しゅうプロユーザー多しといえど。
こんなことに使ってるユーザーはわたしくらいだろう、きっと。
まっ私が数学がとことんおバカだからゆえなんだけど(爆)
08613

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/06/11

デザインセンターでネックになること・続き

読み込み精度が上がったといっても。
輪郭線を全く無修正、というわけにはいかない。
そして。
これは私だけかもしれないけれど。
輪郭線を滑らかにしているうちに微妙に元絵とずれてくることが。。。。ある(爆)
こういうとき、レイアウトセンターだと初めに下絵(元絵)を取り込んでおけば、適宜表示させたりさせなかったりしてズレなど確認しながら進められるから。。。
私はレイアウトセンター派なのだ(苦笑)
デザインセンターは元絵(下絵)をソフトが読み込んで輪郭線に変換してくれる、多少、いやかなりガタガタだとしても(!)
そこへいくとレイアウトセンターは下絵をなぞる、としても「自分で」、例えばマウスをひたすらクリックして輪郭線を引かなくてはならない。
だから、マウス(ペンタブでもいいのだけど)で描く、という操作に慣れてない人はデザインセンターの方がいいかもしれない。
でも、一度読み込みが終わってしまうと元絵と合わせて確認することはできない。
どっちを選ぶか。これはもう本当に使う人次第ってことだわね。
あー、デザインセンターでも、輪郭線に変換した後でも下絵を表示させることができればいいのか(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/06/10

息子の林間学校用リュック

3年前、娘のときは9月だったのになぜか息子は6月。
宿泊が市の施設なので、学校に順番が割り振られてる関係なんでしょうな。
というわけでリュック
080610a
3年前に娘に作ったのと全く同型。色が違うだけ
なので手順や、どこが面倒か?という難関箇所はわかっていたので割と早くできた。
けして、簡単ではないけど(苦笑)

080610b
フタを開けたところ

080610c
背中には中の荷物がごつごつ当たって痛くならないよう、ウレタン芯を入れました。

今回も?刺しゅうはシンプルにネームロゴのみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/09

デザインセンターでネックになること

たまにはデザインセンターでも、と開いてみた(そういうものか???)

デザインセンターでの読み込み精度は前に比べてぐっとアップしたんですよ!と会うたびスタッフみんな強調するので確かめてみたい、というのもあって(^^;)コラコラコラ
原画を開いて輪郭線とみなす色の抽出をして。。。などと進めていった。
途中「境界線」という言葉にはて?(・・?)
境界線、にチェックを入れると入れないとでは、もちろん?変わるわけだけどいまいちその意味がわからなかった。今回は入れない方がきれいに変換されることがわかったので、入れなかったけど。そして、pelへ変換、と。

今回使った原画は輪郭線が太い。
なので「細線化の処理」をするのは当然として、原画の線が太い場合、設定値は大きめにした方が良い。
080609a_2
原画はこれ

080609b_5

「細線化処理」の設定値を大きめにして変換させた輪郭線データはこれ

080609d_5

ちなみに「細線化処理」をデフォルトもしくは「小さい」でやるとこうなる(苦笑)

なんかこっちの方がきれいに見えるけど、これは「面」で認識されちゃってるのでダメなんだな(苦笑)

初めに戻って。
細線化処理で太い輪郭線もきちんと認識させられたのはいいとして。
交差する線の認識が苦手みたいね、刺しゅうプロは。
前にチムさんも書いてらしたけど。

080609c_4

なぜかこうなってしまう。ということは、原画の段階でこれを見越して、交差する線はあらかじめ細くしておく等の策を講じる必要がある、ということかなやっぱり(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/08

守やが好きだった

作家の氷室冴子氏が亡くなった。
ニューストピックで「氷室冴子氏死去」とだけ見たときは、一瞬何のことって思った。
確かに最近、集英社の新刊本案内で見ないな、とは思ってた。
でもまさかガンを患ってたとは。。。

初めて読んだのはどの作品だったかなー、たぶんクララ白書だったと思うのだけど。
これまた、初めてこの人の作品を全部読んでみたい、と思った作家だった。
でもやっぱり一番好きだったのは「なんて素敵にジャパネスク」シリーズかな?

高校の頃は大和和紀の「あさきゆめみし」も好きで、単行本が出ると飛びつくように買ってた、そして「なんて素敵にジャパネスク」

子供の頃からずっと本読むのが好きだったから、国文科に行きたいと思った時期があった。中でも王朝文学をやってみたかった。。。のは、これら2つの作品の影響が多分にあったと今でも思う(苦笑)

いろいろあって、進学は短大か専門学校まで、と親に言われていたので、結局は短大の被服科に進んだのだけれど。

以前は外伝とかサイドストーリーとかって言ってたと思うのだけど、今はスピンオフって言うのだっけ、「なんて素敵にジャパネスク」は番外編が結構充実してて、それがまた好きだった。特に守弥(変換できた^^;)の出てくるシリーズ。
自ら頭脳派と称して練りに練った綿密な計画を立てて確実に実行に移したはずなのに、最後は。。。(!)となってしまうあたりなんかが。

私はきらきらした主人公より、半歩後ろにいるようなキャラが好きなのかもしれない。
「エイリアンストリート」のセレムも好きだったし(苦笑)

「なんて素敵にジャパネスク」「冬のディーン・夏のナタリー」そしてなにより「蒼の迷宮」続きを読みたいシリーズはいっぱいある。
冥福を祈りつつ、遺稿とかもないのだろうかと思ってしまう自分は不謹慎だとは思うけれど、そのくらい好きだったということで。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/03

ミシンカフェ?

先日、とあるお仲間とミーティングをしていたときのこと。
○○カフェ、の話になった。
ニットカフェ、刺繍カフェ、最近はお茶飲みながらのんびりと手作り、という形態をよく見るようになった、じゃ和裁カフェ(!)なんていいかも~とその時は盛り上がったのだが。
帰り道、私は和裁カフェがアリなら洋裁カフェ、ミシンカフェがあっても!と一瞬思ったがすぐに自分で自分を却下した。
ムリだわ。。。お茶飲みながらミシン、なんてのは(苦笑)
だいたい、ミシンにお茶こぼしたらどうする(←子どもか?)
ミシンは音が出る、ゆえに誰かと話そうと思うと自然に声が大きくなる(←オバサンの井戸端会議?)
声が大きいどころか、怒鳴りあいか?というくらいになろうものなら相当コワい、傍で見てて(!)

そもそも、人数分のミシンをどうやって用意する?
車社会のアメリカではソーイング教室でも、マイミシンを持参するのが当たり前らしいが日本でそれはムリな話。

そういえば今を去ること数年前、ニフティのFクリでも。
刺繍部屋とかキルト部屋とかでは、部屋ごとにどこか会場、公民館の会議室とか借りて、みんなで適当に持ち寄ってちくちくとかやってるのがうらやましくて。
ぜひソーイング部屋でも、と言う声が上がるもののネックは「ミシンどうする」だった。
どういうコネでそうなったか忘れたけど、シスオペが某JUKIの営業さんに話をつけてくれて、JUKIが15台くらいだったかな、ミシンを貸してくれてついでに会場まで借りてくれて(!)後にも先にも一度だけ、講習会が実現した。
そしてそのとき縫ったベストは、その年のくりぱーのソーイング部屋の展示にもなったんだった。
みんなで一斉に縫ったりアイロンかけたりの作業は、普段お互いの作業ぶりを見ることが無いだけにいろんな発見があって、とにかくおもしろく、またためになった。

今ではもう遠い昔の記憶。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/01

ウィング2本針

某SewCoの方にウィング針使った縫い見本を載せたのだけど。
同時に思い出したウイング2本針。
さすがにそっちは持ってないので、久し振りにナンシーノーションズなどを見てみた。
でも見当たらなかった。
もう無いのかーと思いつつ検索かけてみたら。
ベルニナ(の純正針)の中にあった(^^;)
ベルニナジャパンのサイトにあるということはどこかその辺で。。。と思ったけど、そうだ新宿モギーさんがあるじゃないか(!)以前、やはりベルニナのラメ糸用の刺繍針をお試しにとよくしてもらったのを忘れそうになるとは、なんて不義理なわたし(爆)
今度オカダヤ行った時、早速注文をお願いしてこよう。
ウィング針のもう一つのサイズもね。
ブラザーが扱うウィング針は1サイズしかないけど、ベルニナにはもう1サイズあるのだ。ええと、サイズ番号からするともっと太くなるのかな???

ウィング2本針、どう出るやら(^^;)
ベルニナには専用というか適した模様が用意されてるかもしれないけど、たぶんD300にはないから。

楽しみ楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »