« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/28

抜いたピンはどこに置く?

今日の昼までかかって急ぎのドレスを必死で縫ってたわけですが。
私は待ち針には細いピンを使っているのですが、それでも針を打ったままミシン掛けはしません。打ったままでもたいていは、ミシン針がピンをまたいでいってくれるものの、ときどきがっちり衝突することも。。。あるので抜きながらミシンを踏む、と。
で、抜いた針は本当ならピン山に戻すのがスジというもの(笑)
でもミシン掛けしながらピン山にいちいち刺すのって、効率悪いというかやりにくい。
で、以前はマグネタッチとかなんとかいう強力磁石を近くに置いてくっつかせていたけど、私のピンは待ち針と違って細すぎるのか思うように付かない(^^;)
仕方ないので懐(フトコロ)のところにまとめて置いて後で拾い集めていたけど。。。。D300はフリーアームにしたり、刺繍機を取り付ける関係でテーブルが着脱式、なのでその隙間にピンを落としてしまうこと数回(!)
070428aしかしあるとき、いい置き場所発見!それがココ。いや、本当は上糸立てなんですけどね(←当たり前^^;)縫いながら抜いたピンをほいほい放り込めて、回収するときも内側がカーブしてるから集めやすい(^^)なんで今まで気づかなかったのかな?(苦笑)
070428bヌーベルはテーブルが着脱式ではないし、懐(フトコロ)も広いから置いても全然平気だけど、でもヌーベルにはピン山をかけるところがある(爆)ので、ピン山に直接ぷすぷす刺しておりまする(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/21

裏毛は買ったものの

渋谷で張り切って(というほどでもないけど^^;)裏毛を買ったものの、結局まだハサミが入ることはなく。。。(爆)買った日の時点では、まだ仕事に余裕があったのよね。
だからよっしゃ~と買ったけど、急にお仕事をいただいたのでそれをやってたら、余裕のあったはずの別の仕事の締め切りが目前に(!)

裁断して刺繍も済んで衿ぐり&袖口リブ作り(裁って2つに折って輪っかに縫う)も終わった、息子の濃卵色トレーナーも中断したまま。あとはロックでダダダっと組み立てるばかりだというのに。

んでも、今抱えてるお仕事が終わったら日暮里行って綿レース地買って、夏用長襦袢を作るのじゃ~という野望(無謀?)は捨てておりませぬ。
ホビーショーには間に合わせたいのだけどねぇ。5月は本来、袷の時期だけど最近はGW過ぎたら単着ちゃう人が増えつつあるのよね。もちろん礼装じゃなくて普段着に限るけどね。
実際、ホビーショーの時期は天気が良かったら相当暑くなる→戸外が暑けりゃ当然中も、ってことでね。
さぁどこまで縫えるか(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/17

渋谷で裏毛買う

朝から降ったり止んだりのはっきりしないお天気だったけど、久しぶりに渋谷へ出ました。
目的はダンスドレスのリサーチ。って行ったお店はひとつだけだけど、たくさんのドレスが見られるので行く甲斐は結構あるのです(^^)
ダンス店で仕事のモチベーションをたっぷり貰った後は、TOAへ寄りました。
渋谷へ来たら外せないでしょう、やっぱり(^^;)
昔はマルナンもよく行ったけど、今はTOAばかりかも。
シーズンが終わったからか、裏毛が山積み&安くなってました(^◇^)ノ
厚さもミニ裏毛からかなり厚手まで。
ずーと在庫布を使って子どもたちの普段着縫ってきたけど、ちょっと、足りない。
ここ最近、トレーナーは袖と身頃が配色になったツートンが多くて、うちもそれでやってきたけどさすがに合わせる生地がなくなってきて。
別に単色で作ってもいいのだけど(濃い卵色の作った)、身頃と袖を配色にすると衿ぐりリブの色も配色にできる=同色リブを用意しなくていい、ので合わせやすい濃紺の裏毛を買いました。
安いからと2m切ってもらったけど、よくみたら生地幅がたぶん160~180センチある(^◇^;)
まぁ、息子はどんどん大きくなっているからすぐ捌けると思うけど。。。余ったらまた、バランスのいい色を買い足すとしよう(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/16

子どもの成長

ここでいう成長は内面的なものではなく、体が大きくなった、という額面どおりの意味です(^^;)
ちょこちょこと縫ってた息子の普段着。
先日縫ったトレーナーも着せてみて「あっ(^^;)」
これまではどんどん伸びる身長に合わせて、着丈と袖丈だけを伸ばしてきました。
でも。袖下と脇に攣れジワがっ(!)
息子の胸板はすっかり厚くなっていたのでした。
単に太ってドスコイ系になっただけとも言いますが(^◇^;)
次に作る時は袖ぐり&袖幅も直さねば。
身長体重それぞれに140センチ越え、40キロ越えなのだもの、いつまでも同じパターンじゃいけないよねぇ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/12

ヘンなデータ、その後

いつだったのか忘れてしまったほど前(!)に海外サイトで貰ってきたフリーデータ。
ようやく日の目をと思ったのだけど。
Porshe1a_2
左上(右前ライト辺り)と右下(後輪付近)がなんだか白っぽい。


Porshe1w_1
リアルプレビュー画面でみるとなぜかすっからかん(!)埋め刺しが無い(ように見える)
Porshe1bw_1
普段のプレビュー画面だとかろうじて(?)埋め刺しの糸が見えるけど、でもどこか不自然な点線(^^;)

070410aw
実際に刺繍してみたらサテンで埋められてすっからかん、ということはなかったけど。。。
なんでプレビュー画面だときちんと表示されなかったのだろう?(・・?)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/09

昔のデータ、なんかヘン

すっかり「機関車トーマスシリーズ」を卒業してしまった息子。
(といいつつ、まだパーシーズボンは穿いてるけど^^;)

もう普段着の需要が待ったなしの状態なので、とりあえず今度のトレーナーの胸にはむかしむかし、海外サイトで貰ってきた車の刺繍を使うことにした。
ヨーロッパの某有名メーカーのクルマ。
なんでこんな、(古いけど)実在するクルマのリアルな刺繍データがフリーで流れ出てたのか判らないけど、まぁこれでいいや、と。勝手にブランドロゴなんかも足しちゃったりして(!)さぁ刺繍しよ、と思ったのだけど。
なんかヘン、部分的に。クルマ本体の埋め刺し部分。
プレビュー画面ではちゃんと?満遍なく糸は渡って見える。
ところが、リアルプレビュー画面で見てみると埋め刺しがすっからかんになってる場所が(^◇^;)下打ちは走っているのに。
ステッチシミュレータを走らせてみたら、ちゃんと埋め刺し部分は満遍なく走っていった。
プレビュー画面&ステッチシミュレータ、とリアルプレビュー画面。
さぁ、正しいのはどっち?(爆)
これから実際にミシンで刺してみます。
結果がコワイような楽しみなような。。。(!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/04

灯台下暗しその2

灯台下暗しその2。。。あ、その1は↓のウィルコムの話です(^^ゞ
結構いいかも、と思ってたバラの刺しゅうの帯の刺しゅうデータ。
ハートステッチズにあることが判ったけど、買おうかどうしようか考えあぐねてた。
んが、先日我が愛機!?D300の内蔵模様集(糸替え表)を見てて気づいた。
こ、これは、このバラの刺しゅうはッ(^^;)
そう、あのバラ刺しゅう、D300の内蔵刺しゅうに入ってたんですねぇ、良かったぁ早まってHeartStitchesで買ってしまわなくて(^^ゞ
ついでにいちご柄の刺しゅう も内蔵刺しゅうにありました。
なーんだこんなところにあったのか、という感じ(^^;)
玉にキズは、(刺しゅうプロの)画面上でいじれないこと。
パソコンに取り込む術がないから。
まーでもよしとしましょ(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/01

ウィルコムの刺しゅうデータ作成ソフト

ウィルコム社、と聞いたら大抵の人はPHSの会社の?と思われることでしょう、って私もそうだった(^◇^;)
業務用の、刺しゅうデータ作成ソフトを作っている会社にもウィルコム社というのがあるらしい、と知ったのは去年のホビーショー。
でも~ウィルコムで検索かけても出てくるのはPHSの方ばかり、って当たり前か(^^ゞ
1つだけ、ソフト全般を扱ってる会社のサイトでそれらしきものをようやく発見、でもパッケージの小さな写真があるだけ。
これだけじゃーねー、なんて思ってたら灯台下暗し?(^^;)ミシン館さん(岐阜の横山工業ミシン)で扱ってるのを発見(^^;)
しかも刺しゅうプロと同じページにある(!)全然気が付かなかった~。
しかし、さすが業務用、お値段のケタがヒトケタ、違いますわね(爆)
これまで業務用の刺しゅうデータ作成ソフトったら、ブラザーのソレをミシンショウで見ただけ。
欲しい、とか使ってみたい、なんてのは刺しゅうプロをきちんと使いこなしてから言え、ってなものであえて言いません。。けどデモくらい見てみたいなー、と思うのでありました。
チャンスはJIAMかFISMAか、な。
しかーし、次回08年のJIAM開催は東京でも大阪でもない、シンガポールってどうよ!
シンガポールでやったらJIAMにならないではないか。JIAMの「J」ってJapanの「J」なのに。。。いやはや(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »