« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/24

兼用。。。

今日はメンズのシャツを縫っていて、袖口のスラッシュ開きを作っていたのだけど。
縫い代を落ち着かせたり、折り目をつけるのに、いつものティファールアイロンではなく和裁用のコテを使いました。深い意味はありません、コテの方が小回りが効くから~、というだけ(苦笑)
私の鏝釜は温度調節ダイヤルもついてるから、温度が上り過ぎてしまうことないし。
細かい部分にも大きくて重いアイロンの、端など使ってやってきましたがこれからはもっとコテを使おうかなぁ。。。
080324

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/21

拡大・縮小。。。何これ~(笑)

Base
とある市販カードの模様ですが。
Ctrlキーを押してサイズ変更すると・・・とあるので、縮小しました(もうちょっと小さいのがよかったので)
そしたら。。。


Flsmall_4

あららこれは。。。(^^;)
刺繍データの一部がぶっ飛んだようです(!)元々小さめのデータをなお、小さくしようとしたらいけないのね、と。




Flbig_3

。。。大きくしてみてもぶっ飛んでます(爆)このデータはこういう仕様だったのね(苦笑)
Ctrlキーを押さずにスライダー動かす分には平気なのに。
でもCtrlキーを押しながらじゃないと、糸密度や針落ちパターンは保持されないのよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/19

同じイノヴィスだけれど

先日、ひょんなことからイノヴィスM200を使う機会があった。
私のD300より小型ではあるけれど、糸カセット式の80とか100に比べたら、いわゆるフルサイズという大きいタイプなので、そんなに使い勝手は変わらないだろうと踏んでいた、しかし。
やはり?微妙なところでいろんな違いが。。。(^^;)

例えば刺繍をすべく。
液晶画面に模様一覧を呼び出してどれにするか決めたまではいいけれど。
選んだ後、確定するにはどこ押せばいいの?????
D300では下の方に「縫製」という文字が出るから、そこを押すことで確定する、でもイノヴィスM200には「縫製」という文字が、見当たらなかった。結局それは、メモリ(ポケット)に保存されていた模様だからか、ポケットのアイコンを押せばいいのだ、と判ったけれど。
その後も、上糸を通そうとしたらなんか通しにくい。
針のすぐ上の糸案内(いわゆる6番^^;)はD300でもちょっと通しにくいことは事実。
でもそれにはちゃんと訳があることは知っているので承知の上、だけどD300よりなお、通しづらいのだ(^^;)
感覚としては、上に被さっている樹脂のカバーから出てる針棒の長さがD300に比べて短い感じ。だから糸を、6番に通そうとしてるのに糸通し器に絡んだりもしてしまう。
D300に比べて針棒の位置がもっと奥にあるようにも感じる。実際の寸法は測ってみてないのであくまでも感覚、だけど。
イノヴィスM200とほぼボディの形が同じイノヴィスN150は以前、お友達の家で少し触らせてもらったことがあるけど、そのときは特にどう、ということはなかったなぁ。
たまたま、あの日は私がそう感じただけで、また別の日に使ってみたら感想は変わるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/15

生地によってパターンを変える

伸縮性のあるニット地と特に伸縮性のない布帛とではパターンが違う、同じパターンでは縫えないというのは良く知られているところだと思う。でも実は布帛でも、生地によっては同じパターンでは縫えない、着心地がまるで違うということは往々にしてありえます。

私が独身の頃勤めてた会社は主に、てろんとしたファイユを使ったブラウス&シャツを作ってた。帝人のファイユを使っていたのだけども、これはそんなに薄くないのに柔らかくて肌触りの良い生地だった。

でも。この生地でつくったときにはほどよくゆとりがあってほどよくフィットしてすごく着やすいのに、同じパターンを使ってちょっと張りのあるような綿、もしくは綿ライクな生地で作ったら。
ちょっとこれ、全然ゆとりが入ってないんじゃないの!?と思ってしまうような着心地になってしまったことがある。
上がり寸法は全く同じ、決して縫い縮んだりなどしてないのに。

冬場に生地の厚い、メルトンだとかモッサなどでコートを作る場合、厚みに取られて内寸が小さくなってしまうから、厚み分をパターンに加えるべし、というのも割りと良く知られてはいると思うけれど。

伸縮するとか、厚い、以外にもゆとりの分量を変えないといけない生地って実は結構あったりする。
今回縫ってた2本のパンツの生地もそう。先生がこれと同じものを、といってお持ちになったサンプルパンツの生地はしゃり感はあるものの、割合落ちのいい柔らかめの生地。
対して、この生地でとお持ちになった2枚のうち、一枚はよく似た質感の柔らかめの生地だったので全く同じゆとりでパターンも作って、縫った。でももう1枚はなんと合皮(^^;)
基布はけっこう伸縮するニット地、その上にポリウレタン(たぶん^^;)を張って皮の質感を出した生地。基布がニットなので、思ったよりは伸縮性があったけどサンプルパンツやもう1枚の生地に比べると「硬い」感じは否めない。
ということで少し大きめ、つまりゆとりを多めに入れました。
ラテンダンスは動きが激しいので腰周りとか股の部分にね。
裾幅とかは殆どそのままだけども。。。ってでもやはり?ちょっと厚い生地なんで厚み分は入れました、ゆとりに比べると微々たる量だけどね。
あとは実際に先生にはいてもらって踊ってもらって確認して、微調整、ですな(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/13

おもちゃの缶詰

080313
森永のチョコボールの金もしくは銀のエンジェルでおもちゃの缶詰がもらえる、というのは実に私が子どもの頃からあったけども、私は実際におもちゃの缶詰を手にすることなく成人してしまった。
もう一生縁のないもの。。。かと思ってたら今度は親として、かかわることになろうとは(苦笑)

ちまちまと子どもが集めていた銀のエンジェル、先日ついに5枚目が出た!?のでこれから郵送してやるところです。なんでも今は、チョコボール発売40周年企画とやらで、黄金のキョロ缶となるそうで。
そうそう、今はおもちゃの缶詰、ともいうけどキョロ缶ていうのね。形もキョロちゃんで。
そうこれまた実はうちにはキョロ缶、いわゆるおもちゃの缶詰が既に1コあるのだ。
今回の応募はだから、2回目。
でも今回は黄金の。。。ということなので、中身もちょっとは変わってるかも?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/12

携帯変えた

正月に実家で弟から「いつまでそんな化石(!)みたいな携帯使ってんの!happy02」と言われたからではけしてないけど、携帯の機種変更しました。バッテリーの持ちが悪くなってきたな、とは思ってたしちょうどナントカキャンペーンやってたしね。
でもね~モノグサな私としては機種変更→キーの割り振り、使い方をまた覚え直さなくてはならぬ、と思うと二の足を踏んでしまうわけ(苦笑)
弟はなので、同じメーカーのものを使うようにしてる、とは言ってたけど。
でも私の場合、その前にとにかく薄いモノ、というのが第一条件にくるので今回、メーカー変わってしまった~(^^;)

あ、なんで薄いのがいいかというと着物着たとき帯に挟むため(苦笑)
桃さんのもしもし小箱(帯につける携帯ケース)も使ってはいるけど、フォーマルとか着物の種類によってはちょっと、というときもあるのでね。

080312
までも、8割ぐらいは前の機種と同じ使い勝手だったのでホッとはしてるけど、でも大事な機能、例えばマナーモードの設定解除のボタンの位置だけはぜんぜん違ったのでまだ、マナーモードにするつもりがなぜかメモ帳が立ち上がってたりします(苦笑)
そういやこれはワンセグ携帯とかでTVも見られるらしいけど、テレビってどうやって見るのかな?(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/07

やっと、決定

運送屋(引越業者)の都合やら、子どもの学校の行事日程やらが絡み合って、この日はダメ、あの日ならどう、と散々すったもんだした挙句(というほどでもないか^^;)にようやく引越日が決定。
新規契約の方はすごいスピードで進んでいったのにね(苦笑)
他の入居者さんたちに比べると約1ヶ月遅れになるけどマ、いいか。
全然違う地域からの転入じゃなくて、ちょっと移動するだけだもん(苦笑)
某クライアントさまにしばらく休む旨伝えた時、徒歩15分のところに越す、と言ったらぷっと笑われたくらい(!)

ダンナは、今の部屋の退去届出した?とか、新居の子ども部屋の家具決めようなどとのどかに言ってるが、引越日が決まらんのに、んなことできるかって感じ(--;)

でもやっと昨日、学校行事の確認も済んで日にちを決めて引越業者にも連絡したので具体的に動き出せます。
まずは下息子の小学校の校長に直談判学区外通学認定をしてもらうべく、校長を捕まえなくちゃ(^^;)
上娘の中学は学区内移動なので問題無し、と。。。

仕事部屋のクロゼットに目一杯詰まってる私の生地(!)を半分に減らす作業も始めないとねェ(^^;)
ずっと持ってた10年分(!)の装苑もやっとスクラップして処分する決心がつきました。
古いミセスのスタイルブックも同じく。

さて。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »