« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

時給換算

自分の作ったものを売るとき、値段を幾らつけるか。
洋裁を含めた、モノ作りをする人がネットであれ、実店舗であれ販売をしようとするとき、必ず直面する問題ではないだろうか。原材料費はすぐに算出できるからそこまではすんなり出るが、そこに工賃としていくら上乗せするか。
ここでやはり分かれるところなのでは。
計算し易くおそらく多くの人がいちばん考えつきやすいのは自分で自分の時給を設定して、かかった時間分を工賃とする方法だと思う。
だが。本当にこれって正しい算出法なのだろうか、と思うことが多々ある。
なぜなら熟練した技術を持つ人はえてして、作業も早いからである。もちろん、早いといっても限度はあって、熟練度がどんなに増しても最低限必要な時間、というものはあるけども、少なくとも始めたばかりの人と、同じモノを作ったら熟練者の方が早く、しかも出来の良いものを作れるのではないだろうか。そうしてできたものに値をつけるのに、工賃分を純粋にかかった時間分だけ上乗せするとしたら熟練者の作ったものの方が廉価になってしまう。それって何かヘンな気がするのは私だけ?
布関係でいえば、布選びや色等のセンスが同じならば縫い目が歪んでたり、一度洗濯したらダメになってしまいそう(!)なものより、しっかりした作りの方を選びたくなるのは人情だし、消費者としては当然では?と思うのだ。

なぜこんなことを書いてるかというと私自身が恐ろしく手が遅い(作業が遅い)からだが(!)
本人は必死でやっているつもりなのに、時計の針は誰かが進めたんじゃないかと思うくらいガンガン進む(爆)

なので私は、時間ではなく技術を買ってもらってる、買ってもらおうと思うことにしている。言い訳がましいけど(^^;)できた品で出来(技術)を見てもらい、時間はこのくらい下さいといって、さて幾らで買ってもらえますか、幾ら出して貰えますか?という具合。
具体的なことを言えば縫い目一本幾らってことで、縫う個所が多ければその分上乗せ、扱いの大変な生地だと手間が余計にかかるということで上乗せ、なんてこともしての技術料だったりするのだが。ま、そういうこともひっくるめて、私の技術幾らで買ってくれますか、いくらまでなら出してもらえますか?なのだが、実はこのテの交渉が私は一番苦手だったりする。。。(^^;)
フリーでやっていこうとするのなら、苦手だなんて言ってちゃいけないんだけどサ。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/06/29

手袋と足袋

気がつくと写真が全然ありまへんな。。。(^^;)
んーでも、ここのところ縫ったものといえばお仕事のものばかりなんで、載せられないし。。。
ミシンでも載せておくか?(^^;)
あ、↓で書いたミシン刺繍のクロスステッチの刺し方を載せるつー手もあるか?(爆)

で、今日の縫いは手袋。今のクライアントさまの仕事をするようになって初めて、5本指の手袋を縫った(!)のだが、初めて型紙を見たときは、へ~と思ったものだった。
そして確か、自分が結婚式ではめたのもこんな形だったなぁと引っ張り出してきたら、微妙にカッティングが違っていて、またまたへ~へ~という感じ(^^;)
いや何事も経験経験、このお仕事を貰ってなかったら手袋を縫うことなんてなかっただろうから、クライアントさまに感謝、である。

そして未経験の小物といえば足袋。こちらは自分から縫ってみたいわーと思ったのだが。
まずは自分の足に合わせたトワルからかな?(^^;)
そんなに着物を着る機会があったわけではないが、履くたびいつも足袋ってこんなにきつくて履きにくいもんだっけか?という記憶が消えないのだ。シワが寄っている足袋はみっともない、だから少し小さめを履くべしというのはすごく理解できるが、ぐいぐいと足を入れていくときも、最後にコハゼを止めるときも、すごくやりにくかった。
けど、去年あたりから自分で作る足袋というのが流行とみえて、コハゼも足袋の型紙も手に入れ易くなった。いちおう、元パタンナーのσ(^^;)としてはコハゼはともかく型紙は自分で、と思っているけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/22

クロスステッチの思い出~22匹のスケーターズペンギン

モコモコかあさんのbbsで、クロスステッチのことに少し触れたので少し思い出話など(笑)
6年前?いや7年前か、刺しゅうプロを購入したばかりの頃、海外サイトを回ってはまめにフリーデータを集めていた時期があった。業務用の刺しゅうデータを売るアメイジングデザインズもそうして見つけたサイトの一つだったのだが、そこでは定期的に発売されるデータディスクのうちの1、2種類のデータをサンプルとして無料DLできるようになっていたので、更新を見計らっては貰いに行っていた。そんなデータの中にはクロスステッチのデータもあった。
そしてそのこととは別に、刺しゅうミシンでもクロスステッチができたらいいな、とかミシンでやれたら早いななどとまぁいろいろあって(笑)クロスステッチデータ作りに挑戦もしていた。当時のVer1.0には今のように、面縫い設定にクロスステッチなんてあるはずもなく、レイアウトセンターでグリッドを固定して一針一針、刺すようにマウスをクリックしていた。
がしかし、手刺しゅうの感覚でデータを作っていたらすぐに壁にぶつかった(苦笑)
知っている人は判ると思うが、クロスステッチというのはある程度の目数分横へ、まず一方方向に刺して行く。そして最後まで行ったら、また同じ目を戻ってきて初めて糸がクロスに渡って刺しゅうの模様が浮き上がる。
これをミシン刺しゅうでやろうとするといろいろと問題点が出てきた。
まず端まで行ったのち、方向転換する時の渡り糸。手刺しゅうだと裏をくぐるからまるで問題はないが、ミシン刺しゅうは2本の糸を絡ませてるだけに、必ず表側にも糸が出る。渡り糸なんだから後で切ってしまえばよい、という向きもあるだろうが、クロスステッチのひと目というのは2ミリあるかないか。そんなものを幾つも切ってはいられない。
そしてもう一つ、糸の流れる方向の問題。手刺繍だと、例えば右上から左下へ向けて刺すのを繰り返すことはさほど難しいことではない。が、ミシン刺繍の、ジグザグを組み合わせることになるやり方では残念ながら、流れる方向を揃えることはできない。

どうすれば。。。と思っていた時にアメイジングデザインズのデータに出会ったのだった。
可愛い模様だったので早速刺してみたら、クロスの方向は揃ってるし、列の最初や最後に出る渡り糸もない。な、何が違うんだ~(^^;)と私はミシンの動きを目を凝らして見つめた。しまいには、スタートストップボタンを連打して(!)針の動きを一針一針見つめ続けた(今だったらステッチシミュレータがあるけどサー)
そして私はミシン刺しゅうならではの刺し方を発見し、いたく感動したのだった。
そうかこの刺し方なら糸の流れる方向も揃うし、余計な渡り糸も出ない。
そうして私は手刺繍用のチャートを刺繍データにしようという、無謀な試みを始めたのだった。んがしかしこの、アメイジングデザインズの刺し方を手動でデータにしようとするのは、根気も根性もない私には無理だった(爆)画面を見つめて一針一針クリックしているとどうしても眠くなってしまう(!)
ジグザグステッチを組み合わせる方法と違って、一マスずつ刺し埋めていくのだがこれがまた。。。(^^;)手刺繍の糸でも2本どりでするように、ミシン刺繍でも糸2本でないとマス目を埋めきれずスカスカになる。イコール2回同じところを刺すわけだが、一目一目埋めていくうちに意識がぼんやりし始め眠気が(爆)はっと気づくと2回渡すのを忘れていたりして、仕方なく戻ってやり直し。。。(^^;)の繰り返しであっさり挫折、ははは(^^;)
時は流れ、刺繍プロもVer6になった。今回Ver6を買って、早速(でもないけど^^;)レイアウトセンターで面縫い設定をクロスステッチにしてデータを作ってみたら、なんと簡単なことよ!
針の運びはアメイジングデザインズのデータのそれとは多少違うけども、糸の流れる方向揃ってる&余計な渡り糸無しは同じ。
あの頃挫折した、22匹のスケーターズペンギンをミシン刺繍で、という試みをン年ぶりにもう一度やってみる気になった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/16

ミセスのスタイルブック買った

ミセスのスタイルブック夏号を買った。ミセスのスタイルブックは一昨年くらいから、不規則な季刊発行に変わったので、発売間隔が季節によって変わる。今回はたぶん一番短いインターバルだと思うので、あれもう次号発売でっか?という感じである。
前号からリニューアルされて、イメージが装苑寄りになったのは歓迎なのだが、小物のページが減ったように感じるのは私だけか?(^^;)
「貧乏性」のところでも書いたように小物のバランス感覚がイマイチの私にとっては、製図や実物大型紙がついてるのは、自分であれこれ悩まなくてもほどほどのものができ上がるので有難かったが、そういうページはスタイリッシュじゃなーい!かもしれないので仕方ないか(苦笑)
ま、これまでのバックナンバーにも良い小物はいっぱい載ってるから当分はそれで間に合うでしょう(^◇^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/15

伸縮生地

今日は日曜に持ち帰ったお直し3点のうち一点を上げる。
今のクライアント様のお仕事をするようになって早4ヶ月。
これまで、洋裁歴は20年近いんですよォ、などと偉そうな口を聞いてた自分だがまだまだ知らないことがこんなにあったなんて、というのが正直なところである。
いまのお仕事はニット、それも2wayストレッチというかなり伸びる生地を使うものが殆どで、初めて生地を渡されたときは結構ドキドキであった(!)
ロックは3本と4本、両方持ってはいる。だが構成の関係上、どうしてもロックではなく本縫いミシンの直線縫いで縫わねばならないところも出てくるだろう。
下糸にウーリー糸を使うことで、本縫ミシンの直線縫いでも2wayストレッチに対応できる縫い目になることも、この仕事を始めて知ったことだ。
もちろん、下糸にウーリー糸を使ってさえいれば大丈夫なんてことは決してない。
縫うときは軽く引張り気味にして、縫い目ピッチは細かすぎず粗すぎず・・・(細かすぎると伸びが戻らず、粗すぎると糸が浮く)
押え圧はもちろん「弱め」、ついでに送りも「薄地用」で(圧が強いと伸び過ぎて戻らないし送りが強いと上下がズレる)
何枚も縫ううちにこうした加減が少しずつ判るようになって、効率も上がった気がする。
そして2wayに慣れた(←と自分では思ってる!)私は、これなら娘の水着も縫えるわ~と生地をオークションで入手し裏地用のストレッチや胸当ても今日、買ってきた。
で、プール開きっていつだっけ?え?来週の月曜????
そうか。。。。(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/14

逡巡

ようやく「鶴の恩返し」状態から戻ってきた。なんじゃそら?という感じだが、まぁ要するに洋裁部屋にこもってひたすらミシンに向かう、という状態を脱したということ、である(^^;)
すこーし時間に余裕ができたので、ブックマークしてるブログやサイトなどを久しぶりに?丹念に見て回ったりするのだが。
あ、そこは・・・、それは・・・・と、ついコメントをつけてしまいたくなるときがある。
既にお互いのサイトを行き来しあうようなおつきあいをしてもらってる方のところなら、迷うことなくこうしたらどうかしらん?とコメントを付けられる。
んがしかし、これがずっとROM専門だったところだと、突然出て来てコメントするのってお節介かなーとか図々しくないか?とためらってしまうのだ。ましてや仲の良さげなお友達からすでに一杯コメントついてるときなんかは自分がいやらしく思えてしまって、そのまま通り過ぎてしまう、と。
以前は、こんにちは~はじめまして~となーんも臆することなくコメントしてたっけど。あれは若さゆえだったのか?(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/05

貧乏性

お仕事が終わってないので今はまだ手を付けられないけれど。。。
先日行った馬喰町で前から探してた持ち手も幾つか買ってきたし、ネットで注文してたバッグ用の芯も届いたので、新しいバッグ製作に取り掛かりたいところなのだが。
当たり前のことなのだが、何の変哲もないデザインに見えるバッグでも実はきちんとデザインされて(バランスを考えて)作られている。
持ち手の太さ長さ、バッグ本体のたて・よこ・マチのバランスetcetc。
だからそういう全体のバランスを無視してこんなもんでいっかな?なんててきとーに作ると「なんていうかその。。。悪くはないんだけど、どこかちょっと・・・(^^;)」というバッグができてしまう。
そして実は私はそういうバッグを何度か作ってしまっている(!)
いくつか作って理由は判った(^^;)
○○と△△を持ち歩きたいから横は最低○センチないと・・・あっ、お財布変えたからマチも広げなきゃ・・・やっぱり肩からも掛けられないと不便よね、あたしだと○センチあればいいかな?などなどなど(爆)
できあがったソレは、当然?使い勝手はこの上なく良いがバッグだけを見ると、なんていうかその。。。以下省略(!)になってしまうのだ。
今度こそはそんなことのないバッグを作りたいものである(^◇^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/06/02

直撃。。。!

今日もまた?しこしことミシンを踏む日々(^^;)
最近はもう(シルクピンを使って)がんがん、トワルを組むことはまれになってしまったが、シルクピンは手放せず、縫製するときの待ち針としても使い続けている。
シルクピンは細いから、2枚の布がずれにくいし掬い易いし。
本当ならミシン掛けする時は縫いながら、直前で待ち針を抜いていくのだが勢いづいて縫っているとつい、抜かないまま縫い進んでしまう。シルクピンは細いから大抵の場合ミシンは跨いでいってくれるがそれでも、10回に1回くらいの割合でミシン針がばきッ、と音を立てる。
あぁやってもうた。。。待ち針直撃だ(__;)
シルクピンは細い上に柔らかいから、直撃してしまってもミシン針に影響を与えないというがそんなことはありゃしません(^^;)
待ち針シルクピンを直撃した後、それまで無かったぶつっぶつっという鈍い音。
そーんな音がするのは待ち針を直撃して、針先が潰れてしまったからに他ならない(爆)
生地に穴を開けないうちに速攻で針を取り替えますけどサ。
ミシン針は消耗品、と割り切ってどんどん取り替えてるつもりだけど、それは1着なり2着なりきちんと縫い上げたからこそ惜しげなくできるというもの。
さっき替えたばかりなのに直撃、なんて時はやっぱりね。。。ちょっと未練が残ります(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/01

コンシールファスナー付け

すごい細かいことなんだけど、他の人はどうしているの?と聞いてみたいことって結構あると思うのは私だけだろうか。また自分では、当たり前のようにしていることが他人様から見るとそんなやり方初めて見たわ!なんてこととか。
でタイトルである(^^;)
私はコンシールファスナーをつけるのに、専用押えは使わずいわゆるファスナー押え(片押え)でやっている。以前は専用押えを使ったこともあったのだが、それはプラスティックの少々安っちい(!)押えだったせいか、期待するほどに務歯をきちんと起こして『きわ』を縫ってはくれなかった。なのでこんなんだったら、ファスナー押えの方がなんぼか。。。ということで今に至っている。がしかし、最近ミセスのスタイルブックや島田ミシンさんで専門メーカーの、きちんとしたコンシールファスナー押えを見かけるようになった。
縫製手順の解説写真などを見るとなるほどこれなら、務歯のきわをきっちり縫ってくれそう。
がしかしここで(普段は思い切りズボラなのに)細かいところにこだわる私がむくむくと湧いて出る。

この押えで縫うとき、上端ってどうすんのかな?(‥?)
襟無しワンピの上端とか、最近多い、ファスナーの上にウエストベルトをつけないで見返しで始末してるスカートの開きとか。
こういう場合、ファスナーを閉めた時スライダーが見えてしまわないように上端の左右の務歯を、上がり線よりも少し内側に入れて縫い付ける。

しつけなんてせんと目安は布端からの距離、内側に入れる分は目分量でがーっと縫ってしまう私としては、針落ち位置が見えないと、うまくスライダー隠し分が控えられているかどうか不安なのだが(^^;)

(内側引き込み分も)きっちりしつけで仮止めしてから、ミシン縫いすればいいだけのこと、か。。。。(-_- ;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »