« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/26

ハンパなパターン用紙

すごーく細かいことなんだけど、みんなどうしているのか聞いてみたいpart2(笑)

私はもうずっと購買で買うパターン用紙を愛用している。
マ、ごくありふれた白のハトロン紙。サイズはあれはAとかBでいうとどのくらいなんだろう、約80センチ×100センチちょっと。
服によってパターンの形なんてさまざまだから、当然?切り端が出る。どう見ても使い道のないくらい小さな切り端なら、なんのためらいもなくゴミ箱行き。
問題は、今作ってる服のパターンでは使い道はないけど、他のパターン例えば子どもの服だとか自分の服だとかには充分使えそうなくらいある、切り端。
未使用のパターンは買ってきた細い巻きのまま、立てて保存してる。
しかしいびつな形に切り取られた、でもまだ使えるパターン用紙には定位置がなく、なんとなくその辺のジャマにならないところに、なるべくシワにならないようばさっと(!)置いてある状態。
今、私の机の右端にはマガジンラックが置かれてる。仕事と自家用、あるいは仕事でもダブってたりすることもあるので、進行中のパターンを突っ込んでおいて、すぐ取り出せるようにと、置いてある。マガジンラックは壁に立てかけるようなかたちで置いてるので、その、壁との隙間にくだんのハンパなパターン用紙を差し込んでもいるのだが、どーにも雑然とした印象は否めない。ただでさえ散らかって雑然とした部屋だってのに(爆)

きっちり仕舞える定位置をつくれば良いだけじゃん、という話もあるけど自分ではコレ!と思う入れ物とか保存の仕方がまるで思い浮かびまへん(^^;)
ホントにみんな、どうしてるんだろう。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/07/21

モアレ

中森明菜の歌じゃないです・・・ってそれはミアモーレ(爆)
いきなりアホな書き出しですみません、暑さのせいにしておいてください(!)

ちまちまと、でもなかなか終わらぬ○○○○○、今日はシフォンで後ろにつけるリボン縫った。
下にトレーンつくからてっきり、リボンはドレスと同じしっかりしたサテンで作ると思ってたのにシフォンで、というお達し。えー。。。(^^;)とは思うものの、クライアントさまには逆らえず。で考えた挙句ハードチュールを抱かせることでリボンの形を自立させることに。仮縫いのときは一枚でやったら、当たり前だけどチュールが透け透け。シフォンだから当然ちゃ当然か(^^;)
加えて、チュールの白さが透け過ぎて下のトレーンと色が違って見える!つーことで、シフォンを2枚重ねにすることにした。ら、出ました、そうモアレ。思いっきり波打っとる(^^;)
縦地・横地で重ねてもあざ笑うかのように波打つ(!)のは平織りのせいか?
あきらめて一枚はバイアス裁ち。までも片方、特に内側をバイアス裁ちにすると内のり、外のりの違いなど気にせず同型で裁てて、しかもたるんだりする事無く馴染んでくれるので、仕上がりを思えば正解なのだが。
返し口を、後でまつるのが面倒だとケチって小さくしてしまったので(!)表に返したりハードチュールを突っ込むのに多少難儀はしたが、そこはそれピンセットなど駆使して無事完成。やれやれ、あとはトレーンのメロウ始末その他もろもろだな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

まだかなまだかな?(^^;)

文化式原型が大きく変わってもう2年ぐらいになるだろうか。
私がいつも買っているミセスのスタイルブックでも、その解説ページがずっとある。初めはもちろん?婦人原型から。そして去年の冬から夏号にかけてだったと思うが、新しい子ども原型も載った。としたらやっぱ次は男子っしょ(^^;)
原型の変更に合わせるように講座(文化の教科書)も順次新しくなったようで、文化ファッション講座はナントカ大系、に変わっていった。ミセスのスタイルブックに男子原型が載ることは望めそうもないので、文化ファッション大系の方で、男子服が出るのを待っていた。そして先日オカダヤの書籍売り場で「メンズウェア」を見かけたがシャツ・パンツとしか書いてない。オカダヤでは書籍は全てビニール包装されていて、中身は見本シールのついた本で確かめる。しかし、たまたまかもしれないが見本用がどうしても見当たらず、中身を確認することができなかった(^^;)あちゃー。やっぱり購買へ行くべきだったか?
その「メンズウェア」は正確には「メンズウェア1」となっていたから、ジャケットとかコートなんかは「メンズウェア2」とかってことでこの後、出るのか、もう出てるのか。。。購買へ行こうにももう夏休みだよ、トホホ(^^;)あぁ気になる・・・(爆)
追記***************************
文化出版局のHPで検索かけてみても、「メンズウェア1」しか出てこなかった。
やはりまだ、みたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

おかーさんの夏休み

自分の仕事にかまけていたが、気がつけば来週からもう夏休みではないか!!
ってちょっと考えりゃわかることだが(^^ゞ
子どもが在宅するからマジメに昼食作らんとなぁ、というのもあるが今年はいつもにましてやらねばならぬことが。。。
今年も8月半ばに子ども達はじーちゃんばーちゃんちに泊まりに行くというか、預かってもらう予定である。まだ日程など細かいことは詰めてないが、子ども達もソノ気だし何よりじーちゃんばーちゃんが楽しみにしてるから、変わることはないだろう。しかも今年は空港が(やっと)できたし、万博もあるので予定には事欠かない(じーちゃんちは空港のスグそば)
しかーし、最近ちっとも子どもの服を作ってやってないので、お泊りさせる着替えがあまりにも、無い(^^;)
また、上の娘は5年生、休みが明けてすぐの9月の初めに八ヶ岳の方で自然教室(キャンプとは、ちと違うらしいが)があるので、それに持たせるカバンに始まって薄手の長袖とかウィンドブレーカーとか暑い時期にはけるズボンも用意せねばならぬ。
間に合うかしらん(^^;)

でもそれでも、子ども達の居ない数日間は、私が子どものことを気にせず夜とかも外出できる唯一の機会。そう、上の子そして下の子、と産んで10年、やっと貰えた「おかーさんの夏休み」なんである。
今年は何しよっかなー、去年のように仕事で終わってしまうのだけは避けたい・・・(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/15

パタンナーの、因果応報

また一つ、仮縫いを送った。日曜にフィッティングするとのことなので、本縫いのため戻ってくるのは来週になってからだろう。
それまでにいろいろ考えておかねば。今回、また?シフォンを使っているので(縫い代の)始末をどうするかなど、etcetc.
仮縫いはサイズやシルエットを確認するためなので、縫い代を多めにとってるし始末もしてない。端だって二つ折りして置きじつけである(今回の場合)
が、本縫いの時はシフォンだから縫い代はトーゼン?袋縫いだよなぁ、でも脇ってスリット・・・じゃないけど、まぁそんなような形状になってる。だからどう繋ぐか考えとかなくては。。。

今のこの仕事は、オーダードレスで、ショップを経営してるクライアントさまは経営とデザインだけなので、絵型とサイズ表を貰ったらあとは全て縫製の仕事。

でも既製服でも始末どうするかとか、どう縫うか考えて決めて工場さんに指示するのはパタンナーの仕事なのだ。工場さんの質問もパタンナーに回ってくる。普段工場さんとの窓口というか直接コンタクトを取るのは、生産管理担当だがそれは主に生地・付属の手配のことで、縫いの質問は企画に回されてくる。
縫い代割るのか片返すのか、倒すならどっちに倒すかなど細かいことまで全てパタンナーが指示する。パターンや指示書に図解も入れて。たまに凝ったデザインなんかで、頭の中だけではごっちゃになってくると、パターンを使って縫製のシミュレーションをしたりもして(!)それでも不安な時は部分縫い作って添える(^◇^;)部分縫いなんてまるで学生みたいだが。
縫製が判らないとパタンナーはできない、といわれる所以はここにあったりする。
けど、テキトーな指示して、工場さんもテキトーに縫った結果、どっひゃー(^^;)な服が何10枚とあがってきてしまったらそれも全てパタンナーの責任だから(爆)
まさに因果応報

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/07/11

真空地帯

上の子(娘)は5年生なのだが、最近どんな服を作ろうか少し悩んでしまった(^^;)
これまでは雑誌(セサミ)を見たりデパートでリサーチなどして参考にしてきたが、どーも娘の周囲の服装の傾向とは違うように思えて。セサミは年齢的にもう上限を超えてしまったと思う。ならば、とジュニア誌らしい雑誌を手に取ったら、どうみても中・高校生向けで小学生には無理がある(^^;)
学校でも、デパートで売ってるようなブランドジュニア服を着ている子は少ないし、娘に聞いても殆ど居ないという。み、みんなどこで服を買っているんだぁ~(!)とちょうど保護者会があったので、女の子のママに聞いてやっと判った、そっかそっか(^^;)
今度、あっちに買い物に行った時は早速リサーチしてこよう(!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/10

あの頃の風景~たまには初心に戻って~

刺しゅうのデザインの参考にと、以前集めたフリーのクリップアートを探して新旧のマシンの中をうろうろしていたら昔の掲示板のログが出てきた。発言番号1番の日付は1999.1.10。。。
そう、このHPを開いたときいちばん最初に借りた掲示板の、ログだったのだ。
当時はまだニフティのHPでは自作cgiが使えず、かといってニフが用意した掲示板もイマイチ、ということでつい最近までずっとレンタルだったので、今の自作cgi掲示板は3代目になる。その前の、「闇夜に咲く徒花」のログは、全てではないにしろある程度は保管しているが、開設当時のログは保管していたかどうかさえ記憶になかったのだ(爆)
思いがけない発見に、思わず読み返してしまった。
あの頃から変わらずにずっとおつきあい頂いてる方々、今ではどうしておられるのかちょっと思い出せない方々。
そして自分もあの頃は・・・マジメにきちんと書いてたなぁ、とちょっとハンセイ(^^;)
たまには初心に帰らないと、かな。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/08

どこかで見たような

娘用に新しい刺しゅうを作ろうと、どんな模様がいいか?と尋ねたら「クローバー」という答えが返ってきた。もしかして最近、クローバーって流行ってるのか?(‥?)
世間はともかくとして、彼女はお気に入りらしく、先日のホビーショーでもクローバーのクラフトパンチを買っていた。(しかし、さっきカール社のカタログページ見たら娘の買ったのはシャムロック=シロツメ草=の方だったようだ。クローバーは別にあった(!)
よし判ったとデータを作り始め、せっかくだから幸運を願って、と四つ葉にしたのはいいが四つ葉って四つ葉って。。。結構バランス難しい(^^;)
とりあえずできたはいいが、なんかイマイチすっきりしないし、なんかどこかで見たような。
どこでだっけか。
判った。新幹線だわさ(__;)
新幹線の(いや新幹線でなくてもいいけど)のグリーン車のマークに似てるんだ!
。。。。作り直そうっと(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/07

カマの掃除

0707
前々から頼まれてたゼッケンをいい加減に刺しゅうせねば、ということでパッソを出してきて刺しゅうを始めたが、どうも糸調子がヘン。(上糸の)ダイヤル変えても(下糸の)ネジ回してもおかしい、手で引っ張ってみた感触に変化無し。ははーん、これはと気づいて中釜を分解(^^;)
そういえば最近バラして掃除してなかった。案の定、いつものところにホコリが溜まってる。
どうしてだか今もって判らないのだけども(!)ウチのパッソは中釜の、下糸が繰り出されるところにいつも、ホコリというかゴミが溜まる。
私はもうずっと置き縫い派で、初めの頃は布を仮止めするのにスプレーボンド(キルトボンド等)を使っていた。だからそのスプレーの粘着物が溜まってるのかと思った。その後、ベルニナの方がこのスプレーは針に粘着物が付かなくていいですよ、と絶賛したバイリーンのスプレーボンド505に替えてみたが、ホコリ(ゴミ)が溜まるのは変わらず。
なのでもうスプレーは辞めて刺しゅう範囲外のところどころに両面テープを張って布を固定させてやってきたが、やっぱり溜まる(爆)
もう考え付く原因が無くなってしまったので(!)マメに掃除をするしかない、と悟った(^◇^;)

全部バラしてきれいにして刺し始めたらいやー快適快適。
上糸と下糸のバランスがよくなって、糸調子の取りにくい黒糸もバッチリさ(笑)
しかし、その後下糸をボビンに巻いたらなんかモーターの音が息切れしてるみたい(!)
そろそろガタが来たのだろうか。
確かにこの夏で、使い始めて丸9年経つのだが。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/07/06

仕事の合間にちょっとずつ

0706
娘のパンツ作った、それも仕事の合間に少しずつ。今やってるのはフォーマル(ウェディング)なので、サテンだのシフォンだのチュールだのばかり触ってたら、無性にニットが縫いたくなって。。。
必要に迫られたってのもあるけど。
生地はRickRackのセール、それも今回ではなく前回(爆)のセールで買ったもので、本人も気に入って選んだ。ほんとーはそのまた前に買った、リバティワッフル(だったと思う^^;)が肌触りも良くてよかったんだけど、もう無いみたいなんでね。
今回のセールも行ったけど、今度はパンツに使えそうなのは買えなかった、残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

データの引継ぎ?

0704
裁断だけして、結局年を越してしまった娘のスカートを作るべく重い腰を上げた。
デニムの表裏を使ったアシメトリーな切り替え自体もポイントになってるけど、それだけじゃ寂しい気もするのでもちろん?刺しゅうも入れる、と(^^;)まだどんな刺しゅうにしようか決まってないけど(爆)とりあえずまた娘のロゴなぞ作ろうとレイアウトセンターを起動した。(相変わらず長い前振りだこと^^;)
チェーンステッチでやろうと思ったので、モチーフ縫いを選択したがあれ?前に作っといたはずのモチーフデータが見当たらん。
そうかVer4は古い方のマシンでやってたからデータもあっちだ。。。
実際のところは、Ver6の入ってるマシンと古いマシンは並べておいてあって、LANだっけか?で繋がってるので、古い方も立ち上げて、ずるずると持ってくれば良いだけなんだが(!)

ところでVer6になったら付いてくるモチーフデータが増えていた。
しかも、Ver4の時に自分で作ったデータにむちゃくちゃ似てるのが入ってる。。。(^^;)
当たり前だけどブラザーが作った方がキレイやわ(!)
上の写真は自作のモチーフと刺しゅうプロVer6に入ってたデータを並べてみたもの。ある意味一目瞭然だけど、左側の色薄めの方がσ(^^;)の作ったショボいモチーフ、右側の色濃い目できれいなマルになってる方が,刺しゅうプロ附属のデータですワ。まいいや、早速使わせて貰おっと(!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

バキュームアイロン台

0705A
0705b

やっと~(^^;)バキューム式アイロン台を買った。
前々から欲しいと思っていたが、なかなか手が出せずにいた。けどアイロンをヴィルトゥーズに替えて、そのスチーム量を見てやっぱアイロン台がバキュームじゃないとなァ。。。と強く思うようになったのだ。そして6月末に新宿オカダヤで滅多にない(!)セールがあるというので、買うなら今かも、ということで。もっとも?セール案内ハガキには全品20%オフ、とあったのに店に行ってみたらアイロン・ボディ関係は10%オフだったので、え!(^^;)と一瞬思ったが欲しいときが買いどきっつーことで(笑)割引に加えてポイントカードが1万2千くらい溜まってたのも背中を押したかな?

で、一時は価格の安さとラバン型兼用ということからベビーロックの「仕上げ名人」を考えていたのだが、初志貫徹ということでやはりアダムのベビープレッサーにした。何が違うかというと、仕上げ名人の方は本体にしかスイッチが無い(たぶん・・・写真で見る限り^^;)
これって意外に使いにくいかも、と思ったのだ。
10数年前、会社でナオモトの業務用を使っていたときのバキュームスイッチはペダル式で、もちろんそれが理想なのだが、卓上用の小型タイプでそれは無理ってもの。しかしいくら小型でも本体にしかスイッチがないとしたら、右手で重いアイロン持ってるから左手でスイッチを入れたり切ったりすることになるわけで、スイッチの場所によっては姿勢がツラそうな気がしたのだ(^^;)
このベビープレッサーのスイッチには長くは無いがコードが付いてるので、スイッチを左の手元に置いといて操作ができるのでやはりこちらにして正解だったと思う。実売価格でもこっちの方がちょっと高いけど(!)

JIAMFISMAに行き始めた頃だから、たぶん7、8年前だと思うのだが、会場で貰った案内パンフの広告ページにベビープレッサーを見つけた時は、これなら一般家庭でも使えるかも、と思った。しかしそのページにはアダム商会とあるだけで値段も、どこで買えるかも全然判らなかった。検索かけても出てこないし。エイジさんに聞いても(当時は)知らないみたいだったし。その後、蒲田のユザワヤそして新宿オカダヤでも扱いがあるらしいと偶然知って値段の書き込まれたチラシも貰ってきたが、当時住んでいたアパートでは裁断台を置くのがやっと。。。
今のマンションに引っ越して、結構無理やりだけどスペースを作れて(下の段の写真^^;)お仕事もコンスタントに頂けるようになって、ようやく・・・という感じ(^^;)
いやぁ長い道のりざんした(爆)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »