« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/26

小さなことなんだろうけど。。。でもやっぱり違う~(^^;)

またまた針話しで恐縮です(^^;)
先週一次組立をお渡ししたドレス縫ってたときのこと。
薄ーいシフォン部分を縫い始めたら、なんだか微妙なシワ(=パッカリング)が。
ありゃ、糸調子がきつすぎたか?と上糸ダイヤルを見たがいつもと一緒だ。
(うちのヌーベルは古く、上糸ダイヤルに目盛りはないので目分量で)
糸だっていつものだし、と思ってよく見たら。。。針が太いワ(^^;)
それまで2wayニット部分を縫ってたから、8号使ってたのだった。
7号と8号なんて、実際のところ数値的には1ミリも違わないだろう。
けどシフォンやオーガンディ縫うと明らかに縫い目が変わる
(今回のように、ぱっと見、縫い目が攣って見える)
針そのものも見慣れると見た目で太さの違いが判る。
とはいってもさすがに!?私も、8号と9号の区別はつかないので(爆)
こっちは7号で、こっちは7号ではない細めの針、という区別なんだけど。
11号になるとさすがに、太い(^^;)と感じるので9号と11号の区別はつくけどね。
でもこれも、毎日のように見てるから判別できるのであって、しばらく縫わないでいる期間とかできたら見分けはつかなくなるだろう。
これってパタンナーしてた頃は定規を使わない目測で、7ミリ、10ミリ、15ミリ、20ミリ幅の線が引けたことと似てるかも(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/22

もう一つの。。。

もう一つの土曜日、というのは浜田省吾の歌ですが。。。(^^ゞ
よく見れば、前回の書き込みは先週の土曜だ・・・(爆)
この1週間ナニをしていたかというと、子どもの学校の個人面談なんかもあったわけですが、それ以外はひたすら「お仕事」に励んでましてん。
それこそ、ブログ書いてる余裕がないくらい(^^;)
じゃ、どーんなもの縫ってたかというと。
唐突ですが実はわたくし無謀にも5月にもひとつブログを始めまして。。。(^^;)
仕事関係のことはそっちに書いてた、というわけです。
ま、そっちもぼちぼちとしか書いてないンですけど(^^;)
もしかしたらお気づきの方も居てたかも。アカウントにjuliusの文字入ってるし。
でもなんとなく言いそびれて2ヶ月経ってしまいました。
ちょっとこっ恥ずかしいというのもあったかも(^^;)
でもまぁナニがなんでも隠しておかねばならぬもんでもないし、というわけで。
タイトルはなんと(^^;)「ドレスアトリエダイアリー」とつけてます(!)
このタイトルは、もちっと考えたい気持もまだ少しあるので近いうちに微妙~に変わるかもしれません。
でもアドレスは変わらないので。。。変わってたら、あ変えたか、と思ってくださいまし(^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/15

続・ミシン針いろいろ

今年初めのキルトフェスでベルニナのミシンでとオルガンの針を使うことに関して、担当者さまから教えてもらったことを書いてるのだけど、肝心!?のどこが違うのか?ってことを書いてませんでした(^^ゞ
勿体つけてたわけじゃないんだけど。。。
で、某所でそのことを書いてきたのでこちらでも書いときます(某所って会員制だから)
ベルニナの純正針とオルガン針の違い。
細かい部分、例えば幹の太さ、長さ、長溝やえぐり部分のこれまた長さ、角度などでもきっと違いはあるのでしょうが、一番判り易いのは長さですね。
おそらくは1ミリも違わないと思うので、2本きっちりと並べてみないと判らないほどですが、でも明らかに長さが違います。初代担当者さまが教えてくれた、ベルニナのミシンでオルガン針を使うと縫い目が不安定,キレイに縫えない理由、違いはこれでした。
つまりはベルニナミシンは純正(シュメッツ針)でベストに縫えるよう設計&調整されている、ということですね。直接ベルニナに聞いたわけじゃないけど(笑)
他に、純正針と同じ規格の針があればそれでも大丈夫みたいです、シュメッツ針とか(ブラザーの担当者様によればベルニナの純正針はシュメッツが作ってる)
オルガン針は、日本では圧倒的なシェアで品質も申し分ないと思いますが、規格が違う以上どうしようもないですもんね(^^;)
ちなみにブラザーの刺繍ミシンはオルガン針、シュメッツ針、どちらでも大丈夫なように設計&調整されてるそうです、ブラザーはもともと国産メーカーだからオルガン針を標準指定してますから、ね。でも海外ではシュメッツ針を使う人も(使う人が?)多いので、シュメッツでも対応できるようにしてあるそうです(^^)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/07/13

暑さを演出する道具たち(爆)

まだ梅雨は明けてないけど、暑い暑い。
名古屋近郊で育った私なので、オットよりは暑さに強いけどやっぱり暑いものは暑い(笑)
そして洋裁すると。。。もっと暑い(^◇^;)
いまどきのミシン、例えばDくんのミシンランプはLED使用とかでずっとつけてても殆ど熱を持たないので、いいのだけども。バリバリ昭和のミシンであるヌーベルちゃんとホームロックのランプはしっかり白熱球であるからして、熱い。ゆえに暑い(^^;)アイロンだって、以前使ってた家庭用は600Wとか800Wだったけど、今使ってるのはどーんと1500W(ティファールなのよ)パワーは申し分ないけど、やっぱり暑い(^^;)
でもなにより暑いのはやっぱり、机のスタンド(ライト)じゃないかと。
060713_1


左上の丸い(スタンド)ライトがソレ。

子ども達の学習机のスタンドライトはさすが平成もの(笑)明るいのにDくんに同じく、殆ど熱くなんてなりゃしません、でも。あたくしのライトは昭和ミシンに同じく、バリバリの白熱球使用ライトですから、やけどしそうなくらい熱くなりまする。しかも夜とか手元が暗くちゃ仕事にならーん、と100W電球使ってますから。。。以下省略(^^;)
だいたいこのスタンドいつから使ってたっけ(爆)
高校の頃は確実に使ってた、中学のときはどうだったか。。。記憶に無い。
でも高校の時に買ったとしても、わたしゃ今年38歳、確実に20年(!)は使ってるわけで。
取っ手の部分こそ一部折れちゃったけど、それ以外は特に問題がないので買い替えることもなく、なんとなく今まできてしまった。20年使ってしまうと、逆に捨てられなくなる。。。人間て不思議(^^;)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/09

フットコントローラたち

最近ネタ切れ気味なのと、珍しく掃除などしたので(!)机の足元の写真など撮ってみました。
これまでずっとフットコントローラは2つだったのだけど、最近3つになりました。
というのも、ジグザグくんのフットコントローラはロックミシンのフットコントローラと兼用が可能だったから(^◇^;)
んでも、Dくんにジグザグくんと交代してもらうと。。。さすがに最新型(一応^^;)のDくんと18年選手ロック&10年選手家庭用ミシンのフットコントローラが同じのはずはなく、フットコントローラも追加と相成りました。
060709a
ちなみに写真左端の薄グレーのがDくん、真ん中黒いのがロック、右端濃いグレーのがヌーベルです。ロックとヌーベルのコントローラはどちらも2代目。そういえばロックの初代はなんと白の金属製でした(^^;)
20数年前、実家にあったベビーロックのフットコントローラも白い金属製だったから、たぶん昔はどこも似たようなものだったのでしょう。
にしてもDくんのコントローラは・・・大きいですねぇ(^^;)
私は別にこんなに大きくなくても良いんですけどね。この大きさってもしかしてベルニナを意識してる?(笑)
060709b
そういえば普段は仕舞われてるけど、もう一人コントローラ居たなぁと思い出して、出てきてもらいました。
ジャノメくん用です。メーカーが違ったせいか、使い始めは慣れるのに、ちょっとだけ時間がかかったけど今では他のコントローラと同じように踏めます。やっぱり使い慣れるって重要ですな(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/08

ファスナー在庫

(置く場所を)深く考えずにいろんなものをどんどん買い込んだため、にっちもさっちもいかなくなり始めた洋裁部屋(仕事部屋)をようやく少し整理しました。あのままでは仕事にも支障をきたすのが目に見えてたので(^^ゞ
しかし、買い込んでるのは生地だけだと自分で思ってたけど、甘かったー出るわ出るわファスナーの山(爆)
いったい何を考えてこんなファスナー買ったんだろうってものまで(^^;)
いや、大抵は見ればああアレ作るために買ったんだっけ、と思い出せるのだけど。
思い出せるけど、それが一本だけならいざ知らずどうして同じ物が5本も10本もあるのかそこまではもう、私の脳みそは思い出してくれない(爆)
いや、汎用性のあるファスナー、例えば黒とか濃紺とかの使いまわしの効くサイズのファスナーならストックがたくさんあるのも不思議はないのだけどもさ。こ、これだけのファスナーを使い切る時は果たしてくるのであろうか(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/07

コーヒー

最近気づいたこと、それはコーヒーが飲めるようになったこと。
は?と言われそうだけど、実家ではコーヒーを飲む習慣がなく(うち、急須屋だし!)縁遠かったせいか、いまひとつ苦手だったんだよね。お邪魔した先で出されれば頂くものの、コーヒーと紅茶、どちらにする?と聞かれたらまごうことなく紅茶を選んでたのに、今日の打ち合わせではコーヒーを選んでました自分で!(^◇^;)
でもま、よーく考えてみると、ひとりでぐびぐび飲むのはまだお茶か紅茶ですな、特に冷たいのはレモンティー派。
けど今日のように誰かと(って今日のお相手は新しいクライアント様^^;)ずっとお話ししながら、ちびちび飲むにはコーヒーの方が実は合ってる、と最近気づいて以来コーヒー、なのです。
とはいうものの、まだ、エスプレッソは苦そう(!)で挑戦できないし、カプチーノとか何とかマキアートといった種類も何がなんだかさっぱりわからず、飲めるのはシンプルなコーヒーのみ、従って未だスタバには近寄ることもできない(爆)というていたらくなので、ほんっと初心者の域を出てないンですけどね(^◇^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/06

糸の揃え方

針のことを書いたので今度は糸のことなど(笑)
みんな糸ってどうやって揃えてるのだろうか。
私はその都度その都度、必要な糸を買い足していくタイプ。
この生地で○○を使おう、でも手持ちで合う糸はないから買わなくちゃ、という感じで。
こんなんなのでよく使う、好きな系統の色はグラデーションかかってます(笑)
反対にあまり好きじゃない、使わない色は見事にありません(!)
もっともお仕事が増えるにつれ、自分の好みとは関係なくいろんな色が揃ってきたけど。
以前は、使う予定は全くない(合う生地がない)けど、合わせ易そうな色だから使うでしょう、と買ってたりもしました。でも結局、全然使わない(^◇^;)
特にミシン刺繍糸(!)
ブラザー純正糸としての小巻糸ではなく、400色揃った工業用のウルトラポスが買えるようになった時、それはそれで色数に圧倒されてしまい(^^;)どの色を選んだらいいのか判らなくてなってたぶん、この色使うでしょう、と適当に買った糸は未だ未開封のままだったりするんですわ、これが(^^;)
なので、オークションなどで30本とか50本とかまとめて出品されてるのを見ても、安いけど私は果たしてこの中で何色使うだろう、と思うと落札に踏み切れず、必要なときにその都度買う、という慣習を崩せずにいます(^^;)
もちろん必要な時にその都度買う、ことができるのはすぐに行ける距離に品揃えの良い店がある、という恵まれた環境ならではだと、判ってますが(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/02

ミシン針いろいろ

こないだ(といっても結構前かも^^;)8号を50本頼んだときは、さぁこれでしばらくもつぞ~と思ったけど。
気が付けば残り1パックくらい。結構な勢いで減ってるかも。
ずっとお仕事続きで出番は8号ばかり、自家用服なら数枚縫ってもまだいーや、と替えないところをお仕事分はガンガン替えてる。ファスナー付けたら替え、うっかり待ち針を踏んだら替え。こまめに替えるのは使ってる生地自体がデリケートだからってのもあるけど。今回はホースヘアブレードをのべ8メートルくらい縫い付けたこともあって特に、消費が多かった。しつけ代わりの仮止めと本縫いと、2本縫ったし。ホースヘアブレードを縫い付けてた時は替えどきが如実に判ったなぁ(苦笑)

加えて愛用のホームロックも、指定針は本当は別の種類なんだけどDB針でもOKということで、最近は指定種を使わずにずっとDB針で通してる。7号だと細すぎるのか目飛びするので、8号。これだと薄~いシフォンのメロウも目飛びせず、でも針穴もあまり目立たずに仕上がってよいのだ。縁かがりだって8号で充分いける。
かくして8号の消費は増えるばかりという(^◇^;)
そろそろエイジさんにお願いしなくては。それも、今度は100本ね(^◇^;)

針といえば刺繍ミシンで刺繍するときの針も、みんなどのくらいの頻度で替えてんのかな(^^;)
刺繍もいろいろあって、とにかく針数の多いもの、針数はさほどじゃないけどきっちり埋め刺した上から輪郭を刺すので、針が布を抜き刺しするたびにぱっこんぱっこん波打ってしまうもの(!)とまぁ、いろいろある。
わたしは、機関車トーマスシリーズみたいに、びっちり埋め刺してなおかつその上から輪郭線が縦横無尽に走る、なんてときは2、3個刺繍したら替えてるかなぁ。。。ちょっとアップリケやロゴ入れたり程度だと相当、使うけどね(^◇^;)
今までに聞いてすごい!と思ったのは1回の刺繍で針一本、つまり殆ど毎回替えてる方がいるという話し。いや~そのこだわりにびっくり(^^;)気持だけは見習います(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »