« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004/10/30

会社名の由来

今日の新聞に、ジャノメミシンの会社名の由来が載っていた。
下糸を巻くボビンが、二重丸に見えて「蛇の目」に似ているところからつけたとのこと。
もちろん?ボビンは蛇の目に似てるからジャノメでいんじゃなーい(!?)などとと軽くつけたわけでなく(^^;)、製品開発に関する紆余曲折があってのことらしい。
しかしボビンが蛇の目に見えて・・・とは、思ってもみなかったな(^^;)

ブラザーミシンは安井兄弟が始めたから、JUKIは東京重機工業を縮めて(?)と知ってたけど、ジャノメだけは知らなかった。思わず、へぇ~ボタンを押しそうになってしまった朝だった(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/29

たまにはこんな夜があっても

明日は、子どもの学校行事があって朝も早いというのにダンナと二人、TVの映画を見ながらだらだら飲んだり食べたりしてしまった。ゆえに縫い物はナシ。
そして酒を呑んでたのはダンナだけで、σ(^^;)ははちみつレモンソーダだったが。
が、オードリーヘプバーンやっぱきれいだね~といいつつ、ポテトチップスをつまみ、ナッツをかじり、そうだアレもあったわなどと、とピザなんて出してきてしまったとなっては。。。(^^;)
マ、たまにはこんな夜もいいわな、ということで。いつもいつもこれではナンだけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/28

娘のパンツ(ズボン)、縫ったけど

今週家族それぞれ一枚ずつ縫ったから、最後は自分のもので締めたい・・・と思ったが、結局4枚目は娘のパンツとなった。
なぜかといえば、春先に裁断したままになってたのがカゴの底から出てきたのと、娘のボトムが少なかったから。
でも縫いながらちょといやな予感はしてた。
これって。。。あの娘には細すぎないか?
いや、脚部分の細さよりお尻のあたりが不安というべきか(^◇^;)
縫いあがってはかせたら案の定。。。(爆)
まったくはけないということはなく、正座するとちょときつい、で済んでやれやれかな。
ぴったりだから見た目はすごくいいけど、子どもにはやはり着心地を優先してやるべきだろう、はけないことはないから、ホントにはけなくなるまではかせてしまうが(!)
よーく思い出してみると、これを裁断した時から身長だけでも3、4センチは伸びてるし、4年生という年齢もあって体つきもどんどん丸みを帯びてきてる。
今回のパターン、成長分を出すのはもちろんだが、丸みを考慮した展開もした方がよさそうだ。
例えば後ろパンツ、今はホントにただ切り替えてるだけ、だがサイドダーツを入れて丸みを出すとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/25

娘のトレーナー

1025

ダンナ、息子ときたら次は。。。ということで娘のトレーナー。
裏毛なんだけどちょい薄手、ミニ裏毛というとこでしょうかね。この季節ならこのくらいでいいかと。
しかしこの生地もずいぶん長いこと寝てたなぁ(^◇^;)
あと、作ってから気づいた。身頃を無地にするとかの配色にした方が今っぽかったかも。

今度は自分の番やー!といきたいとこだけど、明日は朝からストレッチ→ミーティング兼ランチ→委員会、と日中全然家に居られんから無理やろな(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/24

息子の裏毛ラグランシャツ(トレーナー?)

1024

陽が射せば暖かいものの、曇ってしまうと途端に寒いのはやはり10月、晩秋だわねぇと余裕をかましてる場合ではなかった(^^;)
去年のものはどれもどこかが擦り切れかけてたり丈が短かったりと、着られるものは殆ど無く・・・ということで一気に縫い上げました。
午前中練習があって疲れてて、裁断始めたのは夕方に近かったけど寝る前には完成。
やればできる。。。。か?(^^;)しかし最後の裾のカバーステッチで目飛び発生。
ここんところ、とある方法でもって目飛びナシが続いてたのに。
カバーステッチ用針、いい加減新しくしないとダメかも(^^;)(←どれだけ使ってるんだ?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/10/23

ダンガリーのシャツ

1023

ダンナのダンガリーのシャツ完成。
芸も何もない、いたってふつーのシャツ(^^;)
在庫生地消化&秋冬ワードローブ充実の一環ということで(爆)
しかし縫いなれた形なのにぼんやりしていたのか、縫い違え解いて縫い直すこと2回。
どこかに邪心があったのだろうか?(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/21

あー情けない

今日は試合だったので朝8時から夕方5時まで出ずっぱりだった。
小学校に放課後児童支援事業(ま、学童みたいなもん)があって助かった。
そして試合の結果はというと、チームはともかく自分としてはもぅ辞めちゃおうかと逃げ出したくなるほど、ひどいものだった。
昨年は初めての出場、試合自体は高校以来実に10数年ぶりだったから思いきり緊張して足ががくがくした。
でも自分のレベルが判ったので同じ「負け」ても、次に向けてもっと練習しようと思えたが今年は2度目でそんなに緊張しなかったし、それなりに練習してきたつもりだったので、余計落ち込んだ(^^;)
まぁ、応援してくれたチームメイトによると「まだ緊張しまくってるよ」。
こういうのは場数をこなすしか、無いんだろうな。
コーチに言わせると「メンタル面が弱すぎッ!」ということだが(^^;)
自信を持って「勝ったるで~!」と試合に臨めるのは果たしていつのことだろうか(苦笑)
何もしないでいると落ち込むので(^◇^;)疲れて眠かったけど夜半過ぎまでミシンに向かった。
一心不乱にミシン踏んで縫い物してると、なぜか落ち着くのだ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/19

こんなねまきは私だけ?

火曜の午前中は、園ママ友達でやってるストレッチがあるのだがそれは10時からなので、行く前に少しだけ机の前に座ってダンナのシャツの修正。
ダンナのシャツの脇と袖下は折り伏せ縫いにしているのだが、これまでは1.5センチの縫代で地縫いして7ミリのステッチ、でやっていた。
けど、前回ピンクの半袖シャツを作った時に7ミリのステッチがどうにも太く見えてしょうがなかったので、もっと細くすることにしたのだ。加えて、やはり太く見える前立ての幅も3ミリ削ることに。
そのくらいのパターン修正なので、すぐに済んだ。

ストレッチから帰宅して買いもの(雨の日の買い物は徒歩になるので時間かかったけど)済ませてまた裁断台に向かってダンガリーを裁断。
しかしメンズってホント、パーツが多いワ。。。(^^;)  細かいパターンもあるしさ。
剣ボロのパーツなんてゴミと間違えて捨ててしまいそう(爆)
それでもとりあえずシャツの裁断を済ませ、それはちょっと置いといてジャノメ君をずずっと引っ張ってきて、昨日裁断したむらさきの天竺を縫い上げる。

ちなみにσ(^^;)のこの「ねまき」はTシャツの裾をずずーっと長くして丈が膝まであるロングTシャツタイプ。
実は私はシャツ&ズボンのいわゆるパジャマがあまり好きではない。
絶対ダメってことは無くて、親が買ってくれたとか頂きものだと着るけど、自分で買ったり作ったことはついぞないのだ。まぁもともとパンツはあまりはかないスカート派だしな、って関係ないか(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/18

在庫生地消化、とりあえず裁断

午前中は、久しぶりの委員会。委員会というか、来週の行事取材の打ち合わせ。
でも2つの打ち合わせをしたので、帰宅はお昼をとっくに過ぎていた。
休みを取ってたダンナはもう出かけて居なかった(^^;)
そして午後からは洋裁。
ずぼら~なσ(^^;)は10月も半ばでも室内は暖かいことをいいことに、まだ半袖のねまき(!)で寝ていた。
がさすがに、明け方は寒いので冬物を作ることに(^◇^;)
ねまきだから、家族以外見ないからいいよねー(爆)と在庫生地から紫の天竺を引っ張り出して裁断。
実はこの生地、貰いものでグリーンと紫の2色があったのだが、グリーンの方は息子のシャツに使って(↓で紹介しておりまする)残りはほとんど無い。
が、紫(パープル、というよりむらさきッ!と言った方がしっくりくる濃さなのだ)は色が色なだけに、ずっと仕舞いこんだままだった。さぁこれで紫も捌けた。。。
そしてむらさき天竺を出したついでに出てきたダンガリー。
うーん、たぶん3年くらい前に娘のシャツOPを作った残りだな、こりゃ。
残量を見てダンナのシャツのパターンを置いてみたらちょうど取れそうなので、ダンナのシャツに決定。
しかし時間切れで裁断はまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/16

TVの中の仕事場

某pippiさんちでも既に話題になってたけど。。。
こないだの水曜から始まったドラマは、主人公の前妻が元パタンナーで今は独立して一人で店をやっているという設定。
こういう人物設定のいるドラマって最近ではあまり見かけない気がして、ストーリーよりもそっちに興味が湧いて見てしまった(^◇^;)
ある意味理想なのかなー、自分の店を構えるって。
でもドラマの中では、その店はまだあまり売れてないという設定でもあった。
うーんちゃんとリアリティが出てるかも(笑)
実はウチの近所の商店街にも似たような店がある。
置いてあるチラシでは手持ちの服をリフォームします、とあるし店名も日本語のほのぼの系だし、オーナーさんとおぼしき方も、ドラマで宮沢りえが演じるオーナーよりはずっと年配のようだから、全体の雰囲気は違うんだけど。

σ(^^;)はまだあんなに設備はなくて(バキュームアイロン持ってない^^;)、スペースもそんなに広くないけど、部屋は専用で使ってるしそこそこの裁断台は持ってる。
だから本気でやろうと思えばやれないことはないはず、だよな
全ては自分次第、か。。。(^^;)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/15

また休み(^◇^;)

今日は洋裁はちとお休み。
って先週も金曜は休み、って書いてるなあ(爆)
週末だからというわけではないと自分では思ってるけど。。。(ホントか?^^;)
昼間は郵便局やら銀行やら回って、図書館で着物の本借りてきて眺めて終わってしまった(^^;)
息子の長袖量産もまだ終わってないし、今朝、校外学習へ出かける娘の帽子見ては、あー新しいの作ってやんなきゃと思いつつも。。。
明日からまたガンバろっと(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/14

開きを極めたい、なんて(^^;)

1014c
息子の長袖量産中(^^;)
これはわりかし厚手の天竺。天竺だけどしっかりしてるせいか、あまり伸びない。
息子は頭が大きくて、頭が通るようにと刳っていくと巨大な襟ぐりになってしまうので(!)前中心に開きをつけた。
もっと幼い頃に作った時は肩開きにしてたけど、さすがにもう小学生ということで。
初めは見返し&持ち出しを共布でするつもりだったけど、芯を張ったらかなーり厚くなってしまった。
ならば別布だ、とハギレ入れをあさっていたら出てきたのがこれ。
いつだったか忘れたくらい前に(!)コットンパーティ(当時)で生地買ったらおまけにくれたハギレセットのうちの一枚だと思う(^◇^;)こんなのがあったことさえ忘れてた(爆)
しかし、この開き、実はあまり満足してない(^^;)
開き止まりのあたりがねー・・・。
どうやったらキレイにいくかちょっといろいろ試してみなくちゃだわ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/13

シャーリングとフリル

ミセスのスタイルブック秋冬号を買った。
去年?から季刊になったんだけど、春~夏は2ヶ月ごとの発売だったのに夏~秋・冬は4ヶ月くらいは空いたと思うのでなんか久しぶり。ま、それはおいといて。
うーむ(^^;)
ちょっと前に、地元の丸井を見て回ったときも思ったけど、今年はホント、シャーリング(ギャザー)&フリルだわ・・・
あとフリンジ。フリンジは2年くらい前からだったと思うけど。

丸井で見たのはターゲットが20代(たぶん^^;)のフロアだったから、そのへんの流行は若い子たちだけかと思ったらそうでもないようで。
カットソーの襟ぐり、カーデの前立てにもギャザー、ギャザー。そしてフリル。
正直、どちらもあんまり好きなディテールじゃないんだよな~(!)
スカートの脇とか裾とかにシャーリングが入っておもしろい形になってるようなンだったら好きだけど、トップスのギャザーは。。。(^^;)

わたしゃまたしばらく、我が道を行くことになりそう(^^;)
まぁもっとも最近は、流行はあるにはあるけどけっこうバラついてて、バランスさえ合ってれば他人と違う格好してても浮きまくりってことはなくなったので、いいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/12

ふりむけばパジャマ。

娘のTシャツは午前中に完成させたけど、息子の長袖が極端に少ないことに気づき、こっちが先だなーと思ったらダンナのパジャマがくたびれてる(擦り切れかかってる)のを発見してしまった。
替えがないわけじゃないが、「思い」があるうちに縫わなくては次にいつその「思い」が来るのか全くわからないので、息子の長袖もぶっ飛ばしてダンナのパジャマに着手。

。。。こうして自分の服は潮が引くように徐々に遠ざかっていくのであった(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/11

あぁ修正(^^;)

子どもだけでなく自分が今着る、ちょい薄手の長袖もないので一枚縫った。
気に入って引いた型で、ちょくちょく作ったから今回でたぶん縫うのは4枚目くらいだろう。
がしかし着てみたらば。なんだこの脇のシワはっっっ(^^;)
前回作ったとき(春)はこんなシワなかったのに。
しかもこの入り方って・・・前の身幅が足りないしるし。
つまりはデブったってことかーっ(__;)
それになんか良く見ると肩も落ちてるように見えるし。
パターンがおかしいのか、縫ってる時に伸ばしちまって広くなったのか。
気になってしょうがないので解いて当ててみたら、伸びてはおらずほぼパターンどおりだった(爆)
しつこいようだがとても気に入ってる型なので、ここはすっぱりパターンを作り直すことにした。

のだが、娘が学校で白いTシャツが必要だという。
とりあえず自分の(パターンの)修正はおあずけだな、こりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/08

勝手に休日

今日は予定では裁断の済んでいる自分の長袖カットソーを縫う予定だったけど、手を付けることなくダラダラ(^◇^;)
朝のラジオで聞いて早速買ってきた「るるぶ・中央区版」を眺めて終わってしまった(!)
今週は、日曜に練習、翌日試合(3試合)というハードな始まりだったせいか、疲れが出たかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/07

息子のTシャツ

1007
季節が変わりかけて慌てて、着るものを縫うのは毎度のこと(爆)
で、息子のボーダーシャツを縫った。
しかしこの生地、何でこんなに買ったんだ?というくらい、ある。
いや買ったのは自分だけどサ(^◇^;)
息子のを縫ってるぐらいじゃ、はけんなー、σ(^^;)の普段着シャツもこれで作ってみようかな?
こういうマルチボーダーのシャツは初めてだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/05

買ってしまった~(^◇^;)(三つ巻ラッパ再び)

前にも三つ巻ラッパのことを書いたが、また一つ新しいのを買ってしまった~(笑)
正確にいうと落札だけど。
娘にエプロンを縫ってるとき、あーもっと太い三つ巻ラッパがあったならと思った勢いでついポチっと(爆)
いや、でも使い道の広い幅なので、これからがんがん使うもんね。
前に買った6ミリ仕上がりと今度の15ミリでカンペキ!のはず。。。(^^;)
届くのが楽しみだー(^◇^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/04

フィンガースイッチ

古い装苑('87年so-en)をめくっていたらジャガーのミシンの広告ページを見つけた。
うっわー懐かしーと思って見ていたら別売りのオプションとして「フィンガースイッチ」なるものを見つけた。
紹介されてたミシンは、いわゆる手元スイッチが基本で、フットコントローラである「フットスイッチ」は別売りオプションなのだが、同じくオプションとしてフィンガースイッチ、なのである。いやぁ昔はこんなのがあったんだ。。。(^^;)
1004.JPG
両手を使えるフットコントローラよりは多少不便だろうけど、本体についてる手元スイッチボタンに比べたら、コードついてる分好きなところで持ってられるし、空いてる指で布も多少は押さえられるだろうから、断然こっちの方が良いよな~。
座卓でミシンかけする人向けだったんかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/02

いつもの泥縄ソーイング(笑)

月曜に娘は社会見学に行くそうだが体験作業があるとかで、エプロン持参だという。
娘は幼稚園時代のエプロン(!)を着て見せてこれでいいよね、という。
確かに大きめに作ってあったし、デザインも生成りの地にアメリカのサイトで貰ってきたキッチングッズの刺繍を入れたものなので、おかしくはないのだがなんか忍びない(^^;)
なので急遽新しいものを作ってやることにした。
一瞬、生地をどうしようか、在庫の無地にまた刺繍でも入れるか?と思ったが、以前に柄が気に入って買ったものの使われることなく眠っている赤地のプリントツィルがあることを思い出した。よしこれでいこう。

娘はもう眠ってしまったので、ボディにハトロン紙を当てながらパターン作成、そしてカタカタとミシン踏んで縫いあがり。あとはホールとボタン付け。
生地にぴったりの赤いボタン(胸で肩ひもを止めるため)の在庫は18ミリしかなく、3.5センチの紐には小さすぎるか?とも思ったが置いて見るとそうでもなく、このボタンでいくことに。
ジグザグミシンを出すのが面倒(!)でヌーベルにホーラーを付けてホールを縫うことにしたのだが。
糸調子を幾ら調節しても表側の縫い目が汚なくて裏側の方がずっときれい。なぜだっ!
もーいいや、と裏からホールステッチ掛けた。いやーきれいだわ、表側(爆)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »