« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/24

たまごっちとの相性(爆)

昨夜、チャットから抜ける頃に感じたかすかな悪寒。
これはちょっとまずい予感(^^;)昼間は喉もいがらっぽかったし、ということで風邪薬飲んで寝たけど朝はまだだるさが抜けず。。。ますますまずい、だって今日は午後から義母のお見舞いにいくのに、自分が病人になってどうするよ(^◇^;)
眠くなると困るので風邪薬はやめたが、ユンケル(それも粉末の)飲んで午前中は息子のズボンの続き。完成までいかぬうちにお昼になって、昼食食べて出発。電車を乗り継ぎ病院へ。電話で話したときの印象よりは元気そうに見えたけど、医師の説明を受けた夫によればこれからが大変らしいとのこと。ま、それもあって早めにお見舞いに行ったのだが。
その後新宿へ。帰省用の新幹線の切符を買い、西口のヨドバシカメラで年賀状用の子どものシールプリントを作成、って今頃そんなことしてていいのか?>ぢぶん(^◇^;)
シールプリントは時間がかかるので、待ってる間、オットと子どもはゲーム・ホビー館へ。娘に続いて息子にもたまごっちを欲しがるので探していたのだが、タイミングが悪いのかなかなか買えない息子。
先々週かな、3人でヨドバシカメラ行ったけど売り切れだったので、売ってるかどうか見に行こうと。そしたら戻ってきた息子の手にはたまごっちが(^◇^;)えー売ってたんか?????
そういや、娘に買ってやった(ってお金出したのはばーちゃんだけど^^;)時も、何軒か回るもなかなか買えないでいた。。。ら、会社帰りになにやら自分のゲームを買いに寄ったらしい夫が「新宿のヨドバシにどっさり売ってたよ???」
翌日、速攻で行って買ったんだったなぁ(!)
私はオットと比べるとたまごっちと相性が悪い。。。のか(^◇^;)
あ、半日外出してたけど帰宅したら気分はすっきりしてた。喉はまだ少しイガイガしてるけどこれなら明日のバドの練習は大丈夫そう(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/23

チャット

某掲示板のチャット大会に参加した。その掲示板には書き込みなんて、たまーーーーーにしかしないのに、こういうときだけちゃっかり参加するσ(^^;)
昨年もそのパターンだったような。
にしても、これまであまり気にしたことなかったけどみんなお若いのね(^^;)
話の流れで二人の子どもは小学生、と書いたらそんな大きなお子さんがいるなんてーと驚かれてしまった。あたし幾つに思われたかな(^◇^;)
まぁ幾つに思われても別に構わないけどね。

σ(^^;)が20代の頃はまだ20代で結婚する人は多かったと思うんだけど、ここ数年で急速に結婚年齢って上がったみたいで、27と29で産んだというと早ーいと言われてしまう。
感覚ってほんとに数年であっという間に変わってしまうものなんだなぁ(^^;)
でも子どもを産んでもまだやりたいことのいっぱいある私(←大人になりきれてないとも言う^^;)は、早めに産んでおいて正解だったのかも、と今になって思う。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/22

ミシン刺繍に、励む

朝からずっと息子のズボンに刺繍を入れていた。
いやぁ速いわ~とちょっと感激(^^;)
速いのに、静か。でもキャリッジがギシギシいうのは結構気になったりして?(^◇^;)
針の上下が静かな分だけ目立つのか?
しかしミシンは速いが、操作する人間がダラダラしてるだけにやっぱり進みは悪い(!)
本当は、自分のスカートの裾にも刺繍入れたかったけど、間に合いそうもないから模様縫いでお茶を濁しそう。いやいやでも、模様や糸をうまく選んで組み合わせれば刺繍に負けない良さがでるはず、と思うのはどんくさい自分に対しての言い訳か?(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/18

来年こそは。。。!?(^◇^;)

午後からオットのスーツを買いに行った。
すぐ近所にある某紳士服店に行こう、といったらオットはだったら伊勢丹でバーゲンしてるときにでも~と多少の抵抗を見せたが(^^;)もともと、そんなにたくさん持ってないのに、どれもくたびれてきてて、待った無しだからーと近所の店に行って2着購入。

そういえば某所でのプロフィールに今年の初め、夫のスーツを作るのが目標なんて書いてたけど結局作れないまま一年終わってしまったな。メンズボディも買ったというのに(爆)
メンズボディはお仕事で使ったから、無駄にはなってないけども。
来年こそは。。。作れるといいな(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/17

新しい出会い

今日は午後から子どもを連れて駅一つ向こうの児童館に行って来た。
厳密には、その前にもう少し先にある街で用を済ませてから行ったのだけども。
先月初めからお誘いを頂いて行き始めた某所で、その児童館でワークショップをやる、という告知を見かけたのだがよーく見たらそこってうちの近所じゃん(^^;)というわけで。。。
講師を務めるニードルワークの作家さん自身が告知をされていたのだが、サイトで見た作品にすごく惹きつけられたのと、こんな近くに作家さんが住んで&お教室を開いているなんて!と嬉しくなって出かけてしまった・・・のは実は先月末のこと(^◇^;)

今回は2回目っす(^^;)前回は、「刺繍入りのくるみボタンを作ろう」というワークショップで、家庭科を機に針を持つ機会を得た娘にちょうどいいかも、と思ったのとσ(^^;)がその作家さんにどうしてもお会いしてみたくて行ったのだった。
作家さんのサイトで拝見したプロフィールでは、フィレンツェに留学してたとか芸術系の展覧会に出展してたなどとあったので、ちょっとおっかなびっくりではあったが、実際お会いして話してみると、とても気さくで話しやすい方だった(^^)
σ(^^;)も知ってる某ミシンメーカーの刺しゅう作家さんとお友達だとか、初めに講師の資格を取ったのは私も子どもの頃から馴染み深い出版社系列であるとか。ピチだのジュニスタといった昔の手作り系の雑誌を知ってるか聞いてみたら、やはりご存知だった(^◇^;)私より少しばかり年長の方なので、私達世代のようにどっぷり、ということはないみたいだったけども。

前回もとても初対面とは思えないほど話が弾んだが、やっぱり今回も話は尽きなくて(^^;)
外が暗くなって児童館もそろそろおしまいなので、仕方なく!?帰ったという(爆)

そうそう、お話していて判ったのだがなんとヨコハマのキルトウィークにもいらしてたとか。
それもσ(^^;)が行ったのと同じ日に(!) 
9月(だったと思う)京橋であった作品展に出展されてた時に、(近所の?)ブラザーの人も見に来てミシンの説明会にも行かれたとか。その縁もあって、キルトウィークでもブラザーブースに立ち寄られたそうな。
うーんσ(^^;)が(3代目)担当者様にあれこれいちゃもん、もとい、期待込みの苦情!?を言ってたとき同じブースにいらしたかもしれなかったワケね(^^;)
まぁまだその時は面識が無かったのだから仕方ないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/16

ロックは2台あるけれど

お仕事もの、自家用、同時進行だ~と意気込んだのはいいが、お仕事の方でメロウ始末が続いてて、ホームロックの方は巻ロック仕様になっていた。
古いロックだから、レバー一つでモード変更とはいかなくて針板、押えを替え、前カバーを開いてドライバーで縫い目ピッチを替え・・・てあったので、端始末はできない。
なのでジャノメくんにお出まししてもらったのだが、これが・・・・以下省略(^^;)
3本糸ロックが健在だから、ジャノメくんをオーバーロックモードで使うのはカットソーを縫うときぐらいで、布は2枚重ねで縫うことがほとんど。そして糸調子は大抵オートモードでいける。
今回縫うのも中肉のコールテンだから、例え一枚でしかかがらないとしても大丈夫だろうと思ったら甘かった(^^;)
確かに2、3年前、やはりジャノメくんで薄いツィルをふちかがりしようとしたら、ちっとも糸調子が取れなくて難儀したことはあったのだけども。ジャノメくん、3本ロックは苦手なのか?(爆)
初めはルーパー糸のバランスがヘンで、それが良くなったら今度は針糸。
オーバーロックのセオリーに従って(この部分の糸が弛んでたら○○の糸調子を強くする、といった)調節してたら、糸調子の目盛りがとんでもないことになった(!)でも,縫い目はイマイチ。なんでーーー。

私はブラザーの回し者だから(←ホントです^^;)ホームロックを良く言っていると思われそうだけど、でもやっぱり糸調子の取り易さでは絶対こっちなんだよね。
普通の、縁かがり始末ならダイヤルは3本ともまず「4」でいける。微調節したとしても針糸が「4」と「5」の間、ルーパーが「3」から「4」になるくらい。
メロウにする時だって、ウーリー糸を使うオーバールーパーを「0」から「-1」ぐらいにするだけでぴたりと縫い目は決まる。
巻ロックなら、アンダルーパーをちょっと強くするくらいでやはりすぐ縫い目は決まる。
だからメロウ→縁かがり、縁かがり→メロウと繰り返しても糸調節に手間どることは殆どなく。。。なのに今回、針板や押えを替えることを面倒がったために、嗚呼(^^;)

結局。。。ジャノメくんの糸調子が(私の納得できる範囲まで)取れないうちにお仕事の方が終わってしまって(爆)息子のズボンの端始末はいつものように!?ホームロックですることになったのでした、ハイ(^^;)

がしかし、ジャノメのロックが使い辛いなんて評判は聞いたことが無いから、もしかして何かコツがあるやもしれぬ。それかσ(^^;)のジャノメくんの糸調子皿に汚れが溜まってるとかね。
年明けにキルトフェスがあるけれど、そこでもしジャノメのブースとかあったら聞いてみよう。
ジャノメくんを買ってすぐのホビーショーでいろいろ教えてくれたあの方がいらしてれば、の話だけど(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/15

まじめだった?あの頃

なぜか突然和裁、というか着物に目覚めてしまって10数年ぶりに和裁しようと短大時代の教科書を引っ張り出した。
短大時代の教科書は若かった頃は正直、あまり親切な解説とは思えなくて卒業後に市販の和裁本も買い、そちらを眺めることが多かったのだが今回教科書も改めて見直したら、書き込みがびっしり(^^;)
ちょと読み辛いくらい、薄くて小さな文字だけど教科書には載ってない、でも先生が仰った大事なポイントなどが書き込まれてた。ホントはテキストに書き込むのは邪道だと思うけど、でもノートにきれいに図解なども写して・・・などという余裕はなかったからよしとしよう。
当時もう、卒業後は洋服の道へと密かに心に決めていたけど、でも和裁自体は楽しくて新鮮だったからあんなにまじめにがんばっていた。。。のか?(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/14

ミシンにも感情が?

服を仕立てるだけなら職業用&ロックで間に合うので長いことこれでやってきたσ(^^;)
でもやっぱりボタンホールだけはジグザグミシンの方がねー、とボタンホール専用のつもりで一番(!)安いミシンを買った。しかし、今年になって新しいお仕事を始めたら、急激にジグザグミシンの出番が増えた。2月から始めたお仕事は、2wayストレッチを使うことが多く、組み立ての際の本縫いこそヌーベルで「下糸にウーリー使っての直線縫い」も多いけど、インナーパンツの股ぐりに、或いは布端の補強のためにオペロンゴムを縫い込むこともやはり多くて、一着縫うのに一度もジグザグミシンを使わずに済むことはまずない。
けれど、半回転ガマの宿命か、縫い初めとか高速で一気にがーっと縫おうとすると糸絡みしてしまうことが結構あって。。。(-_-;)
だからD300を買ったとき、刺繍機能以外にも実は期待が大きかった。D300はボビンケース不要のカマだから下糸調節ができない・・・なーんてことはなく、針板外してカマ出せば自分で調節できるんだってことをパッソで知ったし、今のミシンにはない押え圧調節機能もついているので、これからはきっと快適だろうととにかく期待してた。
しかし。。。なぜか最近、安い(!)ジグザグミシンの調子がすこぶる良いのだ(^◇^;)
今回のお直しでも、ゴム入れジグザグミシンを延々9枚縫ったのだが、なんと一度も糸絡みなし!!
これまでだと、このくらいの距離縫ってたら必ず一度は途中で糸絡みが起きてたのに(^^;)
縫い代の重なる厚い部分では多少の足踏みはあったけど、でもそれも本当に若干縫い目が細かくなる程度で、これまでのようにホントにその場で足踏みしちゃってどうしようもない、ってことは一度もなし。
糸や針を替えたわけでもないのに、いったいどうしたの?という感じ(^^;)
もしやD300が来たことで、自分がお払い箱になるだろうと察しでもしたのだろうか(^◇^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/12/08

なぜか風呂敷

ウェディングが終わったので次の優先順位としては、9着のお直しドレスなんだけども。
なんでかとにかく部屋の収拾がつかなくなってしまっていて、その原因の一つは和装小物が散らかってることだなと気づき(^^;)とりあえず一つにまとめてしまえ、と思ったのだがそれまで使ってた風呂敷では小さくて、まとめきれない。新しいのを買おうかと街へ出たついでに見てたけど、それっぽい生地で作ればいいじゃないか(^◇^;)
そして、ずーと前にオカダヤで安かったのとうさぎの模様が可愛くて、何を作るというアテもないまま買ってしまったちりめんを思い出した。で、突然風呂敷作り(爆)
とはいっても、四辺のうち2辺は生地の耳をそのまま利用することにしたので、上下の端を三つ巻縫いしただけなんだけど(^◇^;)
久しぶりに三つ巻押えを使った。やっぱり縫い始めと縫い終わりはなかなかきれいにいかず、後で縫い直したけど自分としては大満足(^^)
1207
これで少しは・・・収拾がつくかな?(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/12/06

フヌケ状態(爆)

これもマルチタスク消化の一環といえるんかな?(‥?)
昨日、もう一度試着をしてもらったお客様に、すぐ仕上げて明日(火曜)の宅配で送ります!と宣言したので、ひたすらひたすらミシン踏んでレースモチーフまつりつけて。
なんとか送りに間に合わせた・・・けど、集中し過ぎて!?ヨレヨレ(^^;)
まぁいつものことだけども(爆)
今日はコレだけで終わってしまった。
夜も、2日ぶりに帰宅(!)したダンナにつきあってウダウダしてしまったし。
明日からまたがんばろっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/05

マルチタスク消化(?)その1

朝からお客様を迎えるべくひたすら掃除&片付けに励む・・・って、片すのに一日かかるほど散らかってる部屋ってどうよ(^◇^;)夕方、無事?お客様を迎えて試着&打ち合わせ。丈を見るのに、当日履く靴をお持ちでなかったのでサイズを聞いてσ(^^;)の昔の白いパンプスを履いてもらった。おー短いけど出番があったゾ(^^;)
なにせ挙式の日が迫っているので、最優先でこれを仕上げてお渡しせねば、なのだ。んが息子のズボンも待ったなしの状態なので、机の上で刺繍ミシンを動かしながら、ボディにドレスを着せて床上がりのチェック。
1205
ディズニーの刺繍なんぞ要らん(!)と公言してたσ(^^;)だけど、息子に聞いたらディズニー(ミッキー)がいいと言うので(爆)内蔵模様を刺繍。とりあえず一枚だけだけど。。。あと2枚分裁断してあるので、残りの2枚はトーマスと仲間達の刺繍じゃー。
先日、初めて刺繍してみたときは糸調子などいじったせいか見事に下糸が絡んで失敗した(T^T)けど、今回は糸調子は一切いじらずデフォルトのままだったせいか、糸絡みは無し。最後の輪郭は少~し隙間ができたけどぉ(^◇^;)
針を新品にしたのも良かったか?まぁ布はしっかりしたコールテンだしね。
ところで私は刺繍糸は、初めはいわゆるブラザー純正の300m巻ラポス(ウルトラポス)を使っていたのだが、コネ使って(爆)オゼキさんから直接、工業用2000m巻を買えるようになってからは順次、そちらに移行している。
2000m巻のそれは色数も多く経済的でまことに良いのだが、家庭用ミシンで使うときは糸立てに入らないのでロックミシンの糸立てを利用したりなどの工夫が必要であった。実際パッソではそうしていたし。がしかし、今回D300に変えたら。なんと2000m巻もそのまま使えるではないか(^◇^)ノ 
まぁ・・・・厳密には無理やり使っているんだけどもさ(爆)
D300は、下糸巻モーターが別なので、上糸立てが2つある。ふっと思いついて本当は下糸巻用の糸立てにスプール巻のウルトラポスを差し込んでみたのだ。家庭用ミシンの糸立てだから細くて、スプール巻のぶっとい糸巻きを刺すと安定が悪いのだが、今回隙間にティッシュを詰めて工夫したらうまく糸も繰り出されてばっちりであった。
毎回毎回ティッシュというわけには行かないので、何か考えなくては、なのだがいちいちロックミシンを後ろに持ってこなくていいのはラクでいい(^^;)
それから。。。買った時から思っていたのだが、糸を通すとき、針のすぐ上の糸案内(6番)は隙間が殆ど無くて両手で糸を持ってぐいっと押し付けるようにしないと通らない。これ以外のミシン、例えばヌーベルでもホームロックでも前の刺繍ミシンパッソでも、糸がするっと通るくらいの隙間は充分に開いていたから、片手でひょいっと引っ掛けられたんだよね。
このD300が掛けにくいのはこういう仕様なのか、単なる個体差なのか。
ただ、パッソの時に、刺す速度が上がると勢い余ってか糸が外れて飛び出してしまうことがあったので、(糸を)掛け辛いけど外れもしない、ということでやっぱりこれは仕様なんだろか。。。(‥?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/04

マルチタスク(笑)に挑戦

カテゴリーに悩んでしまったりして(^◇^;)
パソコン用語のマルチタスクとは、厳密にいうとちょっと違うだろうけど私から見るとそんな感じってことで(笑)
記憶を辿ると短大時代には2、3枚の同時進行というのはやってた記憶が。けどそんなに大変な記憶がないのはなぜだろう。若かったからか?(苦笑)
んで、今のマルチタスク状態はというと。
・お直しのダンス用ドレスを9着預かり中。群舞?用なので、全く同じデザインで微妙にサイズが違う、9着。スカートの丈詰め(ただしこれは7着のみ)肩ヒモ詰め、フロート布位置付け替え、インナーパンツ直し。
・湯のし待ちだった小紋(の反物)一昨日やっと届いて。これから胴裏買って八掛けの色を選ばないと、なんだけどどの色にするか悩み中。自分の中での候補は2色、可愛い目(!)の色目でいくか、トシ相応(爆)にシックな色目でいくか。。。
・名古屋帯のアレンジ。これも昨日届いた。仕立て上がりだから、本当は手を入れる必要はないけどちょっと思うところあって。
・自分の普段用ジャケット&マントコート。急に寒くなってフリース一枚の上着じゃ風が抜けて寒いぃぃ(^^;)最近流行のキルティングJKに惹かれないわけじゃないけど、無難にオーソドックスな生地で行く予定。でも裏地はキルトだったりする(笑)マントコートは、10ン年愛用してる形で、さすがに布がくたびれてきたので、新しい布で作り直し。しかし、前に作った時のパターンがどこ探しても見つからない。前に型紙整理した時に捨てたんだろなーきっと(^^;)
・子どもの服の補充。すぐできる、と思いつつでも一番後回しにされやすいという(爆)洗い替えがあるうちはどうしても、なー(^◇^;)
なーんて、つらつら思ったりメモってたらクライアントさまから連絡、先週納品したドレス、まだお直ししたいとのこと。でもって、時間がないのとこれ以上細かいお直しは自分では手に負えないので、直接お客様に会って見て欲しいと。クライアント様は、洋裁は判らない人なのでしょうがないか(^^;)で、急遽明日拙宅にお客様(初めての方^^;)をお迎えすることに。リビング、片付けて掃除せな~(爆)
今年もあと1ヶ月切ったけど、さぁどこまで進むか(!)
お仕事は、どこまでできるかなんてレベルの話じゃないが。。。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/02

値上がりしてる?

ちょっと調べ物してたら、来年の東京国際キルトフェスティバルの案内を見かけた。
うわ、早~と思ったけどよく考えたらもう2ヶ月切ってるから早くもないか(^^ゞ
で「?」と思ったのが入場料。前売り&当日ともに今年と比べて2、300円値上がりしてませんかぁぁ~。あんなに入場者居た(ように思った)のにな。
そんなのは焼け石に水で、実はすごく経費がかかってるのかも?(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »