« 糸見本帳 | トップページ | ホビーショー初日 »

2005/05/09

細い針

以前、手作り感のところで書き忘れてて、で、今ごろ思い出したこと。
ミシンの針穴が目立つのって手作り感が漂う、と感じるのは私だけだろうか。

手作り感が漂うから、という理由だけでなく私は極力細い針を使うようにしている。
自家用を縫うとき一番出番が多いのは9号、その次が11号かな。といっても11号は子どものデニムのパンツにステッチかけるときくらいで、初めのうちの地縫い・2枚だけ・なら9号でいってしまうことも多い。
仕事では8号、9号だな。基本8号。縫製も佳境に入って縫い代が重なってきたら仕方なく(!)9号に替える。
実はもうずっと前に島田ミシンさんで11号と14号をまとめ買いしたことがあったが、減るのは11号のみ。14号は殆ど出番がなく、ぜんっぜん減らない(爆)最後に14号使ったのっていつだ?という感じ。

ちなみになぜ細い針を使うといえばそれは、うちのミシンだけ、自分が思ってるだけかもしれないがパッカリングが少ないような気がするから。
端的な例が裏地。コート裏に使うような厚手の綾裏でもない限り、裏地は90番のシャッペを使って糸調子を緩くしても縫い縮むので、ずっとハトロン紙を一緒に縫うことで縮みを抑えてきた。が、紙を一緒に縫えば当然針先の傷みは早いだろうし、後で紙を取り除く手間もばかにならない。しかしこれが、針を7号or8号に替えただけで縫い縮みが殆ど気にならなくなったのだ。さすがにシャッペスパンの60番ではあまりキレイに縫えるとは思えないが、少しずつ移行しつつある工業用のフィラメント糸50番なら、針交換&押え弱・布送り薄地だけで充分イケる(!)
表地と裏地とで糸を分けずに済むのは、いちいち糸を2種類揃えたり付け替えたりしなくてよいから、本当にありがたい。
っと。。。もしかしてフィラメント糸50番でいけるのは工業用の糸だからか?(^◇^;)(工業用の糸はいろいろ考えて開発&生産されているので)
他の糸でも針交換だけでいけるかどうか試してないので、あくまでも個人的な感想ということで(!)しかし島田ミシンさんで針をまとめ買いしたのはそのことに気づく前だったので、11号&14号という選択をしてしまったが今なら迷うことなく8号&9号だろう(^^;)(エイジさんとこに7号はなかったはず)

ただ、標準より細い針で縫うと当然!?デメリットもある。ちょっとの、本当にちょっと段差でもすぐに目飛びするのだ。私は愛用のヌーベルとは長いつきあいなので、縫い進むのをじっと見てれば段差にさしかかった時の押え金の角度とかで大丈夫目飛びしないorあ、これは飛ぶぞ、というのが判る。でもってその場でちょっと手を添えるだけで対処できるので、あまり気にはしてないのだけども。。。

|

« 糸見本帳 | トップページ | ホビーショー初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/4053786

この記事へのトラックバック一覧です: 細い針:

« 糸見本帳 | トップページ | ホビーショー初日 »