« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/28

新規開拓?

昨日の仮縫いのことばかりに気を取られていたけど、今週は日暮里のセールだった。
ミハマクロスからのハガキも来てたことも思い出した(^^;)
だけど今回はとりあえずパス、かな。理由はもちろん縫いきれないほどの生地在庫があるから。

しかし日暮里はパスと言いながら、まだ行ったことはないが気になって行ってみたい店(もちろん?生地屋)はあるのだから、まったくもって節操のない自分である。
ここ以外、まるで更新してないわが極楽喫茶、けどたぶん検索してなのだろう、時折りミシン屋さんや生地屋さんからリンクしませんか&御店の案内メールをいただく。
先日も渋谷の方にある、輸入生地がメインらしいお店から案内メールをもらった。実はそのお店、名前だけは某洋服サイトで知っていたのだが。でもせっかくなので一度訪れてみようと。

輸入生地の店というと神田のfanにも一度行ってみたいと思いつつ、数年が経ってしまった。fanのある界隈は神田の中でも須田町と呼ばれる一帯で、こうした生地屋さんの他にも附属屋さんが確か数軒あるはず。かなり歴史もあるらしい。小売してくれる店がどのくらいあるかはちょっと不明だが。
須田町で思い出すのは、2年のときのクラスメイトが卒業課題の「スーツ」用生地を須田町で調達したこと。私はご多分にもれず、日暮里のエレガンスでベネシャンを買ったが、須田町で見つけてきたの~という彼女のそれは落ち着いた深みのある、でもきれいなワインレッドだったと記憶してる。

それと、私は帰省するときいつも中央線で東京駅へ向かうのだがぼんやり窓の外を眺めていると、御茶ノ水から神田の間で、「○○縫製」とか「ボタン・裏地芯地 △△商店」といった看板を数軒だが見かけるのだ。それもあって神田・須田町はずっと気になっている。あのあたりはオットが詳しいはずだから、今度案内してもらうとするか、秋葉原行くついでにでも(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/26

著作権のこと

いつも巡回しているところでちろっと著作権のことが出てたんで私も自分の見解なぞ。
ホントはその場にコメントなどしてくるのが一番だろうとは思うが、自分の発言にはちゃんと責任持とうということと、私は小心者なので自分ちで(^◇^;)

私の中では著作権法は「他人の努力や才能の上前をハネてさらうような真似はいかがなものか」と言うためにあると思っている。
苦労して作り上げた著作物(作品)によって得られる・生じる利益は当然作者に帰するべき(財産権)
利益には結び付かなくても、すばらしい著作物に寄せられる賞賛を受け取るのも、これまた当然作者であるべき。また、自分の著作物を誰に使わせるか、どう使わせるか決める権利も作者が有するはず(他人の無断使用禁止等)

インターネットという新しいメディアでは、個人が簡単にウェブサイトを開設できるせいか、非営利の個人管理のウェブサイトは著作権法で定めるところの「家庭内」と位置付けて良いのでは?と迷うことも多いが、法的にはインターネットもれっきとした「自動公衆送信装置」であって、既存のマスメディア、TVなどとある意味同じ位置付けになるらしい。
依って、例え個人が開設した非営利のサイトであっても著作権法で定められた例外、「家庭内の使用」にはあたらず、作者に無断で著作物を掲載・公開したら、著作権法違反(公衆送信権の侵害)となってしまう。

基本的に、営利非営利問わず、他人の著作物を無断使用したり無断複製したりすればそれはすべて、著作権法違反なわけである。がしかし、著作権法では「例外」というのが定められていてそれが「家庭内での使用においては違反とみなさない」ということ。いわゆる「自分自身及び家族のためだけに使う、親しい友人へのプレゼント程度」というアレ。

著作権法なんて知らなければ知らなくても、それでも済むかもしれないけれど、私もまぁ一応いろいろ自分で考えて作ってもいるので、ちょっと調べてみた。というより、数年前必要に迫られて調べたという方が正しいかもしれんが(!)

私には大した作品などなく、また厳密には違反になるかもしれんがこのくらいなら許容範囲だろう、という自己判断(爆)でもってブログにちょろっと掲載することもあるから、あまり大きなことは言えないが、なるべく他人の権利を侵害するようなことは慎もうと思う。
なぜなら他人の権利を侵害してもへーき、というのは自分の権利を侵害されてもへーきへーき、と言ってるのと同じだと思うから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/23

決断の境界線

久しぶりに休みの取れた夫につきあって買い物に出た。仮縫いの予定が迫ってたσ(^^;)としては仕事を進めたかったが、ンヶ月ぶりの休みということで。
平日は二日か三日に一度帰宅できれば良い方、土日祝日の休出も当たり前という日々が続いた夫は、その反動なのかあれこれ買った・・・と思ったが、一般の家庭ではこのくらいの買い物は当たり前かも?(^◇^;)
そして思ったのはこのくらいならポン!と買っても大丈夫、くらいの価格帯のものってキケン!?だということ(爆)
買い物に行った先は、某ヨドバシカメラマルチメディア館、つまり大概のものが同じ建物に収まっているので、ちょとフロアを移るだけで目移りしてしょうがない(苦笑)

10万20万ともなるとポンとは出せないだけに、次のボーナスまでがまん、と思うが2、3万だと「次に仕事が入ったら買えるな」と思ってしまい、つい買おうとしてしまう。今回の買い物でもそんなものが3つもあった(爆)ヨドバシでは売ってないが、つい注文の電話をしてしまいそうな、手ごろな値段の欲しいものは他にも幾つかある(^◇^;)誘惑に負けそうになるとD300、D300と呪文のようにつぶやいて物欲をおしとどめてはいるが。。。

私の欲しいな~買ってしまおうっと、という境界線はどうやら3万らしい(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/21

コストの感覚

ミシンの工業用アタッチメント類には本当に便利でよくできてるものが多い。
バインダ始末用のラッパしかり、三つ巻アタッチメントしかり、って今自分が持ってるのはソレだけなんだが(^◇^;)あ、通称ゲタ、のギャザー押えも持ってたな。

そしてそれは家庭用に比べるとどれもみな割高でもある。家庭用ミシンのアタッチメントが数百円から2、3千円で収まることを思えば、シンプル!?な押え金が3、4千円~、カノコラッパに至っては1万前後。判っていても「う(^^;)」と思ってしまう。

だけども工業用のアタッチメントというのは言わずとしれた、量産の工場で主に使われるものであり、アタッチメントメーカーもそれを前提にして作っている。
量産の工場というのは、いや、工場に限らず生産活動においては時間も立派なコストである。
そのアタッチメントがなかったら工程が増え、ある程度の経験&技術も必要とされ、時間もかかって一日10万円分しか仕上げられないとする。
がしかし、1万するアタッチメントを使ったら2,3あった工程が一つで済み、経験の浅い人でも失敗無く縫え、早く縫えるから1日50万円分仕上げられるとしたら?
1万のアタッチメントを導入=1万投資するだけで、これだけ違うとしたら1万ははたして高いか安いか。

パターンにしても。パターン料金が最低5千円くらいから、ものによっては1万2万円いやそれ以上というと、趣味でソーイングしている人から見れば「・・・・(^^;)」と思うかもしれないがアパレルメーカーはそのパターンを使って何十枚、ブランドやものによっては何百枚と生産して販売する。実際どのくらい売れるかというのは、デザインや営業活動なども影響するので、パターンの良し悪しだけに左右されるものでもないけども。
どちらにしろ何十万という売上から見れば、生地代や工賃といった原価の中でパターン料金1万、というのが突出しているわけではないことが判ると思う。

高いか安いかという感覚は本当に個人差があるので一概には言えないが「工業用」と名のついたものは、それだけで見ると高価に感じられても、元々の使用背景で比べれば、長い目で見ればさほどではなかったりする。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/20

カッター買い替えた

05920

パターンカット用のカッターナイフを買い替えた。
ま、いわゆる普通の事務用カッターなのだが、縫い代つきパターンをカットするにはカッターナイフが欠かせない。右がこれまで使ってたものだが、お尻の方にある白いパーツがすぐに外れて落ちてしまう。はめるとぱちん、と音がする引っかかり?がどうもなくなってしまったらしい。割れて、とか取れてではなく自然磨耗という感じ。考えてみるとこのカッター買ったのってたぶん、中学か高校の頃。
↓のかぎ針といい、これといい、もう○○年も使ってるのよん、なんてことばかり書いてると自慢げに聞こえそうだが、私は不精で新しい道具を使いこなすための試行錯誤が面倒(!)なので一度使い慣れた道具はずっと壊れるまで使い続けるというのが本当のところ。
でさすがにこれも磨耗してしまったというわけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/17

レース編み

050917

はぴたんさんの掲示板でレース編みというかドイリーの話題があって、むかしむかし私が小学生の頃、ハハの買ってくれたレース編みの本を眺めていたら、無性に編みたくなってしまった(^◇^;)
がしかしたぶん最後に編んだのは高校の時だったと思うので、当然糸の在庫など持っているはずもなく。けどたまたま、駅前の手芸屋さんに別の用で行ったら、名前は知らないメーカーだったけどレース糸を見かけたので、つい買ってしまった(^◇^;)
ホントに久しぶりなので手の感覚もなかなか思い出せず、編み始めの数段は目も不揃いであまり上手じゃないけど、とりあえずここまで。しかし本の編み図ページのこのシミ(!)

ちなみに右上に写っているかぎ針セットも小学6年生くらいの頃に買ったもの。
確か「クロバーゴールドニッティングパック」とかそんな名前だったと思う。レース針と毛糸針の主だった号のかぎ針が全て揃ったセット。当時の雑誌の広告かなんかで見掛けて、欲しくて欲しくて家業の手伝いで貯めたお金を握り締めて買いに行った記憶が(^^;)
これまた久しぶりに開けたら、レース針8号の真中あたり、ちょうど手で握る部分にはうっすらとサビが(爆)8号ってレース針の中で一番良く使ったからかな、やっぱり(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/16

チコリの妖精

0916A0916b
久しぶりにクロスステッチの刺繍を・・・といってもミシン刺繍の方ではなく、普通の手刺繍?の方。
この画家の絵は子どもの頃、森永ハイクラウンチョコレートのおまけについてた「フラワーフェアリーカード」で知ったわけだが、こんな絵があるのか~と田舎の小学生はすっかりハマった(笑)なんたって、150円とかで頒けてくれる専用フレームまで買って、たくさん繋げて(ジョイントがついていた)机の周りに飾って悦に入ってたのだから(爆)
数年前、Fクリの作品展の刺繍部屋の作品でDMCにチャートがあることを知って飛びついた。刺繍部屋のマダムにチャート調達を手伝ってもらい、DMC刺繍糸も揃えて意気揚揚と始めたはいいが、なんといってもこのグラデーションの細かさゆえ、道のりは遠い(爆)

もっともその分、完成した時の充実感はきっと大きいのだろうな、と思えるけど。。。思い入れがある分、特に(^^ゞ元々のイラストはこちら
ここまでたどり着けるにはあと何年?(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/15

ループ返し

今日はオーダー頂いたブラウスの続きを。
特に納期を決められているわけではないけど、だからといってあまりお待たせするのは申し訳ないし、なにしろこの後、たぶん来週から同デザインサイズ違い8着、の予定があるしまだ他にもお受けしてるのでとにかくこなしていかないと(^^;)

袖につける飾りリボン(ヒモ?)を作った。
前回の生地はニットだったので縦地でとったが今回は普通の布帛なので、当然?バイヤス取り。
バイヤスで取るのはきれいにできるし、返すときもラクでいいのだが引っ張りながら縫うので、必要な長さにするために、試しが欠かせないのがちょっと面倒かも(^^;)布によって伸び方は違うから、ね。縫ったあとはこの、ループ返しの出番なのだが。
0915
気まぐれにリンクをたどりたどり行った先のブログなので、どこで見たのか思い出せないが、(ごめんなさい^^;)このループ返しでは細いループが返せない、とあった。確か太さ1センチ以下はだめ、とあったような。
私の経験ではそんなことはなく、少なくともループ返しがするっと余裕で入る太さまでは、大丈夫なのだが。身頃のボタンループに使うくらいは。ボタンループでも、ボタンが小さくて細ーいループだとさすがに無理で、針と糸を使うけども。
滑りの悪い布だったんかな?(‥?)でもバイヤス取りしてれば縫い代を細くできるし、伸びもあるから細くてもするっと返るんだけどなー。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/14

「縫い始終点の最適化」で。。。

↓のスカートの蝶の刺繍で。。。これはまだ、刺しゅうプロがVer1かVer4の時のもので、チェーンステッチ以外の部分はあまり考えず(!)に作ってしまったせいか、触角の部分にホント余計な渡り糸があった。それで、新しい機能の「縫い始終点の最適化」を使ったら。確かに、触角の部分の渡り糸は最低限に抑えられ、スッキリした。だけど。。。
チェーンステッチの部分まで、なんか変わってしまったような気がするんだけど(^◇^;)
下のスカート、前スカートは「最適化」をする前のデータ、後ろスカートは「最適化」をした後のデータで刺繍をしているのだが、後ろスカートの刺繍を見守って?いたら、あ~れ~(‥?)
0914chain
チェーンステッチは下の、ピンクの方の順番のように、二等辺三角形の底辺部分は必ず下になるようにして糸を隠していかないと「チェーンステッチ風」にならない。グリーンの方のように、うっかり三角形の向きを反対から刺してしまうと二等辺三角形の底辺部分が隠れずに繋がってもチェーンステッチに見えない、普通の模様ステッチ(!)になってしまうあるよ(^◇^;)

渡り糸を少なくするためだと思うが、一度刺したところを再びなぞるように移動していく・・・のはいいんだけど、2回刺す指定(チェーンステッチは1回刺しただけでは、スカスカできれいじゃないので2回同じところを刺す)だからって移動のためだけに、また2回ごていねいに刺すってどうよ、しかも反対向きで(T^T)
なんだか前に比べて妙に針が辛そうだな、と思って後でステッチシュミレータで確認してみたらやっぱり(^^;)
何も4回も刺さなくても(爆)針は辛そうだし、刺繍部分は異様に固くなるし(^^;)

単純なサテンステッチ&タタミ縫いなら、刺し始めや終り、刺していく向きが多少変わっても、出来上がりにさほどの違いは出ないと思うけど、チェーンステッチはそうはいかない。
刺しゅうプロ、まだまだ先は長そうだ(爆)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/09/13

デニムスカート

0913ab
0913c

煮詰まっているからといって、だらだらしているのは実に非生産的なのでなんでもいいから、とにかく縫おうと(^^;)
前に、確か裁断したはずだが、でも見当たらなかったスカートを。

私は100円ショップでカゴを幾つか買ってきて、裁断の済んだものとか、縫いかけのものなどをそれぞれに入れるようにしている。例えば自家用縫ってる途中で、お仕事など入った場合はパーツが混じらないように、行方不明にならないように、とカゴに入れておいて机の脇に積み上げてゆく。
今回のスカートは、そのカゴのどれにも入ってなかったからわからなかったんだなぁ(爆)

刺しゅうは前にも使った(!)蝶の刺しゅう。最近、蝶とハートのモチーフが多いな>自分
刺繍がグラデーションだからと、ステッチ糸にも段染め糸を使ったのだが、これが。。。。(^^;)
糸巻きに巻かれてる状態ではキレイにグラデーションしてるンだけど、1色の長さがけっこうあるので、ポケット口等短い距離では色が変わらずグラデーションしてくれない。オゼキさんがミロプリズムを発売したとき、3,4センチごとに色が変わると宣伝していた意味が、今になってわかった(^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/12

煮詰まってました・・・

うは、またブランクができてしまった。
ナニしてたかというと、だらだら過ごしていただけ(!)
昔の漫画を読み返してみたり、ドラマをづるづる見ていたり。
ちょっと前のレスに3日以上、机やミシンに向かわない日はない、と書いたけど今回は4日だ(爆)
挙句は家事に逃避してみたりして。主婦専業のわたしが家事に逃避だなどといったら、オットにハリセンくらいそうだが、洋裁にかなり集中して疲れたときなど家事はいい息抜きになるのだ、ホント(^^;)やらなきゃならないトワルとかあるのに、ちっともやる気になれないときも突然窓拭きなんか始めてしまう。普段ちっともやらないのにさ(苦笑)
自分に対して言い訳してるだけとも言うんだけどね。ごろごろしてるだけじゃないのよ、ちゃんとやってることだってあるんだからって。
まぁ。。。。自分自身に言い訳するようになっちゃぁおしまいだわね。
うーんやっぱり煮詰まってるな(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/07

消息

文化時代の友人Kちゃんから個展の案内が届いた。1年のとき、同じクラスになったのが縁だけどそれより文化祭でやったショーの活動で、親しくなったという方が正しいかも。服飾の学校を卒業したけど、結局はジュエリーデザインの道に進んだらしい。だから個展も彼女がデザインしたジュエリーの、個展。
私は子ども二人の子育てに追われてる間、彼女に限らず他の友人にもなかなか連絡を取れないでいたが、彼女はまめに年賀状など送ってくれていたし、数年前私がNHKのニュースに出てしまった(!)のも偶然見ていたとか。スゴイスゴイと言ってくれたけど、すっかり主婦に収まってるわたしから見れば、Kちゃんの方がずっとすごいんだけどな。個展は今月末に銀座であるという。やはり文化時代の友人を誘っていくとしよう。あ、友人の都合がつかなくても一人でももちろんいくけどね。ユーミンの「悲しいほどお天気」の心境ってこんな感じなのかな、とちょっと思い出した。

そしてブラザーからのメールで「fifi」の最新号を見に行ったら、見覚えのある名前が。。。
こっちが一方的に知ってるだけなんだけど(苦笑)
文化には学内有名人みたいな人が結構居た。いつも目立つ格好をしてるとか、コンテストで入賞しまくってるとか。世間的にも業界内でもあまり知名度はないけど、同学年とか同時期に在学していた人に聞くとなぜかみんな知ってる、有名人(^^;)
fifiで見かけたのはコンテスト系の人。文化が主催するコンテストに装苑賞というのがあって、毎月5人くらいの候補者がやはり毎月、月間「装苑」に作品写真とともに載る。こまめにきちんと見てると、候補に入る常連さんというのが必ず居て、fifiに出てた人も私が装苑を読んでた10数年前、かなりの数のデザインが候補に入ってたはずである。結局装苑賞を受賞したのかどうかは記憶にないまま、わたしが装苑を読むのを止めてしまったのだが。
久しぶりに見かけたわけだが変わらずデザイナーとして活躍されてるようだった。そして、ブラザーの刺繍ミシンをデザインに使っているとか。私のきっかけは子供服だったものの、いつかは自分というか婦人服にも刺繍を、と思って買った刺繍ミシン&刺しゅうプロだから、同じメーカーorシリーズの刺繍ミシンを使ってきちんと大人の服を作っているのを見て、無性に嬉しくなった。なかなかそういう、大人服に使ってる人には会えなかったから。
こうなるとますます早くD300が欲しくなってしまう。もちろん、D300にしたからといっていきなりすばらしい刺繍が作れるとは限らないのだが(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/06

パンツ2本

0906a
0906d
リュックができて準備をしている娘に、林間学校は山奥(八ヶ岳)だし山歩きもあるから当然!?パンツで行きなさいよ~と言い渡したらパンツはどれもみなきついという。えぇえッ!もっと早く言ってくれ~(^^;)林間学校は明日からではないか(爆)しかも2泊3日だし(__;)
急いでパターンを出し生地を出してきた。パターンを修正しているヒマは無いので、1センチ余計に縫い代つけて裁断、と黙々とひたすら作業を続けて、深夜近くになってようやく完成。あー良かった間に合って(^◇^;)
時間がないといいつつ、しっかり刺繍はいれてたりするが、極力手間のかからない、色数の少ないものを選んだつもり。写真では前しか写ってないが、いつもなら左右ともにつける後ろ(尻)ポケットも今回は右のみ、ポケットに入れてるロゴも無しと、実は後ろは結構寂しい出来上がりになったが、何より間に合わなくては、ということで。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/09/05

リュックできた

0905

娘の林間学校用リュックできた。
特になんの変哲もないデザインだけど(!)娘の好きな水色で。柄とかロゴとかないので、水色一色じゃつまらないなとピンクをアクセントに持ってきたつもり。前面ポケットにはお約束の娘の、ロゴを刺繍したけども。
0905c
後で買いなおした両開きファスナー。でもこれも、初めはスライダーの向きが逆だった。写真のファスナーは二つのスライダーを中心に寄せると「閉まる」タイプだけど、店にあったのはオープンタイプで、二つのスライダーを中心に寄せると両端が開くというもの。なので片方のスライダーを一旦外して向きを変えて差し込みなおした(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/04

息子の半ズボン

0904A
0904b
9月になったのにまだ夏物かい、という感じだけど暑いものは暑い、ということで息子はしばらく、10月くらいまではたぶん半ズボンでいることだろう(^^;)
デニムは相変わらずの安田商店さんのもの。ここ数年は安田さん以外でデニム、買ったことないなぁ、そういえば。
左のズボンは後ろを、右側のズボンは前を写しているのだが、右側の尻にはバーティくんとゴードンくんが鎮座しておりまする。おしりのポケットが左側についてるのは息子が左利きだから。以前は右側につけてのだが、使いづらそうだったので。前の両脇にポケットついてるから後ろポケットは無きゃなくても、という気もするが(^^ゞ
刺繍以外になーんの飾りもないのは寂しいので、ステッチ糸に段染めのミロプリズムを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/03

湘南新宿ラインと「あ~てぃすとマーケット」

お友達に誘ってもらって、みなとみらいの赤レンガ倉庫で行われているあーてぃすとマーケットへ。このイベント、確か第1回のときにも行ったのだが(あさひこーげいさんが出展なさるというので)、その後はご無沙汰してたらいつのまにか4回目になってた。
が、横浜へ行く前に新宿オカダヤで足りない付属やファスナーを買い直さねば(^^;)
朝起きたのは決して遅くなかったはずなのに、なぜか目標よりきっかり1時間遅れで新宿到着(爆)必要なものをぱぱっと買って(今度は間違えなかったけど、上止め貰うのは忘れたトホホ^^;)新宿駅へ。横浜まで行くのなら、湘南新宿ラインが乗り換え無しで行けてラクだし早いのだが、いかんせん本数が少ないので山手線と東横線を乗り継いでいく覚悟で駅へ入ったら、各駅だけど3分後に湘南新宿ラインが出るではないか。急いで切符を買い、子ども達を引きずるようにしてホームへ上がり無事乗車。やれやれ(^^;)
思ったよりすいていてすぐ座れたのもラッキー。それにしても・・・・早いわ!各駅なのに新宿-横浜が30分だなんて。横須賀線だから、駅間が長くて数が少ないためであろうか。時刻表、メモっとかなくては(笑)

あ~てぃすとマーケットも見ごたえのあるショップが多く、目の保養になった。布関係は少なくて、アクセサリ関係が殆どかな?シルバー系とビーズ系。ビーズはひところのスワロばかりではなく、天然石のものも増えてた。あと、トンボ玉のショップも目に付いた。とても事務用カッターで彫ってるとは思えない消しゴムスタンプやロボットがモチーフのアクセサリなど、いろいろおもしろく見せて貰った。

家で試し履きした時はなんともなかったのではいて出たパンプスがちょと辛かった(アーチパッドがズレまくったからという気もするが)がいつものお友達と楽しくおしゃべりもできて楽しい一日だった(^^)
辛いパンプスはアーチパッドをきちんと固定しなくては(!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/02

ファスナーが、違う。。。

久しぶりに自転車を飛ばした・・・というほどでもないが、約30分漕いで服飾材料の店へ。娘のリュック、夏休み最後の日には生地とファスナーしか買ってなかったので。
ベルト用のテープやアジャスタ類は買えたが、ついでに寄ったデパートで気がついた。ファスナーが・・・違うやん(^^;)
新宿で資材を調達する前にもちゃんと?リサーチしたはずなのだが、ファスナーが両開きだったことにはまるで気づいておらず、普通のファスナーを買っていた。が今日、別の店で見たらたいがいどのリュックもファスナーは両開き。うーむ(^^;)
仕方ない、明日ヨコハマへ行く前に新宿寄るとしよう(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »