« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/29

ベルニナとハスクバーナ

幕張へ納品に行った帰り、オカダヤに寄った。。。ま、いつものことだわね(爆)
近いうちにどうしても欲しいファスナーがあったし、メルマガ会員割引も今日までだったし(^^;)
夕方でレジが混んでたので並んでたら、モギーさんに声を掛けられた。
「こないだのあれ、キルトの、行かれました?(^^)」
「よっ、横浜のですかっ・・・行きましたとも!(^◇^;)」
ははは、すっかり読まれてるというか行動バレバレ(爆)
ちなみにあさってからモギーさんでもハスクバーナのデザイナーSE、展示&販売するとか。
あれからもう何年になるのだろう、ハスクバーナが日本へ進出してデザイナー1が売り出されたとき、どれほど売れるものなのか、なんて思っていたけれど、さすがに?最近は結構持ってる人居るんだなぁ、ということが判った。今年初めのキルトフェス、先日の横浜キルトウィークでもそうだったけど、個人や少人数のグループショップのブースでもよく見かけたし、ネットでもキルトな方々のサイトなど回ってるとユーザーを結構見かけたから。

それにしても。ベルニナとハスクバーナの比較は前にも、シェアのことでちょっと触れたことがあるんだけども。
ヨコハマでハスクの新発売ミシンは65万だってさ、ぉお~なんて騒いできたけども、そのずっと前に発売されてるベルニナのアーティスタ180とか200なんかは60万、80万するんだよね(苦笑)
(あ、ベルニナもハスクもどちらも刺繍機をつけた上でのお値段どす、念のため。)
なんでハスクだとぅお~○○万だってさ~と驚いてしまって、ベルニナだと80万といわれても「あっそう」で済んでしまうんだろう(!)
ベルニナはとにかく高い、なんて頭のどこかに刷り込まれてしまっているからだろうか。。。(爆)
それでも。最近はちょっと教えてもらってないからもしかしたら逆転してるかもしれないけど、この海外2大ブランドのシェアはお高い方(!)のベルニナが頭一つ、抜きんでる形でハスクを押えてるそうだから、値段だけでは判断できない計り知れない何かがあるんかねェ?(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/23

初めての刺繍(D300のこと)

今日になってやっと初めて刺繍してみた(爆)
しかもいきなり最大サイズの枠で(^◇^;)だーってこれが使いたいがために買ったようなもんなんだし。しかし。あと30針程度で終り、というところで下糸が絡みましたがな(T^T)
あっ、と思った時には既に遅し、布までカマに食い込みかけて。。。試し縫いでよかった、ホント(^^;)
けど、よく考えてみたらまだ糸調子とか確認してなかった。自分の中での、この(調子の)強さだと仕上がりがこんな感じ、という確認。パッソをあまりにも長く!?使ってたせいか、パッソの時だって下糸、上糸の強さを何度も変えては試し縫いしてこれがほぼベスト、というポイント掴んだことをすっかり忘れてた。
手間を惜しんだらアカンな~。ミシンを、ミシンのコンピュータを信用してないわけじゃないんだけども(爆)でもミシンは自分の第三の手なんだから、やっぱり自分の目で納得しないと。

あともう一つの大きな課題は枠張り。σ(^^;)は刺繍用芯を枠に張って土台として置き縫いをしているのだが、この芯をうまく枠に張るのに難儀しました、はい。。。(^^;)
いつだったか現担当者さまが、10×10センチサイズが実は一番きれいに刺繍できるんだよね、枠張りの関係で、とぼそっと言ってたことがあって、10×10センチ「しか」使ったことのないσ(^^;)はそんなもんか?と思っていたが今日初めて納得・・・したかも(爆)
単に枠が大きくなった、だけでなくパッソから比べると仕様がずいぶん変わってるので、まずはそれに慣れることからかなァ。もちろんそれは、使い勝手が少しでも良くなるようにと改良を重ねた結果であろうことは、充分理解してるけど(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/21

途中で止めたい・・・(D300のこと)

まずは下糸を巻かなきゃだわ、と巻き始めたのはいいがコレ途中で止めたいときはどうすれば?(爆)
これまで使ってきたミシンは本体のモーター使って糸巻くから、本体の運動を止めれば止まる・・・けど、新しいそれは別モーターだから本体のスタートストップボタンは関係ない。
下糸巻くときのスタートスイッチになるボビン押えとやらを途中で元に戻せば止まるのか?でも無理やりそれやってもし、壊れたらかなり情けない・・・(^^;)
刺繍用の下糸だけは目一杯巻くけど、他の地縫い糸の場合、ヌーベル(工業用ボビン)との兼ね合いもあるので、必ずしも目一杯巻くとは限らないんだよな。
(家庭用は)ボタンホールだけにしか使わないことはしょっちゅうだし。
もしかしてσ(^^;)、すごーくマヌケなこと書いてる?(爆)


それはそうとボビン(の厚さ)が11.5ミリタイプになってたのはラッキーだった。
これまで使ってた家庭用ジグザグのボビンもそのまま使えるから。9ミリタイプは不評だったのかなァ。。。(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/20

ネットのなかった2日間

それは金曜の朝。今日は友人と約束があるから、といつもより少し早めに家事を片付けパソを立ち上げてメールチェックを始めたのだが。。。途中で突然、インターネットが繋がらなくなってしまった。なんで????さっきまで、ちゃんとできたのに!!再起動したり、コードの差込が外れかけてないか確かめたりしたが、全く反応無し。最後は設定の確認、だが結婚して以来パソの設定その他は全て夫にお任せの私は、ヘタにいじってセキュリティなんかもぶっ壊しては、と本当に「確認」しかできない(^^;)
友人との約束の時間が迫るので外出したが、帰宅しても状況に変わり無し(当たり前?^^;)
仕方が無い、夫の帰宅を待とうと思ったがこんなときに限って夫は帰って来ない(爆)
(遊び呆けてるわけではなく、仕事が忙しくて帰宅できないのだ、念のため)
土曜の、それも深夜近くになって夫がようやく帰宅、早速繋がらないのよーと伝え、夫もパソ見て確認したが、2日間ぶっ通しの仕事で疲れてるであろうことは判っているので、それ以上(早く直して~)は言えず(^^;)
しかもどこが悪いの?(‥?)と聞いてみると特にこれという問題が見当たらないので、初期設定から見直しが必要かも、と言う、ひぇ(^^;)
んが。今朝になったら「直ってるよ」のお言葉。なんですと!!!
「ん、ルーターの電源入れ直したら。。。。」
うちはモデムには専用のスイッチがあるが、ルーターにはない。もっとも、刺しているコンセントがOA用タップとやらで、タップにスイッチがついているのだが。繋がらなくなった時、モデムのスイッチは切ったり入れたりパソを何度も立ち上げ直ししたが、オット曰く「このスイッチは触ってないでしょ、加えて最近全然切ったり入れたりも、してないでしょ」「はい、そのとーりでございます(^^;)」
そ、そういや自分でパソをやってた頃もどーしてもウンともスンとも言わないときは、ということがあったが今でもそういうことってあるのね、ははは(^^;)
チカラ抜けましたよ、あたしゃ(爆)
このスイッチのことも覚えておかなくっちゃ。。。(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/19

どこかで見たような・・・(D300のこと)

冬用の程好い大きさのバッグがないし、新しい化粧ポーチも欲しいなと、バッグのパターンを幾つか広げた。せっかく新しいミシン買ったのだから使いましょうとばかりに、まず飾り縫いにはどんな模様があるかいな、と試し縫いを始めた。
まず液晶画面で模様一覧を表示させて物色物色。ん~。。。(^^;)なんかどこかで見たようなステッチが並んでるような気がするのは気のせいか?(!)
どこで見たかといえば、それは刺しゅうプロのモチーフステッチ。幾つかの模様が、刺しゅうプロに付いてきたモチーフデータにそっくりなんですけど(苦笑)
まぁ、D300についてるほうは「飾り縫い」扱いなので刺しゅうプロで作るステッチと違って、枠に布を張ってミシンも刺繍モードにする必要がなく、押え金も実用縫いモードの延長でずーと連続して縫えるからある意味使い勝手は良いかも。
もちろん飾りステッチは刺しゅうプロにはないステッチがたくさんあり、中にはかなり凝ったデザインのものもあって(気に入るかどうかは別にして^^;)飾り縫いは予想以上に充実していた。また幾つかの模様を組み合わせて連続模様にできることもわかったし。でもやっぱりMy Custom Stitch機能もつけて欲しいもんだ、と思うわたしは欲張りだろうか(^^;)

そして内蔵刺しゅう。こちらもディズニーキャラばかりが強調されてるが、他にはどんな?と取説を検めるとやはりそこには、どこかで見た~よ~な刺しゅうが・・・(^^;)それは例えば、自分が既に持ってるカードに入ってるのと同じだったり、エンブロイダリーデザインブック(今だとHeartStitchesか?^^;)にあるのだったり、ピクノにもこんなのあったな?というものだったり。までもおまけについてきたようなものに、文句言うのもせこい、か?(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/18

おのぼりさんな一日

結婚したら偶然、同じ沿線になってラッキーと思ってた友人の1人が訳あって急遽、ご主人の実家へ戻ることになった。同じ神奈川県内だが、神奈川県も広いゆえ、今までみたいに電車で10分15分という距離ではなくなってしまった。
でも会いたいね、ということで前から行こうといってたピザのおいしいレストランでランチを約束。
久しぶりに表参道に降り立った私だったが、こ、こんなんだったっけ????(^^;)
待ち合わせをしたスパイラルビルは変わらないが、ビルのすぐ横を入るとそこにはピエトロのレストランが。こ、こんなところにもあったんだ(←渋谷しか知らなかったヤツ^^;)パン屋のアンデルセン、外壁のデザイン変わってない???
彼女が予約してくれたレストランとて、そんなにできてホヤホヤというわけでもないと思うのに知らなかったし、さ(^^;)まぁでも最上階で天井が半分ガラス張りの店内は明るくて、ピザもおいしくて何種類か頼んでみんなで食べるはずだったのに、σ(^^;)はひとりでいっぱい食べてしまったような(爆)
ワインも初めはデキャンタでオーダーしようとしたけど、やっぱりボトルでいーやと。3人で呑むとボトルなんてあっという間だ。。。ダンナと二人だと呑みきれないことあるのだが。自宅だと自分ではおいしい料理を作れない(!)→酒が進まない、からか?(^◇^;)
ずっとおしゃべりしたいところだが、友人の3歳のお嬢ちゃんが退屈になってきたのでじゃぁ明治神宮に行こう、と表参道を登って行った。ここでまた、σ(^^;)はこ、こんなビル&ショップあったっけ???の連続(^◇^;)
さすがに同潤会アパートが取り壊されて建て替えられるのは知ってたが、新しいのはどんなのか知らなかったのできょろきょろ。もぉホントおのぼりさんそのもの(笑)
ビブレがあったのはどのへんだったっけー、とつぶやいてしまったり。
昔自分がこの近くで働いてたなんてウソみたい(苦笑)

と、いう割には明治神宮に行くのは初めてなんだから、まったく、である(^^;)
砂利道をざくざく歩いて思うことに、結構、中って広いね。。。。(^^;)
名古屋の近くで育った私なので、子どもの頃から熱田神宮とか伊勢神宮には何度も行っているので神宮とはこういうもの、と慣れてはいるけどこーんな都心のど真ん中で、というのがなんとも不思議な感覚だった。
そしてお嬢ちゃんと一緒にどんぐり拾い。これがまた、あなどれず。というのも、何種類もの椎の木が植えられているとみえて、場所によってどんぐりの大きさ形が全然違うのだ。いやいや知らなかった、明治神宮にはいろんな鳥が住んでて、野鳥観察に良いというのは聞いたことあったのだが。

楽しい時間はあっという間(←前にも書いてるな^^;)帰宅したらもう真っ暗であった。
明治神宮に行くかどうかはともかくとして(笑)表参道や青山通りはまた、探索したいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/16

意外。。。?(^^;)

お料理雑誌などのレシピをまとめたファイルの整理をした。
そのとき古びた紙袋も出てきた。基本的にレシピはクリアブックファイルに収めるようにしているのだが、整理が間に合わないものはとりあえず、という感じで袋に突っ込んでおく、そんな紙袋だった。私の中ではその紙袋は、下の子の里帰り出産の折、実家で母のミセスから切り抜いたお料理のレシピが入っているはずだった。いや実際、開けたら入っていた。
しかしお料理のレシピと一緒になんとパッチワークの切り抜きも出てきたではないか(^◇^;)
厳密にはハンドメイドのページを切り抜いたようで、子供服やエプロンなんかもあったがでも、パッチワークのページが圧倒的に多かった。
。。。全く、記憶になかった。切り抜いたことすら覚えてなかった(爆)

実は先日、横浜のキルトウィークに行って来た~、ととある方に報告したら、ドレスメーカーのユリがキルトウィークに行くとは思わなかった、と言われてしまったよ(^^;)えーキルトフェスにだって行ってるんですけどぉ、と反論しようとしたけど、このていたらくではそう言われても仕方ないかもしれん。。。(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/15

パッソの片付け

とりあえず、少しだけ時間ができたので。。。
一応まだ使えるパッソだけど、とにかくこれを片付けないことにはどうにもならないので、まず枠をキレイにすることに。
今はもう使ってないけど、以前置き縫いの布固定用にキルトボンドを使っていたことがあって、がさつな私は何も考えずに(!)シューシュー吹きかけてしまったため、枠にも粘着がつくわつくわ(^◇^;)でもってそこにホコリが付くからもう・・・以下省略(^^;)
で、強力台所洗剤で洗ってみたり、メラミンスポンジでこすってみたりしたけど、気休め程度にしか落ちない。パッソは、処分するつもりだから枠が汚くっても。。。とも思うけど、どうにも気になって(^^ゞ
最後に自信はなかったけど試しに除光液でぬぐってみたら・・・落ちるじゃーん(^◇^;)
なーんだ早く言ってよーぅ(って誰が?^^;)
もうそれから除光液でひたすらしこしこ。あっという間にキレイになった、やれやれ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パッソを手放してしまう前に

パッソ(刺繍専用ミシン)を手放してしまう前に、密かにやってみたかったことが実はあった。
D300を買えるのはもっと先になると思ってたから。
けど、大抵においてσ(^^;)のいつかやってみよう、は実現したためしがない(爆)
で今回もできないままお別れになりそう(^◇^;)
マ、それをやろうとする進行過程にはチト疑問があって、某所に問い合わせてみないと進まないんだよね。しかも問い合わせるのもちょと億劫だし(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

着付け教室

1114
今日は着付け教室の日。先週は先生の都合でお休みだったので、2週間ぶり。ポイントを自分なりに、イラストなどで書き留めておいたつもりだったけど、ところどころ抜け、すっかり忘れてた箇所多数アリ(^◇^;)
しかも帯板忘れるし(__;)
名古屋帯のお太鼓は短大のときの、1コマだけあった着付けの授業で習ったはずだけどこちらもすっかり忘れてた。やはり、習いに行って正解のようだ(^^;)
写真は今日お稽古に来た着物。最近知ったけどどうも白大島らしい。親が持たせてくれた着物の中で唯一、名前が判らなかったものだが、最近判明。2時間足らずしか着てないし、汗をかくような季節でもないけど、やっぱり襟とか袖口布とかはベンジンした方がいいのかな。あっでも買ってこないとないんだった>ベンジン(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/13

オプション品

D300を頼む時、フットコントローラやLサイズ刺しゅう枠などのオプション品も一緒に頼んだ。けれど、実際届いてみて、あーこれも一緒に頼めば良かったと思ったのが刺繍機のキャリングケース。
D300の箱は大きくて、とさんざ書きまくったけど梱包を解いてみて初めて、なぜにこんなに大きいのか判った気がする。刺繍機の梱包、がとにかく大きい(^◇^;)
発泡スチロールの緩衝材に挟まれ、それからダンボールのケースに入って。。。いるのは家電系によくあるパターン。しかしなんで取っ手までついているのだ???と思ったら、ケースも兼ねているので、とのこと。しかし本体の3分の2はあろうかという大きさ。
先日ご一緒していただいた「ま」様の刺しゅうミシンは、刺繍機は本体のハードケースのポケットに収納できるようになってるとか。けど、D300はその部分に取説入れろとのご指定が。(関係ないけど、刺繍専用機のパッソのポケットは刺繍枠を入れるようになってる)
カタログで見る限り、D300の刺繍機キャリングケースは梱包のそれに比べてコンパクトで良さげ(^^;)それと、ダンボール&発泡スチロールのままで置いとくと、ダンナにまだ片付けてないのか~と言われそうで。
どうしたもんかな。。。。本体買ったところに今更、頼めないしな~(つか遠過ぎ。。。^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/12

大丈夫、なのかな?(‥?)

1112A
1112B

既存のカードの模様にもあるけど、自分でもいくつかアップリケもののデータを作ってきた。丸やらハートやら花型やらetc.
で、今年刺しゅうプロが6.0になった時、アップリケウィザードなるものができてデータ作成がラクになった。手動でしこしこやってたアップリケピース押えステッチもついたしさ。
でも。。。。このアップリケウィザードの設定、ちょっと不安が(^◇^;)
わたしはアップリケステッチからアップリケ布が外れてしまうのがいやで、アップリケ布の布端にアップリケステッチのアウトラインが沿うように設定してきた。(下の図)けど、今回のアップリケウィザードはステッチの真中にアップリケ布の端が来る設定になってる(上の図)
アップリケステッチの幅が3ミリ以上あるのなら、ステッチの真中に布端が来てもまぁ大丈夫だろう。既存のカードのアップリケ模様でも布端は真ん中、でもステッチは3ミリくらいはゆうにあるし、σ(^^;)も既存のカードの模様でアップリケをしたことがあるが、外れたことはなかった。
今回のアップリケウィザードの設定だと、アップリケステッチの幅の最小は2ミリ設定なのだ。1ミリしかアップリケピースの布端を押えてなくて、大丈夫なのか????とどうしても不安が拭えない(^^;)
アップリケピースに使った布がざっくりした織りのほつれやすい生地だったら?
私はアップリケをぴしっと仕上げるためと、ほつれ止めを兼ねてアップリケピースにはいつも芯張ってるけど、みんなそれやってんのかな???(‥?)

アップリケウィザードでは、布端をアップリケステッチのどの位置に持ってくるか、自分では設定できない。ので、どうしても替えたかったら、ステッチデータに変換してから編集しなおすしかない。しかしそれはこれまで(Ver4)やってきたこと。せっかくついた機能だけど、(わたしには)今のアップリケウィザードは使えない。。。。あ~ぁ(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/11

インターナショナルキルトウィークその2

ハスクのブースはどこ?とブラザーのスタッフに聞いて(!)ハスクバーナのブースへ。
こちらも一番目立つところに「デザイナーSE」が。。。
おぉ、これが噂の(どこで?)65万のミシンねッ。
「画面ではマウスも使えるんですよ~」ってミシンの液晶でマウスですか。。。(^^;)
「この液晶画面、前は6色(って聞こえたけど60色か600色の間違い?)これは6万5千色なんですよ(^^)」ほ~。。。。けど液晶画面にそんなに色は要らんのでは?と思っちゃうσ(^^;)はまだシロートなのだろうか。
うっかりしていてカタログを貰ってくるのを忘れてしまったのだが、他にはランプが3ヶ所に増えて手元がとても明るいとか、データ変換装置が内蔵されているので、husデータ(ハスクの形式ね)でない刺しゅうデータでもそのまま使えるとか。

ハスクバーナ、デザイナーシリーズももちろん、良いのだけどふとブース内の体験コーナーを見やると見慣れない刺しゅうミシンが。ちょうどそこへ日本支社長さんが戻っていらしたので、ご挨拶がてら尋ねてみると「スカンジナビアシリーズですよ」とおっしゃって、カタログを下さった。「15万そこそこで買える刺しゅうミシンですよ、いいでしょう」
確かに。。。
ハスクバーナの刺しゅうミシンは、薄い麻なども芯なしの一枚きりでも糸が攣れることなく実にきれいに刺しゅうできる。構造が他メーカーとは違う独自のもの、というわけでもないのにこの違いはなんだろうと気になっていたが、デザイナーシリーズは少々(かなり?)値が張るからなァと思っていたが、この価格帯もあるのかァ・・・だからといってさすがに買わない、いや買えないけどね、だってやっぱり置く場所がね、どうしても(爆)
そしてハスクのブースでもう一つ見つけたのは、直線専用ミシン。ブラザーやJUKIの職業用にあるような専用台に収まっていた。本体も、国産各社の職業用を足して均等に割った感じのデザイン。もしやOEMとも思ったけど、わからず。スタッフに聞いてみればよかったな(^^ゞ

ここでもう1人ご一緒していただいたK嬢とお別れ。まだ3歳のMくんのご機嫌が持たなくなってしまったから。前回のビッグギャラリーを私がパスしてしまったから、久しぶりにお会いしたのにσ(^^;)はミシンばかり見てて・・・今度はもっといっぱいおしゃべりしましょうね~。

