« まじめだった?あの頃 | トップページ | 新しい出会い »

2005/12/16

ロックは2台あるけれど

お仕事もの、自家用、同時進行だ~と意気込んだのはいいが、お仕事の方でメロウ始末が続いてて、ホームロックの方は巻ロック仕様になっていた。
古いロックだから、レバー一つでモード変更とはいかなくて針板、押えを替え、前カバーを開いてドライバーで縫い目ピッチを替え・・・てあったので、端始末はできない。
なのでジャノメくんにお出まししてもらったのだが、これが・・・・以下省略(^^;)
3本糸ロックが健在だから、ジャノメくんをオーバーロックモードで使うのはカットソーを縫うときぐらいで、布は2枚重ねで縫うことがほとんど。そして糸調子は大抵オートモードでいける。
今回縫うのも中肉のコールテンだから、例え一枚でしかかがらないとしても大丈夫だろうと思ったら甘かった(^^;)
確かに2、3年前、やはりジャノメくんで薄いツィルをふちかがりしようとしたら、ちっとも糸調子が取れなくて難儀したことはあったのだけども。ジャノメくん、3本ロックは苦手なのか?(爆)
初めはルーパー糸のバランスがヘンで、それが良くなったら今度は針糸。
オーバーロックのセオリーに従って(この部分の糸が弛んでたら○○の糸調子を強くする、といった)調節してたら、糸調子の目盛りがとんでもないことになった(!)でも,縫い目はイマイチ。なんでーーー。

私はブラザーの回し者だから(←ホントです^^;)ホームロックを良く言っていると思われそうだけど、でもやっぱり糸調子の取り易さでは絶対こっちなんだよね。
普通の、縁かがり始末ならダイヤルは3本ともまず「4」でいける。微調節したとしても針糸が「4」と「5」の間、ルーパーが「3」から「4」になるくらい。
メロウにする時だって、ウーリー糸を使うオーバールーパーを「0」から「-1」ぐらいにするだけでぴたりと縫い目は決まる。
巻ロックなら、アンダルーパーをちょっと強くするくらいでやはりすぐ縫い目は決まる。
だからメロウ→縁かがり、縁かがり→メロウと繰り返しても糸調節に手間どることは殆どなく。。。なのに今回、針板や押えを替えることを面倒がったために、嗚呼(^^;)

結局。。。ジャノメくんの糸調子が(私の納得できる範囲まで)取れないうちにお仕事の方が終わってしまって(爆)息子のズボンの端始末はいつものように!?ホームロックですることになったのでした、ハイ(^^;)

がしかし、ジャノメのロックが使い辛いなんて評判は聞いたことが無いから、もしかして何かコツがあるやもしれぬ。それかσ(^^;)のジャノメくんの糸調子皿に汚れが溜まってるとかね。
年明けにキルトフェスがあるけれど、そこでもしジャノメのブースとかあったら聞いてみよう。
ジャノメくんを買ってすぐのホビーショーでいろいろ教えてくれたあの方がいらしてれば、の話だけど(^^;)

|

« まじめだった?あの頃 | トップページ | 新しい出会い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/7697467

この記事へのトラックバック一覧です: ロックは2台あるけれど:

« まじめだった?あの頃 | トップページ | 新しい出会い »