« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/28

IQW2006

060928
オカダヤでセールが始まったので、行ってきました。
ら、毎度御馴染みモギーさん(^^;)で横浜キルトウィークのパンフを貰いました。
気が付けば9月ももう終わり、キルトウィークまであと1ヶ月ちょっとかぁ。
貰ったパンフ、中を見てたら作品コンテストの記事が。
キルトの部グランプリ受賞者には賞金50万円と70万相当の賞品が贈られるそう。
記事には昨年の表彰式とおぼしき写真があって、それはベルニナを手渡されてるもの。
なぁるほどっ、70万相当の賞品ってベルニナのミシンかと納得(^◇^;)
でもなぁ、キルトコンテストでグランプリ取るくらいの人やったらもう、ベルニナなんて持ってるのと違うのん?なんて思ってしまうひねくれものの私でした(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/26

在庫でなんとかする。。。(^^;)

今、お仕事がヒマなのでなかなか普段つくれないものを作っておりまする(^^;)
で、今日はビーズとチェーンでブレスレットを。
(洋裁は)指先を使うせいか、指輪はあまりしない私ですがブレスレットは実は結構好きだったりします。といっても、お出かけの時しかはめないのですけどね(^o^;)
手首から手の甲にかけてすこ~し垂れ下がる感じが好きなんですワ。
で、いぶし色のチェーンとくすんだ色目のビーズ(一応、スワロ使用^^;)で作ったブレスは2本既に作って愛用してるのだけど、夏場、白や薄い色目のトップスに黒っぽいブレスは合わないな~と前々から思ってて、シルバーのチェーンも買ってはあったのだけど、なかなか時間が取れず、今になってしまったんですな。
ってもう9月も終わりやん、という突っ込みは無しでお願いします(爆)
ビーズはだいぶ前に買ってリングなぞ作ったけど、使い切れなかったのがゴロゴロあるんでそれを使って、と思ったのだけど、検めてみるとシルバーに合いそうな明るい色目があんまり、ない(^◇^;)
いぶしに合うような色はいっぱいあるのに(!)
かといって新しくまた買い足せばまた、在庫が増えるのは明らか(爆)
なのでまぁ、無理やり合わせて(^^;)コラコラ、2本また仕上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/23

もの作りビッグギャラリー

今日はいつものお友達とビッグサイトまでもの作りビッグギャラリーに行ってきた。
去年は、ちょうど仕事が入っててぎりぎりまで頑張ったけど結局断念したので今年こそは!と行ったのでした。ホビーショーに似てると、いえなくもないのだけど企業ブースが殆どないのが特徴かな?
あと、来場者の年齢層がちょと高めだったような(^◇^;)
出展者は若い人も多かったけど。
私もいろんな分野に手を出してるけど、でもやっぱり基本は布&糸ものなので、今日見てきたような工芸的要素も強い作品たちを見るのはとても楽しかった(^^)

休日なので子ども達も連れて行って。。。
娘は体験でリバーシブルのエコバッグを、息子はカラフルなろうそく作りをした。
娘は6年生でもう家庭科が始まってるからミシンも一応、やってるのだけどロックミシンを使うのは初めて(←家ではやらせてないの^^;)
ロックミシンの速さにおっかなびっくりだったようだけど、自分で作ったバッグ、がご満悦な様子。ハスクのデザイナーSEで刺繍も入れてもらったしね。
にしても、20数年前の自分を見ているよう(笑)顔だってそっくりだし(^◇^;)

ハスクといえば某しなぼんさんち(またかい^^;)でハスクバーナの販売は今度から(babylockの)ジューキがする、というのを読んでたのでクライ先生のブースにいらした方に聞いてみたら、ハスクバーナの日本法人はなくなって、(株)ジューキが日本での総代理店になったとのこと。
え~じゃぁすっかり顔馴染になった(ハスクジャパンの)社長さまやあかねさんは?と思ったら、ディーラーさんになるとのこと。
そっか~。。。ん?じゃぁ、これまで(六本木や赤坂の)ハスクでやってた数々の講習会は?と聞いたら、これもジューキが引き継いだとのこと。でも場所は、ジューキの本社がある九段下に変わるらしいけど。
実は5月頃にスウェーデンのハスクバーナ自体がシンガーグループの傘下に入った、ということは聞いてたけど現地法人(ハスクジャパン)が無くなるなんて思ってもみなかったな~、という感じ。
再来月のIQWでは社長さまやあかねさんに会えるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/20

これも作ってみました

060920a060920b
も~ネタがないので(笑)
これもチャイナボタンというのかな?
「アジアン結美」を利用して作りました。
こういうボタン、既製品でもあります。私も以前オカダヤで買いました。
けど、当たり前かもしれないけど、色数があまりないんですね。白と黒、あとは赤があるくらい。
なので自分で作ることができて、嬉しいわたしでした(^^ゞ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/19

たまには・・・完成報告(^◇^;)

060919b
最近ずーと縫い物といえばお仕事ものばかりだけど、合間にはこんなモンも縫ってますということで(^^ゞ
ほんと、普段着なんすけどね。
パターンも使いまわし、布替えて3着目かな?(爆)
好きなんです、横に開いた襟ぐりが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/08

そしてこれから。。。(の刺しゅうプロ)

子ども云々は別として、今回こんなことを思い出したのは某しなぼんさんちの掲示板での、書き込みがきっかけでした。
しなぼんさんとお友達との会話に私が割り込んだような形なんだけど(^^ゞ
その方は既成データ刺繍&オートパンチがメインの作成ソフト及び対応ミシンに、すごく興味を持たれてたのです。刺しゅうプロでは苦労された、とも(^^;)

これからの刺しゅうプロはいかに簡単に、でも完成度の高い刺繍データを作れるか?と、ある種マニアック(!)なユーザーの細かい要望にどれだけ答えられるか?の2方向を要求されるのかもしれないですね。イノヴィス100シリーズを出している以上、ね。

ベルニナのように、刺繍ができるのは上位機種(高額なタイプ^^;)に限られているのであれば、ミシン刺繍やミシンを使う手芸にかなりな意欲を持つ層しかデジタイザーソフトは購入しないでしょう(使いもしないのにそんなミシンを買う人はおりますまい^^;)
でもイノヴィス100シリーズは、手軽にちょこちょこっとやってみたいという層もターゲットであるはずですもんね。
ならば刺しゅうプロもそれに対応していかなくては、じゃないのかねぇと僭越ながら思うわたしなのでした(苦笑)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006/09/07

一発変換!

ミシン刺繍に関するいろんなサイトの掲示板やブログなんかを、毎日のように(!)見て回るのだけどそこでちょくちょく目にする意見、それは刺しゅうプロ(の操作)は難しくて使えない、良く判らない、といったもの。確かにそうかも、とは私も思う(苦笑)
ならばなぜ、私は「刺しゅうプロ」に抵抗がなかったのだろうかとふと思った。
思いあたったのがオートパンチ(自動作成)機能。
確か刺しゅうプロではVer5か6になってからついた機能だけども、実はもっと以前にあったのだ。
060907この、「刺しゅう工房」なるものを覚えてる方はもう少なくなったと思うが、私がミシン刺繍に興味を持った10年ほど前にはまだ、「刺しゅうプロ」は発売されておらず自分の好きな模様を刺繍するには、これを使うしかなかった。同じ種類のものに、ジャノメの「スケッチランド」JUKIの「ピクトール」があった。刺しゅう工房はハンディスキャナ型の読み取り機で、イラストを読み込ませると自動で刺繍データを作成してくれる、というものだったのだが、その読み取りの精度たるや。。。以下省略(^^;)同じイラストなのに読み取るたびに違う形のデータになるってどうなの、と毒づきたくなるくらい(苦笑)
そこで痛切に感じたのが、あぁこの輪郭線などのここだけを直したいッ&直せたら、ということ。
写真や書籍等を読み取るスキャナは当時もうとっくにあってレタッチソフトを使って画面上で修正する、ということも当たり前になっていた。なのに刺繍は・・・と悶々としたものだった(^◇^;)
やがてインターネットで海外(ブラザー)のサイトを見られるようになり、海外では既にPE-Designというソフトがあることも、知った。
そのうち日本でも刺しゅうプロが発売されることになり、当然?飛びつき予約までして買った(笑)だからガタガタの輪郭線(!)をきれいに直したり、サテンでは太すぎる輪郭線を細い走り縫いに変えたり(刺しゅう工房では輪郭線はサテンのみだった)面縫の角度を自由に変えたりという作業は、それまでの鬱憤(!)を晴らすようで、大変だけど楽しくもあったのだ。

けれどそんな時代など知らない人から見れば、(刺しゅうプロで)画像を読み込んだらそれで「一発変換!」でデータに。。。になってくれると思ってたのにとんでもない、まずガタガタ(!)の線をきれいに直し、輪郭線や面縫いの設定をちまちまとやらなくてはならない、と知ったらそれは。。。頭がクラクラしても仕方ないかと思うのだ(^^;)

刺しゅうプロの担当者さま達も初めは、ユーザーが求めているのは「刺しゅう工房」での不満から、自由に(縫いの)設定できることだ、と思っていたと思う。それももちろん間違いではないのだけども、ミシン刺繍人口が増えて、もっと手軽にデータを作ってミシン刺繍を楽しみたいというユーザーがけして少なくないことに気が付いての「オートパンチ機能」搭載だったかなとも思うのだ。
も~時効だと思うのでバラしてしまうが(^◇^;)、某刺しゅうプロ担当者様は「いやぁ世のおかあさん達が求めていたのはいかに簡単にデータが作れるかということだったんですね」としみじみ語っておられた。

「オートパンチ」どころか、「デザインセンター」すらもう長いこと使ってない私だけども、たまにはオートパンチ、使ってみようかな(^^;)読み取り精度がどのくらい上がってるか期待して(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/06

フォトステッチと道具

以前。。。まだVer4.0のときだけど、フォトステッチを作ってみたことがあった。
人物写真だったのだけど。
見事に玉砕(爆)(^◇^;)
元絵になる写真の解像度などいじってみたり色指定をいろいろ変えてみたりと、自分なりに工夫したつもりだったけど、結局満足いくものはできなくて諦めた。
それ以来フォトステッチは使ってない(!)
えぇいこんな機能なんか使えんわー、とぶん投げたのではなく(苦笑)(フォトステッチを)使う機会がなかったというのが正しかったりするのだけども。
でもVer6.0にもなったし(近いうちに7.0にアップもあり?)うまく使いこなせれば、と思うだけは思ってた。

で最近知ったのがこのサイト
Photo stitch G.
ネタ元は某情報誌なんだけどもさ(^◇^;)

使ってるソフト(刺しゅうプロ)もミシンも全く同じ。

なのにこの違い。。。(^^;)

日ごろからミシンは、道具なのだから使う人間がうまく使いこなせなくてはせっかくの機能も。。。と偉そうに言ってたのは他ならぬわたし自身(爆)
とほほほほほ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/04

ラメ糸3色も買ってしまった(^o^;)

久々に時間に余裕ができた(仕事と仕事が空いた)ので、ちょっと街へ出てきた。
といっても半分以上は仕事に直結したリサーチだったけど(爆)
それでもしっかり?自家用服のリサーチもしてきたさ~。

で、最後に毎度御馴染み新宿オカダヤでキングスターのラメ(刺繍)糸を3色買ってきた(^^)
なんでかというと。
娘用の服を見てたらラメ糸の刺繍ものが結構あった。
先日、モギーさんでベルニナの刺繍用針をお安く頒けてもらった。
まだきちんと試してないけど、ベルニナの刺繍針はラメ糸も楽勝らしい。
D300には、刺繍時の速度調節機能がついている(速いとラメ糸は簡単に切れる(T^T)
・・・・こうなればやるしかないでしょう、というわけ(笑)

っとでもまだデータができてないんだったわ(爆)
ラメ糸は同じところを刺すと切れやすい、だっけど1回しか刺さないとかなり貧弱、故に刺し位置を微妙にずらしたデータが必要になるのだ。。。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/03

デジタイザー(刺繍データ作成)ソフトのフリーソフト

知らなかったのって私だけかなぁ?(^^;)
何かの検索のついでに見つけた。
http://www.ceda.org/
いろいろな募集とかはもう停止してて、現行バリバリ(笑)というサイトではなさそうなんだけど。

にしても刺繍データ作成ソフトのフリーソフトがあるなんて。
ファイル形式はSAFというこのソフト独自?形式だけど、タジマフォーマットにも変換可能みたいだから、刺しゅうプロ(Ver4.0以降かな?)持ってればブラザーのミシンでも使えるみたい、って刺しゅうプロ持ってればデジタイザソフトは要らないんだけどね~(^◇^;)

フリーソフトなので、とりあえずダウンロードはしてきました。
まだ使ってみてないけど(爆)
結局BUZZEDITすら買ってない(使ってない)わたしなので、刺しゅうプロ以外の刺繍データ作成(デジタイザ)ソフトって初めてなんだよね。
どんなものかな。。。(^^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/09/02

PE-Design Ver7.0

出ましたねぇ。。。(^^;)
何がって?
PE-DesignVer7.0ですわ(^^;)

ご存知の方も多いと思いますが、 PE-Designというのは刺しゅうプロの外国語版。
といっても厳密にはPE-Designの方が先(に発売されてる)だし、刺しゅうプロの開発そのものが英語で、まず PE-Designができてその後、日本語版を作るそうなので PE-Designの日本語版が「刺しゅうプロ」と言った方が正しいのかもしれないのだけど(^◇^;)

ざっと見た限りですが、めぼしい新機能としては自分でフォントを作成できる機能(フォントクリエイター)がつきましたね。それから、刺繍データのファイル形式の対応形式が増えた?
あと、フォントの配置の仕方のバリエーションが増えた、という感じかな?
他にもずらずら~と書かれていて、自分で読む分にはだいたいの意味は掴めるのですが、きちんと訳す自信がないので(^◇^;)興味のある方はこちらを見てご自分で確認なさってくださいましね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/01

PR-600の個人ユーザー

いつも見るたび、これのどこが家庭用ミシンなんだ、と思うのだけどブラザーでは家庭用ミシンの事業部が扱ってる(売ってる)ということで、そうなるらしい、PR-600

と言いつつブラザー工業の製品紹介ページでは、趣味の範囲の個人ユースというよりはショップ向け、ってのがありあり(笑)

先日、特に目的も無くかけた検索から辿ったブログ、そこでPR-600の個人ユーザーさんを見つけた。

検索からたどり着いたページでは、刺しゅうプロの編集画面が載ってたので、お仲間だ~などと、ほけほけ他のページも見ていた。すると刺繍中の写真もあったのだけど、それがどーもイノヴィスとかULTとかとはちと違って見えるのだ。。。

よく探したらミシン紹介のページがあって、そこにはどーんとPR-600が(^^;)

ブログを見る限り、パターンから縫製(もちろん刺繍も)全てオリジナルのジーンズを作り、オークションで販売もしてるらしいのだが、どうもひとりでこつこつとやってるっぽい。

服飾専門学校を出てて、デザインもつくりも全てかなりのレベルにあるのはすぐに見て取れるから、その気になればブランド立ち上げてプロになることなど訳も無い人だと思う。
だからPR-600を持っててもある意味不思議はないといえばないのだけど、結構お若そうでもあるのでおぉ!と妙な感動をしてしまったのでした。。。(^^ゞ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »