« 暑さを演出する道具たち(爆) | トップページ | もう一つの。。。 »

2006/07/15

続・ミシン針いろいろ

今年初めのキルトフェスでベルニナのミシンでとオルガンの針を使うことに関して、担当者さまから教えてもらったことを書いてるのだけど、肝心!?のどこが違うのか?ってことを書いてませんでした(^^ゞ
勿体つけてたわけじゃないんだけど。。。
で、某所でそのことを書いてきたのでこちらでも書いときます(某所って会員制だから)
ベルニナの純正針とオルガン針の違い。
細かい部分、例えば幹の太さ、長さ、長溝やえぐり部分のこれまた長さ、角度などでもきっと違いはあるのでしょうが、一番判り易いのは長さですね。
おそらくは1ミリも違わないと思うので、2本きっちりと並べてみないと判らないほどですが、でも明らかに長さが違います。初代担当者さまが教えてくれた、ベルニナのミシンでオルガン針を使うと縫い目が不安定,キレイに縫えない理由、違いはこれでした。
つまりはベルニナミシンは純正(シュメッツ針)でベストに縫えるよう設計&調整されている、ということですね。直接ベルニナに聞いたわけじゃないけど(笑)
他に、純正針と同じ規格の針があればそれでも大丈夫みたいです、シュメッツ針とか(ブラザーの担当者様によればベルニナの純正針はシュメッツが作ってる)
オルガン針は、日本では圧倒的なシェアで品質も申し分ないと思いますが、規格が違う以上どうしようもないですもんね(^^;)
ちなみにブラザーの刺繍ミシンはオルガン針、シュメッツ針、どちらでも大丈夫なように設計&調整されてるそうです、ブラザーはもともと国産メーカーだからオルガン針を標準指定してますから、ね。でも海外ではシュメッツ針を使う人も(使う人が?)多いので、シュメッツでも対応できるようにしてあるそうです(^^)

|

« 暑さを演出する道具たち(爆) | トップページ | もう一つの。。。 »

コメント

うわぁ~!!!
凄く勉強になりましたぁー(〃^▽^〃)
少しの違いで縫いあがりが違うのってビックリしましたぁ!!
ブラザーのようにどちらのメーカーでも大丈夫なようにして欲しいですぅ~!!!
ULT21のウイング針はシュメッツって書いてありましたぁ!(^^)!

投稿: はぴたん | 2006/07/16 08:25

おぉ~はぴたんさん、お久しぶりです!(^◇^)ノ 
そうですね、はぴたんさんもブラザーとベルニナの両刀使いでしたね~(意味が違うって^^;)
私はベルニナ使いではありませんが、聞いた時は目からウロコが落ちました。行き付けの某新宿オカダヤでは以前、オルガン針だけでなくシュメッツ針のユニバーサル(一般的なミシン針)なんかも置いてましたからものは試しと買って持ってもいますが、そんな風に比べてみたことなんてありませんでしたから(^^ゞ

純正にこだわるのもまた、ベルニナらしいのではありませんか?
必ずこの○○を使ってくれ、その代わり仕上がりは絶対保証する、みたいな(^^;)もちろん、汎用性のあるブラザーミシンでは、仕上がりが落ちるとは思ってませんが。

ウィング針、私もD300を買ったのを機に入手しましたが、確かにシュメッツ針ですね(^^)
今ではこういう特殊な針を作ってるのはシュメッツだけなのかもしれません。2本針もブラザーでは扱ってますが、それもたぶんシュメッツのような気が(^^;)今度、確かめてみます~。

投稿: ユリウス | 2006/07/16 16:08

つい最近、実感しましたわ・・・
針の違い。
ホビーショウの頃に書いていた、
中古のベルニナ、針折れたぞと、手元にあったのを
つけたら、パンパン目飛びすること・・・
シュメッツに、変えましたとさ。

衣縫人も純正は、シュメッツなのさ。
で、最短のユザワヤに買いに行ったら、置いて無くて。
前は、置いてたのに、どこで買おうかしら。
近くで、扱ってたところは、2年くらい前に閉店してしまったし。

投稿: 真由 | 2006/07/17 00:47

おぉおぉお~ぅ、真由さんもそうでしたか(^^)
その、中古のベルニナって結局どの機種????o(^^)o
ホリデーヌほど古いタイプ(爆)じゃないんですよねー、っとするとアクティバとかその辺りかしらん。。。。
衣縫人・・・すんごい前にもらったものだけど、私が持ってるカタログ(といっても見開き1枚のもんだけど)には針ってHA×1SPって書いてあったよ~ん(^^;)
で、シュメッツ、やっぱりなくなりつつある?
実は新宿オカダヤでももう殆ど置いてないの。モギーさんは、シュメッツは家庭用針、国内販売から撤退したからと仰るのだけど。でも~ネットではまだ売ってるところが幾つかある。。。てことは直接ドイツから買い付けてるのかしらん?個人ならナンシーノーションズで買えるけど、針だけのために海外通販はちょっと。。。(^^;)

投稿: ユリウス | 2006/07/17 10:34

はじめまして、東京のニ・キと申します。今までロム専で失礼しました。m(__)m
こちらにシュメッツの家庭用針は撤退と書いてあるのが気になって書き込みさせて頂きました。

ところで新宿オカダヤでは、シュメッツ針は置かなくなったのですよね。やはり工業用(職業用)針もないのでしょうか?
私は洋裁教室へ通っていまして、つい先日のこと。教室の先生が工業用本縫い針シュメッツ針「DB×1」が手に入らなくなって困るとおっしゃるんです。前はオカダヤで買っていたそうです。
ちなみに教室では直線ミシン(メーカー機種は色々と)を使っています。

私が行く孝富本店ではネットにも店頭にも「DB×1」があるので、大量に仕入れてきてお渡ししたところです。
店員さんに伺うと、定番だからずっと置いてますよとのことで、安心しました~。
私は針のメーカーの違いなんて気にしたことがなかったものですから・・・やはりプロの方は色々とコダワリがあるんですね。
ユリウスさんのブログとってもお勉強になります。ありがとうございました。

投稿: ニ・キ | 2006/07/17 12:28

ホリデーヌだよ。1630というあんまり見ないのです。
どうしても欲しかったモデルなので。
古いから、どこまで持つかわからないんだけど、
ひょんなことから、格安かつ、基盤の交換もして貰えちゃったので

衣縫人は日本語のマニュアルには、HA×1SPになってますが、
最適なのは、130/705H-Sなんです。
本体には、そう書いてあるの。
HA針のほうが、左針の目が飛びやすいです。

現状、ベルニナの針が手に入りやすい環境なので、そっちにしようと思ってますが。

投稿: 真由 | 2006/07/17 12:30

はじめまして こんにちは ニ・キさん
むさ苦しい(!)拙宅へようこそおいでくださいました。
そうなんです、オカダヤではもうシュメッツは置かなくなったようです、家庭用も工業用(職業用)も。
私が家庭用撤退、を聞いたのは記事を辿ると04年11月のことでしたが、その頃から少しずつ減り始め、気が付いた時には全く無くなってました。私も直線ミシンはDB針仕様なのですが、これまでオルガンのもので特に不満もなかったので、シュメッツは使ったことがなく、あまり気にとめてなかったのです。
今思うと、シュメッツが撤退したのではなく、単にオカダヤがシュメッツの扱いを止めた、という気が致します(苦笑)
過去の記事では私は、(カバーステッチ用に)シュメッツのEL針を買いに行ったら、オルガンにもEL針ができましたよと言われて購入したくだりがあります。(カテゴリーの「ミシンのこと」を辿ると過去記事見られます)
それまではカバーステッチ用針はシュメッツしかなかったけど、オルガンでも作るようになったから、もうシュメッツ止めても大丈夫と判断したのかも、とも思います。
私はオルガンで満足してましたが、シュメッツも良い針であることは間違いありませんから、シュメッツ派という方がいらっしゃるのは当然のこととも思います(^^)
気が付くと誰も付いて来れない(!)ようなマニアックな内容になってることもありますが(!)よろしければまたお立ち寄りくださいませm(__)m

真由さん。。。。ホリデーヌでしたか~(^^;)もしかして薄いクリームがベースのボディで前面が花柄だったりしますか?(^◇^;)
ホリデーヌなどは特にそうだと思うけど、昔のミシンは頑丈だから、一番のネックである基盤がちゃんと交換できてるのなら、長生きするのではないでしょうか(^^)
そして衣縫人。なるほどー本体にね~それは見られませんわ、ユーザーではないので(^^ゞ
ホームロックでは目飛びなんて滅多にないのにジャノメくんでは4本オーバーロックの時、11号使うと目飛びすることが結構あるんですよねー、でもこんな薄い・柔らかい生地に(目飛びしにくい)14号なんて使った日にゃ穴空きまくり、というジレンマがあったのですが、シュメッツだと目飛びしにくいのねΦ(..;)メモメモ
私も今度から、カバーステッチだけでなくオーバーロックの針もシュメッツにしてみようかしら(^^;)
ベルニナの針はシュメッツが作ってるってことらしいので、良いのではないでしょか。
ネックはお値段?(爆)

投稿: ユリウス | 2006/07/17 22:21

今日はたびたびお邪魔さんです。
ホリデーヌにも、前面に液晶画面のついたのがあるのです。
それざんす。
ジャノメ君はよく飛ぶわね。でもまだシュメッツ使った事
無かったです。
シュメッツの針のほうが、丈夫な気がするのは、気持ちだけ?

投稿: 真由 | 2006/07/18 00:00

花柄ボディ(!)のホリデーヌはちと古過ぎましたね、失礼しました(^^ゞ
検索かけてみたらホリデーヌ1630見つかりましてん。
なーるほどー、これが後のアーティスタシリーズに繋がっていくのかなーという印象を受けました。大きな液晶画面やトラックボール?のような丸いダイヤルなどが(^^)
ホリデーヌ1230や1240みたいに縫模様ごとのボタンがずらっと並ぶタイプは、現在のビルティオーゾシリーズかな?
ジャノメくん、オーバーロックでも飛ぶのは、どうなの?って思ってしまいます(^^;)
カバーステッチはね、針をシュメッツのEL×705、針糸をシャッペスパン、ルーパー糸にフィラメント糸を使うと今のところ、飛ばないです(^◇^)ノ 

投稿: ユリウス | 2006/07/18 20:16

長々、ぶら下がって申し訳ない。
花柄ボディも、持ってたりしてね。
1230もあるのよね。

今朝、比べました、シュメッツと、オルガンの長さ。
ほんと、1ミリまでも違わないけど、同じとは言い難い。
微妙な差ですね。

投稿: 真由 | 2006/07/18 20:55

いえいえ、お気になさらず(^^)
ミシン談義は楽しいですから~。
花柄ボディってもしかしたら、真由さま宅で拝見して覚えてるのかも(^◇^;)
で、1230もお持ち、と(爆)そっりゃー。。。。以下省略(^^;)
ねー、きっちり並べてみないとだけど違うでしょ~。
物好きな私は、生地の組成を見る用の拡大鏡で針先も見てたりします(笑)
針穴から針先までの長さとか、先端へ向かって細くなっていく角度とかも、微妙に違うのがわかります。
あとはいかに、うまく使い分けられるか、ですねー、違いが分かってもツカえないのでは意味がない・・・(^^;)

投稿: ユリウス | 2006/07/19 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/10948053

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ミシン針いろいろ:

« 暑さを演出する道具たち(爆) | トップページ | もう一つの。。。 »