« そ、そんな。。。(^^;)PHS撤退 | トップページ | 雪の東京へお買い物 »

2005/03/03

お雛さま

0303

今日はひな祭り~でも飾り終えたのは27日だった~(^◇^;)
ご覧の通り!?小さなケース入りの人形なのだが、なんといってもズボラなわたくしめゆえ、ひな祭りに間に合っただけでも。。。(爆)
いまどきこんな雛人形あるの?と思われる向きもあるかと思う。
そう、これは今を去ること37年前σ(^^;)が生まれた時に親が買ってくれた雛人形。
娘が生まれた時、実家のじじばばは新しい人形を、と言ってくれたけども
(なんたって初孫だったし、実家が用意するのは名古屋の風習でもあり・・・)
この人形でいい、とことわったのだった。
3月3日を過ぎても飾ってると女の子が縁遠くなる、という言い伝えは全国どこでも
同じだと思うけど、それに加えてσ(^^;)の実家ではお雛様を飾るのは女の子が
15歳まで、といってホントに私が高校入って以来飾ってなかったのだ(!)

他にもそんな風習のある地域あるんだろか?(‥?)

しかし、ひな祭りらしいことしたのは人形飾ったくらいで桜餅もひなあられも食べなかった。
子ども達は給食でひなあられを食べたそうだが。あ、夕飯のお吸い物をハマグリでした(笑)

桜餅といえば、関東では平べったい皮であんを包んだものを桜餅と呼ぶようだが
名古屋近郊で育ったσ(^^;)には桜餅といえば、断然つぶつぶの、道明寺粉を使った
ソレである。まぁ、道明寺粉を使うのは名古屋だけじゃなくって名古屋より西の地方は
だいたいどこもそうみたいだけど~(^^)
独特の、というと三河地方の伊賀まんじゅうかな?
愛知県というのはむかーしの尾張と三河がくっついてできた県だが、この二つの国は
風習とか言葉だかが微妙に違ったりする。
σ(^^;)が育ったのは尾張の方なので、短大時代和菓子屋でバイトしたとき、初めて
伊賀まんじゅうを見たときは?????だった(^^;)
でも、ひな祭りだからと、草餅・桜餅(道明寺のよ、もちろん)と一緒に買っていく人の多さに、
尾張と三河の違いを改めて感じたのだった。

|

« そ、そんな。。。(^^;)PHS撤退 | トップページ | 雪の東京へお買い物 »

コメント

いや、びっくりしました。同じなんですよ。このお雛様。もちろん細部は違うところあると思うけれど。。。家のは主人の姉たちのものだったのですが、上の姉のところは男の子と言ってももう成人していますが、下の姉は子供がいないので家に来ているのです。何十年も経った古いお雛様ですがなかなか味があります。こちらは旧のお雛様のお祝いをするところもあるのでそれをいいことにまだ出していません。というのはこの他にわたしの7段飾りもあってこれは男手がないと出せないのですが、あいにく今主人がいないので男手というとインコのルルとワンコのルカしかいません。(ちょっと語呂合わせでいいでしょ)だからまだなのです。でもこちらのお雛様は何とか出そうと思えば女だけでも出せそうな気もするのですけれどね。

それからもう一つ私のところの桜餅も道明寺粉のぶつぶつした桜餅です。ここは新潟なのに。それ以外の桜餅があるなんて初めて知りました。

ほんとうに面白いくらいリンクした記事でした。

投稿: モコモコかあさん | 2005/03/05 18:40

 ケースに入ったお雛様は初めて見ました。ケースの収納が大変そうに思えます。
 わが家は男二人なのでお雛様はありませんが、実家にあるお雛様は御殿仕様です。一般的にはお内裏様とお姫様の後ろは金屏風だと思うんですが、あそこが組み立て式の御殿になっているんです。人形のサイズはあまり大きくはないんですけど。
 お雛様を飾るのは15歳まで、というのはありませんでした。高校生ぐらいまでは飾っていたと思います。その後、母が飾るのが面倒になって止めてしまいましたが、夫の実家では多分毎年出していると思います。

桜餅ですが、静岡もあのぶつぶつタイプのものです。関東に来て初めて、あれを「道明寺」と呼び、桜餅はパンケーキタイプの(スポンジではありませんが)ものを指すんだと知りました。

伊賀まんじゅうというのはわかりませんが、昔、スポーツの遠征で愛知教育大学まで行った時、駅の売店で見た大あんまきというのが妙に記憶に残っています。

投稿: チム | 2005/03/05 21:08

◎モコモコかあさん
おぉ、お仲間の雛人形がそちらにもありましたか!(^○^)今はもう、滅多にこのテのお雛様って見かけませんものね。σ(^^;)が子どもの頃は、似たようなケース入り15人飾りの家が何軒かはあったんだけど(^^ゞ
この人形、木目込みなんですが衣装とかよーく見ると虫食いの穴(爆)があったりもするし、髪の毛ももうパサパサになってたりもするのですけどやはり愛着がありまして(^^ゞ
段飾りはそうですね、1人ではちょっと無理ですよね、きっと。まぁ私も、この人形、ケースだけはオットがいる時に出してもらいましたけど・・・ってでもそれは、このケースはクロゼットの奥深~くに仕舞われていて、出すためにはその上に乗ってたダンナの箱とかケースの手前に積まれてるダンナの箱とかダンナの箱とかどけないと、出せないからだけなんですが(笑)
ちょうどダンナがクロゼットを開けてて、(人形の)ケース出す?と聞いてきたので・・・(^◇^;)
そして桜餅!新潟でもつぶつぶタイプでしたか(^○^)
他の地域の方にも聞いてみないと判らないけど、もっしかして平べったい皮の桜餅の方が少数派???(^^;)
◎チムさん
これね、写真だと大きく見えるかもしれないですけど結構!?小さいんですよ(^^ゞなにしろ、昔のテレビ(両サイドにスピーカとかついてて木枠・足付きの)の上に乗るのですから。昔住んでた家はちょっと小さくて、テレビの上しか飾る場所が無くてそれを条件に探したと親も言ってました(!)ちゃんと測ってないけどだいたい、幅が7、80センチ高さ5,60センチ、奥行きが20センチくらいってとこです(^◇^)ノ
小さくても15人揃った人形があったので、そんなに不満はなかったけれど、それでも友人宅で段飾り見ると吸い寄せられてましたね~ましてや御殿仕様だなんて(^○^)もしかして3人官女のところには階段がついてませんか?(^◇^)ノ 7段飾りが標準だけど、中には8段あって17人いるお雛様のお宅もあったな~今もあるのかしら(^^;)
住宅事情は今も昔もさほど変わらないけど、今はスペースがないのなら人形の大きさはそのままで、親王飾りのみ、もしくはプラス3人官女、というタイプが多いみたいですね(^^)
そうそう、段飾りだと高杯が大きくて、ひなあられとかのお菓子や本物の菱餅が飾れたでしょう?あれだけは素直に羨ましかったですね(^^ゞ

桜餅、静岡もつぶつぶですか!\(^o^)/
私が東京はどうも違うらしいと気づいたのは小学校の終わりか中学の頃ですね。母親が持っていた「和菓子入門」なる本を見てたら、桜餅、として載ってたのはまさに東京のスポンジタイプ。同じページに道明寺粉を使うタイプも載ってたけど、桜餅、ではなくナントカ椿とかって名前になってて、くるんでる葉っぱも桜の葉の塩漬けじゃなくて、椿の葉っぱでした。子どもの私はどーして???こっちのナントカ椿が桜餅じゃないの、と?????だらけになってました(^^ゞ
その本の著者は東京でお教室なさってる先生だったから、当然といえば当然だったわけですが(^^;)
伊賀まんじゅうというのはですね、大きさとか厚さは大福くらいなんですけど、皮が違って。。。あれはなんだろう・・・えーと月見団子ありますね、あれを大福くらいの大きさにしてあんを入れた感じです。それに、食紅で赤とか緑とかの色をつけた米がトッピングされてます。検索かけたらいくつか出てきました。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/auvelcraft/macky/
http://www.sun-inet.or.jp/~massa/gallery/content1.htm
こんな感じでーす(^^;)

食紅で思い出しました、ひな祭りに実家では母がたまに「あこや(餅)」を作ってくれました。米の粉をお湯で練ったものを、鯛とか梅とかの木型に詰めて作るおもち。少し冷めて固まったら木型から抜いて食紅でちょいちょいと色をつけて、柔らかいうちはそのまま砂糖をつけて(味が無いので)、すっかり固くなってからはストーブで焼いて柔らかくして食べてました。これもうちの方だけの風習?(^^;)
大あんまきも懐かしいですねーそうか、あれも愛知限定のお菓子なのかも(^^;)
子どもの頃は母が買ってきたり、おみやげに頂いたりと当たり前のように食べてたけど、そういや東京では見かけませんね~(^^ゞ

投稿: ユリウス | 2005/03/05 22:59

ないものねだりといいますか、わたしはよそのお宅のお雛様がわが家のものと比べて大きいのがうらやましかったです……(^^ゞ。あ、でも確かに菱餅とかひなあられは飾っていました。

しかし、木枠のテレビとはなつかしいですね(^o^)。そして、そのテレビだったらお雛様を飾っても違和感ないですし、そのサイズのケースでも置けましたね。

伊賀まんじゅうはやっぱり見たことないです。カラフルですね。あこやも、少なくとも静岡と蓮田にはないです。木型があるというのが、伝統的な感じがしますね。
大あんまきはですね、いつも部活の遠征で降りる駅の売店で見かけて、食べたいと思いつつ、遠征費用を捻出するのに精一杯でお土産まで回らず、ついに一度も買うことができなかったのでした。もはやあちらの方には行くことはありませんが、一度ぐらいは買っておけばよかった……。

投稿: チム | 2005/03/07 22:12

木枠のテレビがわかってもらえてなんか嬉しいです。。。(^^;)ってどこに反応してるんだか、わたし。
今、お仕事下さってる方が若い方で、といっても10歳までは違わないのだけど、でもやっぱりときどきなにげなく言葉にしてから、あっこんな昔のことは知らないかも~と思うことしばしば(笑)

伊賀まんじゅう、↑で紹介したページで私も初めて知ったのですが、かなり局地的というかマイナーなようですね。検索かけて出てきた中にも、(違う土地で)三河出身の自分としては当然のように買いに行ったら、誰も知らなかったなんてエピソードも見かけました。
藤田やのおおあんまき。ドライブインで実演が見られるのもウリでしたけど。。。ふっと素朴な疑問、大あんまきって藤田や以外でも作ってるのかなぁ?(‥?)

投稿: ユリウス | 2005/03/10 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45180/3177159

この記事へのトラックバック一覧です: お雛さま:

« そ、そんな。。。(^^;)PHS撤退 | トップページ | 雪の東京へお買い物 »