今回、ミシンメーカーはジャノメとベルニナもブースが出ていたけどそれはパスして、「ま」様と各ショップを順に見て回った。以前体験で作った(!)バッグの新しい持ち手をまだ買えてない私は持ち手を売ってるショップを丹念に、「ま」様はうさぎものを丹念に。それ以外にも、新機能を備えた芯を発表してたバイリーンで、サンプル貰って説明受けたり、クライ先生のことをお話ししたり。家庭用のインクジェットプリンタでプリントできる布、というのもあったなー。そうそうキャシー中島さんのショップブースではご本人が店頭に立ってらした。σ(^^;)はご本人を見たのは初めて。後ろにはご主人の勝野さんと思われる方も。
そうして歩いていたら、向こうから見覚えがある方が。。。某2代目担当者さまであった(^^;)
いらっしゃるとは聞いてなかったのでびっくり、彼もびっくりしただろうけどさ(笑)
65万のミシン(ハスクのミシンだってば^^;)は見ましたか、なにかおもしろいものありましたか、としばし立ち話。その場ではいや~特には・・・と思い出せなかったけど、こうして書いていたらいろいろ思い出した。ごめんなさい、Kさん、でも芯とかプリント用布とかあまりミシン関係じゃないということで(^^ゞ
楽しい時間はあっという間に過ぎるもので気がつけば4時過ぎ。ではそろそろと会場を後にした。いやー、楽しい一日だった。初めて来たけどキルトフェスとはまた違った楽しさであった。来年も来てしまう・・・かな?(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターナショナルキルトウィークその1

パシフィコ横浜で行われている、キルトウィークへ行って来た。
キルトウィークは実は今回が初めて(^^;)
以前、キルトウィークではないけどパシフィコ横浜へ行った時、3ヶ月の息子をベビーカーに乗せ2歳の娘の手を引いてた上に、駅からかなーり歩いた記憶があってどうも足が向かなかったのだ(^^;)が月日は流れ、地下鉄が開通して行き易くなったので行ったという、なんて安易なわたし(爆)

そしてキルトのイベントだというのに、私のお目当ては各ミシンメーカーの新製品(^◇^;)オヒ 11/1新発売のイノヴィスも持ってくるというし、ハスクバーナの新しいデザイナーシリーズも見られそうだったのだ。
キルトの催しなので、やはり?刺繍ミシンのイノヴィスM200よりN150の方が、目立つところに置かれていたので、スタッフをつかまえて前から思ってたことを早速質問(^^;)
送り歯が6枚と7枚とじゃそんなに違うの?????お姉さんの答えは明快であった。
「違いますよぉぉ~(^^)」具体例など挙げて説明してくれた。そして最後に「相当の技術があればこのくらいの違いはなんでもないでしょうが、技術のない初心者はやはり道具が。。。(^^)」
ごもっともです(^^;)
今回ご一緒していただいた「ま」様と、今度はM200を見なくっちゃー○○のデータはD300にあったかしらなどと、ブース内を移動して3代目担当者さま(たぶん^^;)と。

そこでM200のお話しなど。やはり?イノヴィスM200の発売でM-7000&ピクノシリーズは生産終了とのこと。あぁ一つの時代が終わったのねー(←オオゲサ^^;)
ただここで思いがけない話も。イノヴィスM200はUSB接続もできるし、コピーガード機能もあるから、ハートステッチズでキャラデータも買える。さすが新製品、といいたいところなのだがM-7000&ピクノシリーズに比べて、後退した機能。それは画面編集機能。「液晶画面、小さいでしょ」といわれて気づいた。そう、ピクノシリーズではミシン本体の液晶画面に、幾つかの刺しゅうデータを呼び出してそれぞれに位置を決める(編集できる)機能があったが、M200ではそれができなくなったと。液晶画面を小さくしたからなのか,編集機能をつけなかったから液晶画面が小さくなったのかは判らないが。

そしてついでなので、最近思った刺しゅうプロVer6の機能で????なことを聞いたり(これは別記事で)「ま」様はフォトステッチのアドバイスなど受けたり。おおそうだ大事なことも聞いておかなくては。そうそれは
海外仕様にはある、『大型刺繍分割機能』を搭載する件はどうなったのでしょう???
「あ、あれは日本ではやらないことに決まりました。。。(^^;)」
なんだとぉぉぉぉ!(←失礼^^;)そ、そんな。。。
生地によってはあがりに差が出る、といった各種警告をつけた上でとか(←チムさん案)
ユーザー登録制で(機能を)つけるとか(←「ま」様案)
「いや、だから、あの機能は枠に布をいかにうまく張れるかどうかがカギになるんです」
「うまく張れてるかどうか確認のしようがないのでフォローしきれないんですよ、張り具合を確認できるセンサー(!)でもあれば別ですケド。。。」じゃぁつけてよ、センサー・・・ってわけにはいかないか、ティファールの鍋じゃあるまいしね(^^;)さてハスクも見てこなくちゃ~とブースを後に。それからどうでもいいけど会うたびにサファイア(PR-600)買えというのはいい加減止めて欲しいです、はい。。。(-_-;)
その2に続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/09

買っちゃいましたpart2

1109
買っちゃいましたパート2、どす。
念願のイノヴィスD300。今日やっと?届きました。箱が巨大、とは聞いてたけどここまで大きいとは。。。(^^;)
で、思わず写真撮ってしまった。滅多にこんな写真を撮ることはないんだけど。
廊下を思いきり塞いでます。体を横にしないと通り抜けられまへん。拙宅は大したマンションではないけど、でも確かバリアフリー仕様のはずで(実際、段差はないしトイレや風呂場に手すりもついてる)廊下もそんなに狭くはないと思うのだが。。。

早速箱から出した。。。でもまた仕舞った(^◇^;)オヒ
哀しいのはドレスが古くなること~♪じゃなくて、締め切りの迫った仕事があるので、いじってる余裕がないのだ。プラス,箱から出しても置く場所が、無い(爆)
これまで所有の5台のミシンのうち、4台はすぐ使えるよう机の上に鎮座しているが、刺繍ミシンだけは初めに使ったらもう出番はないので、専用のワゴン台の上に置いてある。ちゃんと?測ったので、今度のD300も乗るのだが、10年来愛用してきたパッソをまだ処分してないので、置き場所が無いのだ。にしても、このパッソの処分をどうしたものか(^^;)
普通だったら、新ミシン購入と引き換えにミシン屋さんに引き取ってもらうのだろうが、今回ちょっと特殊なルートで購入したのでそういうわけにもいかず。さて。。。(^^;)
やっぱ粗大ゴミかな、それとも修理でお世話になってるミシン屋さんに頼み込んで、引き取ってもらうか・・・うーむ(^^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/11/06

新製品発表

今度の木曜の10日に、ハスクバーナの新製品が発表になるとか。
先日行ったオカダヤでモギーさんが教えてくれた。
10日に発表というだけで、まだ何もわかってないんですよ、とのこと。
(ハスクのミシンなんて)絶対に買えない、買わないと判っていても気になってしまうわたしって、どうよ。。。(^◇^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/05

身近な同好の士

今日は子どもの学校の、学習発表会のようなものがあったので朝から夫と学校へ出かけた。
オットは前の晩、2時過ぎに帰宅、その音でうたた寝しちゃってたけど目覚めた私も結局3時就寝というおそろしく寝不足のふたりだったけど、気持ちよい朝日に照らされたおかげか眠くはならず子供二人の発表はきちんと見られた(^◇^;)ヨカッタヨカッタ
午後からオットはまた休出していったが、私は行事のお手伝いに入っていたので再び学校へ。
3つぐらいのグループに分かれてのお手伝いだったが、同じ手作りコーナーのボランティアに娘と幼稚園・小学校と一緒のとあるおかあさんを見つけたので、前から気になってたことを聞いてみた。幼稚園の頃は送り迎えがあるから同じクラスなら毎日のように顔を合わせられるけど、小学校へ入ってしまうと同じクラスになったとしても、2ヶ月に一度くらいのこういった学校行事の時しか会わない。ので、
「Mさーん、古い話でなんだけど今年の1月、東京ドーム(のキルトフェス)に行かなかった?」
「え、え?東京ドーム?あー、もしかしてユリも?。。。(^^;)」
「そうそう、混んでて入場するのにすごーく待たされたあの日。。。(^^;)」
今年の1月にあったキルトフェスの初日、実は私は駅のホームで彼女を見かけていた。でもお友達がいっしょのようだったので、特に声はかけなかった。彼女も手作りが趣味なのはなんとなく知ってたのでもしや?とは思ったのだが。
そしてあの日、私はまっすぐドームへ向かわずに寄り道してから行ったのだが、入場を待つ列の中に彼女らしき人をまた見つけたのだ。ただ遠目だったのではっきり確信はできなかったのと、なにせ並んでる位置がかなり離れていたのでまたもや、声をかけることはできなかったのだけども。
Mさん曰く「わたしもうトシだから(←σ(^^;)と5つくらいしか変わらないはずだが)パッチワークはあまりできないけど、手芸は好きだからあの手のイベントは行ってるの~」
いんやー、初めて聞いたよぉ・・(^◇^;)
幼稚園の年長クラスで一緒になったのがご縁だからもう足掛け6年になろうかというのに。もしかしたらホビーショーも行ってたのかも(!)
来週のキルトウィークには行くのかどうか聞こうと思ったとき、ちょうど集合の声が掛かったのでそこで別れてしまったけれど。

同じように幼稚園・小学校が同じおかあさんで洋裁する人、というのは何人か知ってておつきあいもあるけど、イベントにも行く人にはついぞ居なかったから、なんかわけもなく嬉しくなってしまった(^○^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/04

パターンマジック

東レのアパレルCADも同じ名前らしいが、私が今日買ったのは書籍の、パターンマジックの方。ちょっと変わった?シルエットを原型から平面で切り開いてパターンを作るための手引書って感じ、かな。
今はもうすっかり!?落ちついてしまったけれども、若い頃親に「なんじゃ、そら?」と言われるような服を好んで着ていたわたしは懐かしかったし、また着てみたくなってもいて。しかも、この本の著者はなんと(というほどでもないか?^^;)私が一年の時の担任の先生なのだ。数年前のミセスのスタイルブックで、凝ったカッティングのパターンの解説ページを担当されているのを見かけて、先生,今はこういう研究なすってるんだ、なつかしーとは思っていたのだが。

先生はもう何百人と教え子を持っておられるから、私のことは覚えてらっしゃらないとは思うけど(^^;)とても参考になるし、おもしろそうでもあるんで買ってみた(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/03

買っちゃいました

1103a
1103b
前々からずっと欲しかったのだけれど。。。やっと買えた、オカダヤでまたセールがあったもので(^^ゞってあたしゃ、こんなんばっかりだな(爆)
いつかきっと、と思いつつ今回ようやく背中を押したのはセールだけではなかったけども。
実はこれまたようやく、先週から着付けを習いに行き始めたのだ。
名古屋近郊育ちの私が結婚するとき、ご多分にもれず実家の親は嫁入り道具の和箪笥に着物をそれなりに入れて持たせてくれた。しかし、結婚後すぐ上の子を妊娠、二人目も続けて産んだわたしに着物を着る機会はなかなか、いや殆ど無かった。
こちらでの友人の結婚式に着たいときもあったが、着付けをどこで頼もうかというところから迷ってしまい、結局得意の洋装で済ませてしまった。
私が卒業した短大の被服クラスは戦前、女専だったせいか洋裁と同じくらいの比重で和裁もあったので、袷の小紋まで縫ったし、着物を着る手順、そして基本的な帯結びもひととおり習いはした。教科書の巻末にも着付け手順の写真が載っていた。
しかしいざ、自分で着てみようとすると何度もはて、ここはどうすれば?という壁にぶち当たるのだ(^^;)
京都在住で同じように、短大で被服を学んで普段に着物ライフを楽しんでいる某はなちゃんに(全然某じゃないってば^^;)聞いてみたら、習うと習わないとではやはり違うとのこと。
下の子も小学校にあがったし、ちょうど秋から徒歩5分の公民館でお教室が始まるというので早速申し込んだのだ。通うのにはやっぱり少しでも近い方がね(^◇^;)
親は一通りの着物を持たせてはくれたけれど、自分で着られるようになればもっと欲しくなるもの、けど親が持たせてくれたのは当然といえば当然だけどよそゆき系の絹物がメイン。最近流行のふだんに気軽に着られる木綿系の着物も気になってしょうがないわたしとしては、どうしてもこの「こて」がなくては始まらないのだ。
いやはや、へら台まではもうずいぶんと前に買ってあったのだが、こてまで届くのは長い道のりであった(^^;)
博打的要素がかなり大きいけど、反物類もオークションなどを上手く使えば昔に比べると入手がぐっとラクになったし。とりあえずまずは長襦袢からかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/02

器用不器用

ついこの間までのような怒涛の日々ではないけれど、同時進行のお仕事を3つも抱えて(←手を出し過ぎ^^;)いるのに、先週から新しいことも始めてしまい、でも友人達との約束も外したくないしと、どんどんいろんなことが溜まっていく。
あぁ人間寝ないですんだらどんなにいいだろうと、思ってしまう(^^;)
そしたらもっと余裕もってやれるのに、なんて(!)
でも、本当に多忙な人からみたら私の忙しさなんて大したことはないんだろなと思う。
なのになんでこんなにおたおたあたふたしてしまうかといったら、わたしが不器用だからにほかならない(^^;)
キミは不器用なひとだ、と以前夫に言われたことがあって、えー、んなこと言われたのは初めてだぁとその時は思ったが、今ならよく判る。そう、自分で言ってしまうのもナンだが私は、指先は器用(だと自分では思ってる)だが、時間のさばき方は思いっきり不器用なのだと。オットはそう言いたかったわけやね(爆)
マルチタスクなひとびとのモードの切り替え方ってどんなんだろう?とつい覗いてみたくなってしまう自分であった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »