« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/23

忘れた頃に注油(爆)

今日もまた縫い物に励む日々。
シフォン半円3枚接ぎ2枚重ねスカートをせっせと縫ってたわけですが。
端始末をすべく、ロックの糸調子を確認してたらいつもと違う音が。
針にルーパーが異常接触してる?と一瞬思ったけどちょっと違う気もする。
そこであっ、と気づいた。久しく油差してなかったわ(爆)
ヌーベルは油が切れてくると如実に音が変わるのですぐ気づくけど、けなげなホームロック(笑)は相当経たないと悲鳴をあげない(!)
まずは糸クズをブラシで掃って注油したらいつもの音に戻った、ははは、やっぱり油切れだったのね。

思えばこのロックとの付き合いは20年近い。
昨年末、現行のホームロックは久々全面リニューアルをして、文化やモードで講師もしてるような担当者様から、どこがどう変わったのかを事細かに説明してもらって、かなり傾いたのは確か。けど、ボディが黄ばんでしまったとか部品が一部ちょっと割れた等以外、機能部分では全く故障のない今のロックを簡単に捨てる気にはなれない。もうとにかく、手に馴染んでいるから。
センチメンタルなことを言えば、アノ服もこのドレスもみんなこのロックで縫ったわね、なんて思い出もあるし(苦笑)まァいくら思い出があっても、道具である以上使えなくなったらさっさと処分すると思うけど(!)

20年だろうが30年だろうが、可能な限り、私に付き合っていただくとしましょう(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/22

ところで

(アップグレードキットも含めて)刺繍プロVer.7を既に入手できた人ってどのくらいいるんかな。。。(^^;)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

三巻押さえの比較

この2日間ほど三巻ステッチと格闘してました。
三巻ジグザグはシェルタックという言い方もあるみたいですが。

今のクライアントさまのドレスの裾の始末は、前のクライアントさまと違ってジグザグ三巻始末。でまぁ、当然?Dくんにがんばってもらうわけだけど、今回の生地を見て思わずうっ(^^;)
三巻ジグザグ自体は別に初めてじゃなくて他のお客さんのドレスでも散々やってきたけど、これまで殆ど薄いシフォンもしくはそれに類する生地ばかりだったんだよね。
んが、今回はなんとサテン、それもストレッチサテン(!)
よぎる一抹の不安。。。は的中(爆)
巻き込みにくいわ、よれるわ、で慣れるまでちょっと時間かかってしまった。
加えて結局しつけしないとダメだなー、ということで、順調に行けば1日もかからない工程に2日かかってしまったというわけ。
でももう、これで今後サテンの三巻がきても大丈夫・・・・のはず(^◇^;)

ところで私は今は、ジグザグにDくん使ってるけど前は至ってシンプルな電動ジグザグを使ってた。
そのときも三巻はしてたから、そのミシン用の三巻押さえも持ってる。
Dくんの押さえはワンタッチ式なのでDくん買ったときに、それ用の買ったけど、並べてみてふと思った。両方使えるかも(!)
早速はめてみたらとりあえず、装着はできた。
考えてみりゃどっちもローシャンクなんだから高さは合うはず(苦笑)
ブラザーの以前の刺繍ミシンではアダプタが必要な機種もあった記憶があるけど。。。
振り幅も問題なさそう。裏のミゾはブラザー純正の方が良さげだけど、巻き込みの部分の形状が微妙~~~~に違うのよ、純正品と汎用品では(^^;)
縫ってみての感触はどう違うのか楽しみ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/17

大型刺繍分割機能の接続部分

ステッチデータの分割、と大型刺繍分割機能の違い。。。。

刺しゅうプロVer7のページの大型刺繍分割機能のコーナーの画像。。。小さくて見づらいかもしれないけど分割線が平行に2本、入ってる。
この平行な2本の間が接続部分で、継ぎ目が自然に見えるよう調節してくれる部分なわけね。
だいたい7,8ミリ弱だったと思います。この部分だけ密度を間引いたり針数を減らすなりして左右、あるいは上下からの2つの分割データが重なったときに、初めて一つのデータになるよう(見えるよう)縫い設定を調整してくれるというわけ。
実際に刺繍するとき、ワクへの張りの甘さ、縫い縮みなどでズレさえしなければ、裏を見なくては継ぎ目が分からないほどキレイに、できる。。。はず(^^;)
2年前に聞いた説明だけど(!)
刺しゅうプロVer7で作ったサンプルを、ホビーショーに持ってきてくれてたのでNIKIさんと二人でチェックしましたが(笑)それはそれはきれいでした(^^)
(初日にはまだなかったのよ>サンプル^^;)
でもこのサンプル作品で使われていたのは走り縫いだけだったので、サテンや畳み縫いだとどうなのか、早く見てみたいなァ。。。(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/16

きっと、いつか

週末遊んだツケ(^^;)を返すべく!?昨日まで必死に仕事を片付けてた。
まだ途中だけど、今日は買わねばならぬ資材があったのでオカダヤへ行った。
ついでに「刺しゅうプロVer.7」のアップキットを取り寄せてもらおうと、モギーさんを覗いたらおじさんは居なくて長身の息子さんの方がいらしたので、息子さんに頼もうとしたら
「すみません、うちではVer.7を扱えないんです(!)」

そっか。。。まだなのか(^^;)
すぐに欲しかったらあの、「一部特約店リスト」にある店に頼むしかないのか。
うちから一番近い某JOYさんへは30分ちょっとで行ける距離ではある。
だからそんなに大変なことではない。新宿へだって30分弱かかるから。

でもなぁ。同じ買うなら、ずっとよくしてもらったお店で買いたいと思うのが人情。
私の場合、もうミシンは買えないから(^^;)

おじさんはかなり先にならないと入荷しない、と仰ってた。
それはしばらくすれば買えるようになる、という意味でもあるのだろう。

さて。。。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/15

無いものねだり。。。

現在愛用中のD300、そして新発売の4000。
刺繍範囲だけで言えば、一回り(2センチほど)大きくなるだけ。
オートマティック糸通しも、いいなぁとは思うけど、Dくんの糸通し器でも私は充分。
だいたい、ヌーベルやホームロックには糸通し器すらないわけだし(苦笑)
カラー液晶もそんなに欲しいものでもない。
でも、一つあきらめられないものが(^^;)
それは「マイイラスト」機能。海外版のミシンを見るたび、いいなぁと思ってて(海外ではマイカスタムステッチ)、担当者さまにも「何で日本では搭載ないのよッ」と迫ること数回(苦笑)
やっと、できたと思ったのに。。。まだDくんの保証期間も明けてない(爆)
刺しゅうプロにある「ステッチクリエイター」で作ったステッチをミシンに転送して登録、とかそういうの無理かしらん。。。(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/14

刺しゅうプロVer7

えと、私はずっと刺しゅうプロを使っているので、新たに加わった機能、変わった部分だけ、書き出しますね(^^)

まず、長年の懸案だった(爆)「大型刺繍分割機能」がやっとつきました。
設定可能範囲は1m四方です。これはPE-Designと同じですね(^^)

レイアウトセンターでの面設定に「モチーフ縫い」が加わりました。つまり、ステッチクリエイターで作ったモチーフステッチで埋め刺しすることが可能に。これに伴って、というかなんというかVer6では大きさが1センチ角までしかなかったのが、もっと大きくできるようになりました。

レイアウトセンターにあった「カード書き込み」のメニューがデザインデータベースに移動しました。えー、いちいちDDB立ち上げるの面倒くさ。。。(^^;)と思ったら、レイアウトセンターの「オプション」の中に「デザインデータベースを起動する」メニューが増えてました(!)

モノグラム機能がちょっと、充実しました。使える文字の種類は相変わらず(!)少ない(3種、だったかな)けど、枠模様が充実しました。これまでは枠模様って10種くらいしかない上、単色のしょぼいシンプルなものしかなかったけど、Ver7ではカラーで、そこそこ凝った20種ぐらいのうちから選べるように(^^)
枠模様はモノグラム機能以外でも、単体で模様としても使えます。モノグラム機能で使うと、枠模様と文字の変形が連動するので良いのですけどね。でも、使える文字の種類が少ないのでは、まだちょっと使い道が限られそう????(^^;)

オリジナルフォント作成機能(フォントクリエイター)がつきました。要するに自作文字を、刺しゅうフォントとして文字選択のプルダウンメニューに加えることができるってことですね(^^)でもオリジナルアルファベットなど欲しかったら、自力でこつこつ26文字作らねばなりませんが(爆)
まぁ一度作ってしまえばあとは呼び出すだけだから楽なんですけどね(^^;)

デザインセンターでは、下絵(原画)表示ができるようになりました。原画を読みこませて輪郭線に変換した後、編集するのに原画を重ねて見ながらできるってコトですね。
輪郭線編集中に、任意の部分で輪郭線を「切る」ことができるようになりました。
またデザインセンターでの最後のステージ(色付け)にレイアウトセンター立ち上げアイコンが付きました。

5/15追記:輪郭線の走り縫いが3回まで設定できるようになりました。これまでは2回までだったので、走り縫いで少し太い線も作れるようになったということですね。

んーと、だいたいこんなところかな?また思い出したら追記します(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/13

ホビーショーその2

前日の子どもの体育祭があまりにも「どピーカン」だったため、やっぱり娘が倒れるかも(!)と不安だったけど、朝になってみれば意外と元気だったので、出かけることを決めた鬼ハハなわたし。今日は母の日なんだもの、いーわよね????(意味不明^^;)
しかし、どピーカンの影響は私にもしっかりあって。。。顔は化粧でカバーしたものの、あちこち真っ赤に日焼け(←あほ^^;)
こういうとき、ほぼ全身を覆う着物って良いわーと思ったけど、胸元の日焼けだけはどうしても隠せないまま(爆)暑くなりそうだったので、長襦袢を省略した「うそつき」で出かけました(^^)v
予定が流動的だったため、誰とも約束しないまま出かけた最終日、会場入りすると適当に歩き始めた。日曜だから混んでると覚悟して来たけど思ったよりすいてる(!)
きらきらしたブースはどこかと思えばスワロのブース。仕事でスワロフスキーの石を大量に使うので、ダメ元で聞いてみたらやはり個人への卸はしてないとのこと。はは(^^;)やっぱりどこか問屋さん探さないとダメなのね。
初日に大抵のところは回っていたけど、そういえば画材系ゾーンはあまり見てなかったな、とそちらへ。初日に行かなかったのは、きっとたぶんスクラップブッキングものブースばかりだろうと思ってたから(^^ゞ
「さくらほりきり」で見たキット買おうか、カーラクラフトのパンチを今年は買おうかどうしようか、などと考えながら歩いていたら背後から「あの、ユリウスさん?」というお声が。初めは空耳かと思ったが(ごめんなさ~い^^;)振り向いたら、そこには素敵なフリーレースのジャケットを着こなしたNIKIさんが!
あーっ、今日いらしていたのですねぇ(^^)と、ご挨拶したら「実は今日abuさんが来場される予定なんです」えぇぇえなんですって~(^^;)
abuさんのブログで来日される予定であることも、NIKIさんがホビーショーの案内をコメントされていたのも知っていたけど、私がぐずぐずしているうちに旅立ってしまわれて。某ミクシの方で刺しゅうプロVer.7の発売が楽しみで、拙宅を何度も見に来てた、と聞いていただけにメールしそびれたことを後悔していたのでNIKIさんのお申し出に、イチも二もなく即お約束。
もともと、今日は誰とも約束してないフリーだったし。
abuさんが着かれるのはもう少し後だったけど、はるばる南米からいらっしゃる方なので、ぜひともVer.7の解説をしてあげて頂きたいと、3代目担当氏にお願い無理やり約束して、一旦NIKIさんとお別れ。
私はそのまま、ブラザーブースに残って再びVer.7のお話その他を。
イノヴィス4000の実売価格から、D300の底無しのような値崩れのことまで(^^;)
どうしたら13万だの15万だのという、どう考えても下代切るような価格で出せるのか不思議で仕方なかったから(^^;)
実際、どういう商売の仕方をしているかは、そのミシン屋さんに聞いてみなくちゃ分からないけどね。
イノヴィス4000が出たのもなんとなく、むべなるかな、という感じ。けどやっぱり、これをPBミシンというにはちょっと違和感あるな~こんなに大々的にデモしといて(苦笑)
アニュドールの話にも笑った。ユザワヤのあの羊って「金の」羊だったんだ(^◇^;)

やがてabuさん到着。abuさんはとてもお孫さんがいるようには見えない、お若くてほんわかした方でした!(^^)
早速、Ver.7のデモンストレーションを。NIKIさんは前日に既に説明受けられたということで、私達二人は背後から見守る形に。abuさん、さぞやうるさかったことでしょう。。。ごめんなさ~い(^^;)
「相手によって説明を変えたりしないよ」と担当氏は言うけど、でもその画面。。。(^^;)
わたしゃ初めて見たわ、そんなのあったのね。まぁいいけど(苦笑)
abuさん、NIKIさんの前だから突っ込みはおとなしめにしてたつもりだけど、担当氏の勘違いを正した時にはついいつもの地が。。。嗚呼~(^^;)
デモを終えた後は閉場までもう残りわずかだったけど、会場を巡ることに。これが某さん御愛用のSEねっ、と見入ったり、ニットソーイングクラブの作品を見たり。
朝、会場入りした時はこうなるなんて思ってもみなかったけれど、こんなに嬉しい誤算なら大歓迎な一日でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/12

ホビーショーその1

怒涛の週末が終わりました。。。(^^;)
これまでは、GW明けの週末はホビーショー行ってきました~(^◇^)ノで終わるのだけど、今年から子どもの体育祭も飛び込んできてもう。。。以下省略(^^;)

ここのところ、毎日行くのが当たり前になってたホビーショーだけどそんなわけで今年は、初日と最終日だけ、行ってきました。最終日も、前日の体育祭疲れで子どもがぶっ倒れるかも、という心配があったので不確定なものでしたが(^^ゞ

まず初日。↓の記事で触れていますが、直前にしなぼんさんと会場でお会いすることを約束。なのに私ときたら、会場入りが大幅に遅れて。。。(^^;)
しなぼんさんがいらっしゃるまで、ブラザーブースでイノヴィスとか見ていたら刺しゅうプロVer7の説明を受けてると思しき方に、目が留まりました。似てる。。。。ここのところ、ご無沙汰してるなおなおさんに(^^;)
私があまりにも見つめすぎたせいか(苦笑)なおなおさんもこちらを向いて気がついて下さいました。
「お久しぶり~っ」よもやいらしてるなんて思ってもみなかった(失礼!^^;)ので、本当にお会いできて嬉しかった(^^)お互い、もう長い付き合いになる初代担当者さまが午後イチで来られることを伝えて、じゃぁまたここで、と一度お別れ。

そうこうしてるうちにブラザーブースにしなぼんさん到着。しなぼんさんは縦ロール(姫ロール?)のお似合いな若くて華奢な方でした。とても小学生のお子さんがいるようには見えないッ(^^;)
自分のおばちゃんぶりがちょっと恥ずかしかったりして(爆)
ブラザーブースの、新製品「イノヴィス4000」を使った体験をなさりたい、ということでさっそくエコバッグ作りへ。用意された刺繍は5/1に発売されたばかりの「BIGSIZE」という刺繍カード。ちょっと「レッドワーク」に似たアーリーアメリカンな感じかな?(^^)
刺繍しながらいろいろなお話を。。。体験で作ったものやホビーショーの感想などなど。

その後、お子さんの帰宅が早いのでとお帰りになり私は、名古屋(本社)からいらしたCS(修理技術部門=たぶん^^;)の方とお話。以前に、私のD300の「糸通し器」の調子が悪いことを3代目担当者に伝えたら、その方とお会いできるよう取り計らってくれたのでした。帰宅して早速、教えて頂いた通りに直したら、全く通らなかった糸が通る通る(^^;)壊れてたのがウソのよう。
しかし、会場では別の不調が見つかったのですけどね(!)
私のDくんの前からなんかヘンだなーと思ってたこと、かくかくしかじか、「ここの画面で終わってその後はうんともすんとも言わないのよね。。。」と言ったら初代&3代目担当者は声を揃えて「そんなはずはない!」
ブラザーブースには今回イノヴィスD300は無いので、某ミシン店のブースまで行ってミシン借りて「こういう画面が出るはず」と3代目様は言うけれど「そんな表示、見たこと無い」私(^^;)
後日、原因はおそらくここだろう、というのは判ったけどでも私の手に負えるはずもなく。。。「あきらめて修理出してよ」と3代目さま。はい、考えときます(^^;)

午後イチで初代さま、なおなおさんと3人久しぶりの対面を果たした後は、Ver7を見せてもらうことに(^^)
今回、刺しゅうプロVer7発売直後ということで刺しゅうプロのアテンドは二人いらしてて、なおなおさんは既に午前中、若手の方に説明を受けてたのだけども、どうしてもその、カタログに書いてあることをしゃべるだけ・・・。だからなおなおさんも初めは、ヴァージョンアップするほどでもないな、と思ったそう(^^;)
でも某3代目様にあーでもない、こーでもない、といつものように突っ込んで聞き出したら出てくるじゃないの、カタログには書いてないことが(^^;)
「えーそんなの書いてあったっけ?(・・?)」
3代目様「いや、あのカタログはその・・・(^^;)」
「バージョンアップ用アドヴァンスカタログあるといいのに」とはなおなおさんの弁
さすがにそれは無理かもしれないけど、「サイトの方にはページすぐ作る」と約束してくれました。
楽しみにしてますわ、ほほ。3代目さまから話を聞いた後はなおなおさんも「これならバージョンアップしてもいいかも(!)(^^;)」
加えてこういう機能があるといいのにねぇ、ジャノメの「デジタイザープロ」にはあるのにねぇ(爆)とクレーム要望を出してきました。今年のキルトフェスでチムさんと二人、ジャノメでデジタイザープロのデモをしてもらったときのことを話したら、なおなおさんも大受けでした(笑)

やがてなおなおさんは、電車の時間があるからとお帰りになったので今度はS氏と会場めぐりへ。。。といってもどうしてもやっぱりミシンメーカーブース回りになってしまうのだけど(^^ゞ
ベルニナは今回、新製品はなし、ジャノメも新製品はないけどキルトフェスでも出てた4針の刺繍ミシン「MB-4」のカタログが出てたので、貰ってきました。お値段も書かれてまして税込み71万ちょっと。PR-600も70万くらいなので、だったら6針のPR-600の方が良いんでは(^^;)
ハスクバーナでは「サファイアシリーズ」が出てました。約25万ナリ。しかし初代さまによるとアメリカとかでは価格帯がちょっと、違うらしい(^^;)また、刺繍機のついてない、実用専用ミシンに見えたけど、やがて別売り刺繍機が出てくるかもねぇ(!)
○○の××シリーズはどこそこのOEMだとか、△△社は初めの頃ブラザーと。。。。とか、初代さまからの情報はいつも「へぇ~」の連発です(^^ゞやがてあっという間に閉場の時間。
いやいつもホント時間の過ぎるのが早いわー(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/11

イノヴィス4000、見てきました

今日から毎年恒例のホビーショー、今回私は諸般の事情(苦笑)で確実に行けるのは初日の今日だけ、ということで行ってきました、ミシンを見に(^◇^;)

しなぼんさんもいらっしゃるということで、お約束したのにいきなり大遅刻(!)でほんとに失礼しました(^^;)

新製品「イノヴィス4000」を使ったミシン刺繍の体験をなさるしなぼんさんの後ろで、ほーこれが~と品定めしてました。体験を担当してくれたのがたまたま顔見知りのスタッフだったので、あれこれ聞きつつ。。。
で、我がイノヴィスD300とイノヴィス4000の違い。
ミシン本体も刺繍機も実は大きさは変わらない、とのこと。
すごく巨大なイメージがあったのでなんか意外(^^;)
というか、D300の巨大さ(!)に私は知らないうちに慣れてしまってたのねぇ(苦笑)
追記:すっかり忘れてたけど。。。「イノヴィス4000」は欧米で既に発売されてる「イノヴィス4000D」の日本版なんですね。で、初め日本では「イノヴィス4000D」ではなく「イノヴィスD300」が発売されました。なんで、4000ではなく300なのか?と聞いたら4000には「自動糸通し器」がついていて、その分ミシンの幅がD300より10センチほど大きくなる、そんなに大きいミシンは日本の住宅事情に馴染まない、という説明だったと記憶してます。
でも~今回の「イノヴィス4000」に自動糸通し器、つけたよね。でも大きさはD300と変わらず、ってボディサイズ、変えなくても実は搭載できたってこと?(^◇^;)
しつこく(^^;)追記:初代さまはD300も4000も大きさが一緒だという。3代目さまは、オートマチック糸通し器部分の3.5センチくらいは4000の方が大きいと言う。ミシンの実物実測ではなく、カタログでの表記比較では横幅の大きさは同じでした(爆)ただし、これは刺繍機をつけた状態なので、もしかしたら本体の大きさは違うかも(^^;)

でその、今回の目玉!?の自動糸通し(^^;)
これまでは糸通し器の操作は人間がしなくちゃ、だったけどこの糸通しは指定された場所まで糸端を持ってきて切り、糸通しボタンを押せば、ウィーンという音とともに針穴まで通ります。その動作には思わず見入ってしまいます。いやー、確かにラクそう(^^;)

それから液晶画面がカラーに、そして画面が少し大きくなってる。
D300の液晶画面の下方にはミッキーの顔シルエットのプレートがついてますが、そのプレートがなくなってその分液晶画面が広がってたのでした。
液晶がカラーになった。。。。からかどうかわかりませんが、動画が見られます。
いわゆるティーチング機能を表示させると手順説明が動画なんですね。個人的に動画の必要性はどこに?と思いましたが(^^ゞ

直接スタッフに聞いてへぇ、と思ったのは縫い速度。家庭用の回転数は基本的に最高800回転なのだけど、4000は1000回転まであげたそう。もちろん、最高600、350回転などと設定が変えられるのは従来どおり。うーむ(^^;)


あとはまぁ、カタログにもありますが直線専用の針板&押さえがつく、これまで殆どオプションだった押さえ金が標準装備、ウォーキングフットやフリーモーション押さえ等。刺繍枠もおんなじで、D300だと最大枠と10×10の標準サイズだけが標準装備でしたが、4000はこれまでのオプション枠を含めて4つの枠が標準添付。

えーと、あとはなんだったかな、ちょこちょこ書き足します(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/09

刺しゅうプロVer7とイノヴィス4000

刺しゅうプロのVer7がやっと出ましたね。。。(^^;)
といっても発売は11日らしいですが。
イベント(ホビーショー)に合わせて発売、なんてどこぞの某ベルニナみたい(苦笑)

でもって「イノヴィス4000」(^^;)
ヴァージョンアップのことばっかり考えてて、ずっと前に聞いてたサプライズ(!)のことをコロっと忘れてた(爆)けど、そーかこのことだったのねぇ。
オートマチック糸通しやら刺繍範囲やらに目を奪われてしまったけど、そういえばペットネームに「D」が入ってない。。。。てぇことはこれはミッキーさんやプーさんは居ない、とそういうことね?????(^^;)

実用縫いでもこれまで殆どオプションだった押さえとかが根こそぎ標準装備になってる。

しかしプロパーで税込み56万かーッ(^^;)

いつか考えよう。
刺繍範囲でいったら今のDくんより周囲2センチくらい大きくなるだけだし(←負け惜しみ^^;)

さ、仕事に戻ろ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/05/05

禁断の・・・まではまだ遠い(^^;)

3日に印付けをした木綿のひとえ。
木綿なんだからせめて背縫いと脇縫いくらいはミシンでが~っと縫ってしまえ、とささやく声が聞こえるのに(^◇^;)結局、踏み切れずに手縫いでちくちく(苦笑)
070505
背伏せ布を絎けつけてます。連休中に縫いあがるなんてとんでもなかった。。。わ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/04

どーもくん

今日は(珍しく^^;)家族で渋谷へ行ってきました。
ナニしに行ったかというとこちらのイベントへ行ったのでした。
前日の朝、息子がぼ~とTVを見ていたらこのイベントの宣伝スポットが流れて。。。息子が画面に釘付けになっていたので(笑)、ならば明日行くか?ということで今日のお出かけとなったわけ。
070504c_1
070504d
いろいろなコーナーがありましたが、まずは息子が釘付けになったミニSLコーナーへ。
乗せてもらって、整備してるところなど見て、と堪能した後は屋内会場へ。

070504b
ステージショーでの一コマ。誰かやってみたい人いませんか?の募集にしっかり名乗りを上げた娘(^^;)後に立ってるのは「高専ロボコン」出場者の東京高専の皆様。

070504e
屋内会場でも、鉄道関係は外せません(^◇^;)
ジオラマで鉄道模型の操作を体験(^^;)

まぁ他にもいろいろ、というか全部のコーナー(!)回って試して遊んできました。
コーナーは何箇所かあったのだけども、10人の隠れどーもくんを探せ、というのもあってしっかり探し当ててきました。時代劇セットの中のお社覗くとご本尊?がどーもくんだったり、ちっちゃ~いどーもくん人形がセットの中にちょこん、と居たりどーもくんの顔の形したティッシュケースがさりげなく置かれてたりとまぁいろいろでしたが、結構おもしろかった~(^^)

070504aこちらは我が家に居るどーもくんです(笑)ははっ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/03

反動

先週、ずっとお仕事のドレスにかかりきりだったせいか、無性に着物が縫いたくて(^^ゞ
裁断だけして放置してた(←こんなんばっかり^^;)木綿の単にようやく手を付けました。
日曜に、某おともだちの和裁教室にお邪魔して刺激を受けた、というのもあるかも。
なぜか、片袖だけ印し付けが済んでいる(!)という自分でもよくワカラン状態(笑)
木綿なのでコテをしっかり熱くしてがしがしやったら、生地4枚重ねでもきちんと印がついて良かった良かった(^^)ものぐさな私のこと、焼き鏝による印し付けを覚えてしまったらもう、切りじつけには戻れません(爆)
しかーし、いかんせん始めたのが遅かったゆえ、身頃に印つけたところで時間切れ。
衽と襟の印し付けはまた明日。。。は子どもを連れて渋谷に行くので、まぁ連休中に縫いあがればいいかな?といったところ。
あっでも裏襟はどうすべか。。。いつものウールみたいにポリ(シルック裏襟)でいいかな、それとも素材を合わせて新モス使うか。
まっ裏衿はすぐには要らないから、それまでに考えるとしよう(!)
ちなみにコレを着てホビーショーへ行くことは・・・あるかな?(^^;)
既に、アレとコレにしようと決めてる着物があるので(^^ゞ
すごーく暑かったらこっちで行くか・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »