« 仕事中その2(パターンチェック) | トップページ | 下糸の調整と内カマの使い分け »

2006/04/01

D300で工業用糸を使う

うちのDくん(イノヴィスD300)は、下糸巻モーターが別についていることもあって、上糸立ても専用のそれがある。上糸用の糸立てには、2000m巻のコーンはとても入らないが、下糸用の糸立てには2000m巻の糸が立てられることがわかった・・・・のは昨年のこと。
しかし元々、駒巻糸用の糸立てゆえ、当然のことながら安定が悪く初めはティッシュを詰めて(!)固定させたり、ティッシュはやめたものの、細い差しなどを差し込むなどして固定させていた。がしかし、これらの方法はまだまだ不安定だし、見場も決してよろしくない(^^;)
他に何か良い方法ないかしらんと考えてて、ふと、コレを使ってみたらどうだろう!と思いついたのが糸駒キャップ。ブラザーのミシンを買うと必ず!?ついてくる、アレ(^^;)前機のパッソの附属は一つだけだったが、Dくんには大中小、なんと3つもついていて一番小さいのがドンピシャ。一番半径の小さいのは、おそらくカントリー糸用なのだろう、σ(^^;)が随分前に買った(カントリー)糸セットにも同じの、入ってたから(^◇^;)

060401a
  1. 試してみたらおぉ!この通り(^^)
  2. 糸の上端(画像でいう左側)が倒れてミシン本体に触れてると、糸がうまく繰り出せないので、なんとかして糸を水平もしくは上端が2、3ミリでいいから浮いている状態をキープできないと、ダメなのだ。では直径5ミリほどの糸立て棒で巻きの直径が2センチ以上ある、2000m巻きをどうやって固定したかというと

060401b

タネあかし(ってほどでもないけど)はこちら(^^;)実際は、先に糸駒キャップを糸の方に入れておいてから、糸立て棒に差し込むという(^^;)この糸は、ブラザー純正の工業用糸ウルトラポスなんだけども、巻きの内側に5ミリ間隔くらいで筋がついてるせいか、キャップをぐっと押し込むとパチンと音がして固定される。だから 差し込むときも、中でぐらぐら動いてしまうこともない。キャップを取り出す時は、上の穴から棒で押し出さないといけないんだけどね(^^;) 他060401c_2の、例えばキングスターの2000m巻きの糸巻きでは糸駒キャップが合うかどうかわからないので、絶対とはいえないが少なくとも、ウルトラポスのカラー糸は大丈夫ということで。

ふっ、これで「なんちゅう使い方してんですか。。。」なんて言わせないわ、ほほほ~(^◇^;)

|

« 仕事中その2(パターンチェック) | トップページ | 下糸の調整と内カマの使い分け »

コメント


あのですね、実は残念ながらULTでは無理だったのですよ。なぜなら下糸用糸立てが逆向きに付いているので。いじわるなんだから。つまり根元が左で先っちょが向かって右。糸がコーンの上方から出てしまって。
でもベルニナでばっちりできました。もう感激だわ。とってもいいです。パチパチヽ(^o^)丿

投稿: モコモコかあさん | 2006/04/10 21:53

へーへーへーへー。。。
思わずへぇボタン押してしまいました、なんて(^^ゞ
でもって、カタログで確認してしまいました、ホントだ!
なんで変えたのでしょうね、いや~これも今度聞いてみようっと、忘れないようにΦ(..;)メモメモ
ベルニナは・・・カタログ見ても、糸立て棒のあたりが大写しになってる写真がなくてあまり良く判らなかったけど、うまくいったのならなによりですわ~(^◇^)ノ 

投稿: ユリウス | 2006/04/11 18:06

ブラボー!!
すばらしいアイデアに感謝します!!

糸が絡んでめちゃ悩んでました...
ありがとう!

投稿: wappener | 2007/07/08 20:49

wappenerさん
お役に立てて何よりです(^^)
お互い、より一層の楽しい刺繍ライフが送れることを願って!

投稿: ユリウス | 2007/07/09 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/9525638

この記事へのトラックバック一覧です: D300で工業用糸を使う:

« 仕事中その2(パターンチェック) | トップページ | 下糸の調整と内カマの使い分け »